FC2ブログ
底力のある男の話
2020/05/20(Wed)
 銀行に勤めていた時の同期入社の
ひとりが、役員になり昇進している。
入社時の最初の試験では、彼がビリで、
1点差で、私がビリから2番目の間柄だ。
私のガッツポーズに彼の悔しそうな顔が
忘れられないが(残念な争い?)、
今や同期トップなのだから、
とても誇らしい。

 社員を背負っていくそういう
責任だけでも大変だろうが、
この厳しい環境下だからこそ、
社会インフラとしての
銀行の役割を世に示す
絶好のチャンスだとも思う。
困窮した企業や個人を救う、
そんな国難に立ち向かう
リーダーシップが見られると
信じている。

(どん底からの躍進へ by 農園主)

この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かっけーマスク
2020/04/23(Thu)
【写真】苺色(赤のバンダナ)の手作りマスク

「私の大切な方々に
勝手に手作りマスクを送っています。
苺色なので、良かったら使ってください。」

 嫁さんの友人から、手紙とともに、
嬉しい贈り物が届いた。
安倍さんよりもひと足早く。
(しかもずっとオシャレで大きい。)
とても有難く、
早速大事に使わせていただく。

 苦しい時に人のことを
気にかけることのできる心と行動力に
尊敬と感謝。
そういう格好いい大人に
自分もなりたいと思う。
こんなオシャレなものは無理でも、
このご恩を他のひとにつなげたい。

(小さなことだって by 農園主)

この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“馬が合う”
2019/12/17(Tue)
【写真】倉敷の地酒の井筒屋さんの純米吟醸酒“馬が合う”

 なんて素敵な言葉だろうか。
様々な友人や知人の顔が浮かぶ。
こういう名の地酒を倉敷のお客様から
いただいた。大変美酒。(感謝)
会社勤めをしていても、
自営であっても、いくつになっても、
仕事、人生は、お互いままならない。
それは当たり前かも知れないが、
でもキツイ時や重圧を感じることもある。
そういう時は、
上を見上げることにしている。
空を見上げて、
お天道様に感謝しながら、
俯瞰してみる。
第三者の眼で自らを見降ろしてみると、
結構「ちっぽけな自分」が見える。
でも、だからこそ一歩を踏み出す
勇気も湧いてくるというもの。
もし、それも無理な時は、
勇気をもって休む、たまには。
そして、また気が向いたら
空を見上げて、音楽を聞こうよ。
あの頃の。

(ブロンディでハートオブグラス by 農園主)


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心が振動する
2019/12/06(Fri)
 中学・高校と同級で、農園を
ずっと応援してくれている女子がいる。
台風の後もいろいろと心配してくれている。
「中学生の息子がね、寄付したいって言うの。」
嫁さんにメールを寄越してくれた。
嬉しすぎる。
でも、彼にとって “今”は
とても大切な時期。
好きな音楽や好きな本に充ててほしい。
だって、自分たちもそのころの趣向のまま、
今日まで生きてきているのだから。

(米津玄師が好きらしい by 農園主)


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パッション(情熱)
2019/09/21(Sat)
 大学の友人から励ましのメールをもらった。
彼は大手精密機器メーカーの
韓国現地法人の責任者として赴任している。
この厳しい環境だから、
きっと苦労も多いことと推察するが、
気にかけてくれている。

「こちらは、日本製品の不買運動で
今後どうなる?と心配する本社スタッフと
取引業者が状況確認でどっと押し寄せました。
確認しに来ても、実際のところは
わけが判らない。
ただ、雰囲気としては日本に関係すると
陰口されるようなところがあり
お世辞にもいいとは言えない。
出来ることは物流費の削減と
システム化による効率化。
Staffのモチベーション維持。
少し居心地は悪いが、
身に危険が及ぶこともないので
何とかなっています。」

 世界中、それぞれの持ち場で、
みんな汗をかいて歯を食いしばって
頑張っている。
パッションこそが、周りに勇気を与え、
協働を生む源だと思う。
彼のプレイスタイルは、昔からそうだった。

(泥臭く by 農園主)


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>