FC2ブログ
皆さまからのポレポレ便り
2021/06/20(Sun)
 皆さまからいただくメールを拝見して、
今年のシーズンは終了したものの、
ポレポレ苺がご家族の生活や人生(大袈裟?)
に関わらせてもらっていたことを知って、
とても嬉しく思う。
いただいたメールをご紹介。

「緊急事態宣言やらなにやらで、
あまり頻度が高くないながらも、
帰省するたびに近所のみらいで
沢山ポレポレさんのいちごを
買って帰っていました。
(次女のいちごブームもあり、
義父母が遊びに来るときも
ポレポレさんのいちごを
買ってきてくれていました)

 月初に帰省した際にFacebookで
冷凍いちごがある旨見かけて、
おいCベリーを購入してきました。
少しずつおやつにしていましたが、
今日は削りいちごにしてみました。
娘たち「ぐー!!!!」と
グッドマークしながら食べております。
(残念ながらお行儀の悪い足が見えてますが…笑)」

【写真】ポレポレ苺の削りイチゴを食べてグッドポーズをするかわいい姉妹

ちなみに、次女のお嬢さんが
保育園で覚えてきた“ぐぅー!”を
家で初めてしたのが、ポレポレ苺だったそうだ。


(ありがとうございます by 農園一同 含むアラン&ポール)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニューノーマル(新しい生活様式)へ
2021/04/29(Thu)
 ワクチン接種のペースが、
他国より遅れているのは残念だが、
それで全てが解決するものでもなさそうだ。
もはや、かつての生活に
完全復帰することを待ち望むよりも、
コロナと共存する(せざるを得ない)
新しい生活や仕事のやり方にジャンプする。
そういう思考が大事かと思う。

 いちご狩りシーズン中に
10回以上のご来園をいただいたこともある
“みーこちゃん”と“かずくん”のご家族。
ずっと応援してくれている。
優しいパパからのメールをご紹介。

「最近、妻と“いちご狩りもいいけど、
君津ドライブもいいね“なんて話してます。
味楽囲でいちごを大人買いして、
クロワッサンでパンを買って、
海沿いの公園にテントを張って、
富士山見ながらランチで
買ったばかりのパンを頂く。
時間が有れば滝を見に行ったり。
先日、滝を見に行ったときは、
まだ桜が咲いていてきれいでした。
あと、温泉にも行ってみたいなぁ~とか。
帰宅後は贅沢に「おうちいちご狩り」が
待っていると。
これも「新常態」でしょうか?
でも、来期はいちご狩りの復活も
期待しております!」

(素敵な新生活がある by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
合言葉
2020/10/19(Mon)
 お客さまから楽しいメールが届いた。

「先日、采華(ことは)が
国語のドリルをしていると
『 ママ!!ポレポレのイチゴ狩り行きたい』
  と急に言い出してたので

『 え?どうして??
 イチゴ狩りの文章だったの?』
と聞きながら
ドリルを覗き込むと

とても面白い文章を読んでいました」

【写真】ことはちゃんの国語のドリル

 こうして、日常の中で、
当園のことをご家族で
話題にしていただけたことが
感動的でとても嬉しいこと。
ちなみに、ことはちゃんは、
いつも手作りのプレゼントを
持参してくれるお嬢さん。
あのアイロンビーズを作ってくれた女の子
と言えば、ご存知の方も多いかも知れない。
ドリルに正解の〇がいっぱい
ついていることにも、ちょっと感動。

(その調子でね、ポレポレと by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新婚生活
2020/01/13(Mon)
 昨年1月のこと。
当園のいちごハウスで
プロポーズをしたマコト君。

覚えておられる方も多いかと。
そして、深紅のバラの花束を
涙で受け取った、よしのちゃん。
あの時はとても感動した。
(正直、アタフタもしたけど)

 その後、横浜で7月に挙式し、
新しい生活を始めたお2人が
遊びに寄ってくれた。
少し幸せ太りしたマコト君と
変わらない美人のよしのちゃん。

― マコト君、ギャップはないの?
意地悪な質問に、笑顔で、

「ひとつありますよ。
運転中に隣で居眠りする
ようになりました。」

(それぐらい許して by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラッキーな出会い
2019/05/12(Sun)
「今日は、妖精の“イチゴちゃん”が
ハウスの中に遊びにきていますので、
みんなで探してみてくださいね。」
いちご狩りの前のご案内の時に
皆さまに話をすると、、

「えーっ、本当?」
「何人いるの?」
「小さいの?」
「どこら辺?ヒントは?」

興味深々の反応の中で
“イチゴちゃんを探せ” はスタートした。

【写真】いちごの葉っぱの上で寝そべっている“イチゴちゃん”

 そして、この日ラッキーにも
出会えたのは、まほちゃん(7歳)。
「大きないちごが食べたくて探していたの。
変な形のいちごかと思ったら、
そしたら“イチゴちゃん”だったの。
かわいい~♪」
いっしょに来ていた従兄妹からも
「おめでとう」と祝福され、
とても嬉しそうだった。
プレゼントを大事そうに持って、
はい、ポーズ。

【写真】プレゼントのイチゴちゃんガーデンピックを持って笑顔のまほちゃんと従兄妹たち

(楽しかったね by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>