FC2ブログ
いちごで真剣勝負
2019/04/28(Sun)
 皆さまがいちご狩りを
楽しんでいる際中に何度かは
ハウスに入ることにしている。
実の状況や、お客様の雰囲気などを
確認しながら、落ちているものを
拾ったりする。
その途中でお客さまと
お話することが、楽しみでもある。

―あれ? どうしました、罰ゲーム?
ハウスの中のベンチに一人座らされた男子、
ハンカチで目隠しをされている。
「いえ、これから“利きいちご”をして、
目隠しのまま品種を当てるんです。」

 男子3人組で来園した方々が、
代わりばんこに競ったそうだ。
結果は、1人は3品種全問正解、
2人は2個までだったそうで、
とても悔しがっていた。
「自信あったのに」と。

 こういう楽しみ方も
いちごへの興味を深める
きっかけになるのかもしれない。

(リベンジしにきてね by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
質問力
2019/04/27(Sat)
「ベランダでいちごを育てていますが、
葉の色がまだらというか、薄くて。
どうしてでしょうか?」

 いちご狩りにご来園の方から
ご質問いただいた。

―難しいですよね。
ひと言では説明しにくいのですが、
栄養は人間と同じでバランスが
大事だと思います。

「肥料をたくさんあげれば、
美味しくなりますか?」

真剣な表情で矢継ぎ早のご質問。

―お気持ちはわかりますが、
美味しくなる肥料は
この世に存在しません。
果実の味覚を作るのは
根と葉の活動に依るものですから、
健康な体を作るということに
尽きると思います。
3大栄養素(チッソ、リン、カリ)に
偏らないバランスを考えてみてください。
困ったら、いつでもお電話を
お待ちしていますよ。

(何事も聞く勇気から by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドリームランドの夢と現実
2019/04/22(Mon)
 初めてご来園のご家族。
お母さんが嬉しそうにおっしゃる。
「いちご狩りは初めてで。
娘がいちごが大好きなので
連れて来ました。」
―たくさん食べましたか?
「それはもう。
娘は明日も明後日も来るって、
言ってますよ。
ずっとここに住みたいって。」

夢の国のように思ってくれたのなら、
大変嬉しい。
是非、また遊びに来てほしいと思う。
でも、正直、住むのはお勧めしないかな。
なぜなら、お仕事は結構、地味で過酷で、
嫁さん曰く「ブラック」なのだそうだから。

(内緒だよ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おかえり~
2019/04/20(Sat)
 開園当初 から親子3代で
毎年来園 いただいていたご家族。
3年前に転勤で北海道に引っ越された。
「そうなの。来れなくなるの。」
みんなでションボリしたものである。

 それが、転勤で戻ってこられた。
「大きくなったねぇ」
当時小1のお嬢さんは4月から中学生になる。
すっかり親戚のおいちゃんの気分である。
変わらない皆さまの優しい笑顔。
これからまた毎年お会いできそうなので、
とても嬉しく思っている。

(転勤はもうないよ、ね? by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北の国から
2019/04/17(Wed)
 北海道の最北端の街から
団体さまが来園してくださった。
義母が当地の出身なので、
とても親しみを感じる方々だ。

「素晴らしかったわ。
もう宅配は終わっているのね、残念。
このハウスを丸ごと持ち帰って、
孫たちに食べさせたいわ、うふふ。」

 とても明るくて優しくて、
でも、合理的で逞しいところもある。
義母の面影を久しぶりに感じられて、
とても懐かしい気持ちになった。

「私もいちごを庭で育てたことあるけど
 キツネにね、食べられちゃうのよ。」

 “ル~ルル~”とか
呼んでいる場合ではないらしい。

(来週の第2陣も楽しみだ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>