fc2ブログ
為替ディーラーへのお願い
2022/09/22(Thu)
 円安が進んでいる。
146円目前になったところで、
ついに?日銀が“為替介入”に踏み切った。
円買い(ドル売り)介入は24年振りである。
円安は日米の金利差が理由だと
説明されている。
でも、為替には理論値がないので、
あまり細かい理由探しをしても意味がない。
最終的には政治的に誘導される、
そういうものだからである。

 日本はこれ以上の円安は許さないと
意思表示したわけだが、
米国にとっては、ドル高はインフレを
抑えるために必要であり
この流れを止める気は毛頭ない、と思う。
ましてや、
日銀が「ドル売り」介入をするための
ドル資金には限りがあり、
そこを市場に見透かされている。

 それは当事者(日銀)が
一番わかっているのだが、
やらざるを得ない。
それくらい円売り(日本売り)の流れは、
根が深いということかも知れない。

(だから、乗ってあげて by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
倍返しの声
2022/09/08(Thu)
 半沢直樹の2作目をDVDで観た。
(いつも通りの周回遅れ。。。)
一介のサラリーマンが反骨精神を武器に
悪を成敗するのだから、
スカッとするドラマである。
ちなみに、彼は銀行から証券会社への
出向は1度だけだが、自分は2度経験して
いるので、その点では上手だ。
若かったので、飛ばされていた感覚は
なかったが、面倒な社員だったことは
確か?である。
自慢できる活躍はできなかったが、
仕事は楽しくさせてもらった。
それでも、新橋界隈で夜な夜な、
くだを巻いていたと記憶している。
でも、それは会社を転職しても同じこと。
どの組織でも似たり寄ったり。
会社員である以上は、
社長になろうとも(株主がいるので)、
多分、思い通りに
仕事が進められることはない。

 愚痴っている暇があれば、
起業するしかないということになろうが、
イチゴ農家(自営業)であっても、
周囲からの邪魔は多少あるものである。
しかし、お客さま(消費者)という
強い味方を持てば、全てに勝る。
水戸黄門の印籠であり、
それがこの仕事のいいところである。

(これが目に入らぬか by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インフレ・ファイター
2022/08/28(Sun)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビールの温度
2022/08/13(Sat)
 気温が上がると比例して、
消費も上向くのが法則だそうだ。
エアコン、扇風機などの家電、
夏物衣料、アイスクリーム、
ビール、なるほど。
そういう意味では、
早い梅雨明けでの長~い夏は、
景気には好都合と言える。

 しかし、何事にも限界値はあって、
気温35℃以上になると、
購買意欲は一気に減退するという
データがあるそうだ。(日経新聞)
暑すぎて外出控えが起きる。
確かに街中に人影は減る。
警戒アラートで外出するなと
呼びかけているくらいなのだから。
さすがのビールの売れ行きも
36℃を超えると厳しいのだそうだ。

(天井知らずじゃないの? by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日米の住宅事情
2022/08/07(Sun)
 米国の住宅市場が急減速している。
金利の大幅な上昇で、
購入予定者へのローン審査が
通らなくなるケースが
増えているのが原因。
リーマン・ショック時のように
低所得層にサブプライム・ローンを
貸し込んでいるわけではないので、
金融機関が破綻するという
事態にはならないらしいが、それでも、
在庫を抱え込む業界のダメージは大きい。

 国内でも暗雲が立ち込めていると
大工さんたちから聞かれる。
我が国の金利の上昇は限定的で
一時的?なものであるが、
資材価格の上昇にともない
販売価格が上昇していることが、
ブレーキになっているようだ。

 住宅業界で働く人の裾野はとても広い。
大工さんから始まり、基礎工事の人、
瓦屋さん、建具屋さん、サッシ屋さん、
電気屋さん、水道屋さん、お風呂屋さん、
キッチン担当の人、外壁の人、ペンキ屋さん、
ガス屋さん、クロス張り職人。
それぞれの分野のプロたちが、
入れ替わり立ち換わりに
仕事をクロスオーバーさせて
ひとつの家を完成させる。
 
 景気に大きな影響のある業界の先行きは、
イチゴ農家にとっても、
大変気がかりなことなのである。

(農家は商人でもあるので by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>