fc2ブログ
積雪の混乱
2024/02/06(Tue)
 昨晩の君津では積雪はなく、
みぞれ混じりの雨。
ハウスと仕事には何ら影響なく、
今朝は普段通りに仕事ができた。
しかし、千葉以北では積雪があり、
宅配の荷受がストップしていて、
ポレポレ苺の宅急便は、
お休みせざるを得なかった。
定期便をお待ちの方々には、
がっかりさせてしまい残念である。

 8時頃、アピタパワー君津店に
いつも通りに苺の配達に行くと、
いつものトラック群がない。
店内でも品出しをするスタッフの
方々の姿もまばらだ。
到着していた鮮魚配送の
トラック運転手さんは、
「湾岸線だけは
 通行止めじゃなかったから」
と築地から無事に届けられたことに
ホッとしていた。

 世の中の物流は、想像以上に
トラックに負う所が多く、
万が一、それらが止まれば、
我々の生活は一気に支障が出る。
そういう脆弱なつながりで
成り立っていることをあらためて知る。

(苺は5分で直送 by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雨の爪痕
2023/09/09(Sat)
 台風13号の影響は当園はなく、
無事にやり過ごせたが、
千葉県内での被害はとても大きい。
(お見舞い申し上げます)

 4年前に被災した時は、
後片付けに4ヶ月かかった。
きれいになるまでは、
とてもしんどい時間だったが、
それからは再建が始まり、
気持ちは前向きになれたと思う。
そういう意味では、今が、
一番きつい時期になろうが、
きっと道は開ける。

 当日のキンちゃんは、
クラブハウス内の
ケージの中で過ごした。
ハンモックが気に入って、
終日そこでゴロゴロしていたけれど。。。

【写真】クラブハウス内のケージのハンモックにもたれている子ネコのキンちゃん

(手持ち無沙汰って感じ? by 農園主)


この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高設ベッドの補強
2023/08/26(Sat)
 ハウスを “フルオープン”
にする目的は、台風の時に
風に抵抗することなく、
風を通過させることで、
ハウス倒壊のリスクを
軽減することにある。

 一方で、内部にある高設ベッドも
風をまともに受けることになる
ので、大型台風の時のために
倒壊の備えが要る。
千葉県では「そんなことまで?」
と笑われるが、
高知県や徳島県の生産者は、
しっかりと補強をする。

【写真】台風対策の補強パイプを設置した本圃ハウスの高設ベッド

 当園もそれらを参考にして、
3年前の再建の時に
津田さん(安房竹材興業)と
考えた末に考案した
補強パイプを設置。
親身になってくれる仲間が
いることはとても心強い。
もちろん、完璧はないので、
ベストを探してバージョンアップ
していくしかない。

(変人といわれようとも by 農園主)


この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フルオープン
2023/08/25(Fri)
 本圃ハウスの天井に張ってある
ビニール(フィルム)を巻き上げて、
オープンエアな状態にした。
台風対策の一環である。
もう少し早く実施したかったのだが、
天気の急変で突然、雨が降る日が続き、
延期をしてきた。
ようやく安定したので、
津田さん(安房竹材興業)に
無理を言って手伝っていただいた。

【写真】本圃ハウスのフルオープン作業中の様子

 これまでは嫁さんと2人で
3日かかっていた作業が、
わずか半日で終了した。
さすがプロ。
ちなみに津田さんもネコ好き。
キンちゃんの人懐っこさに
驚いていた。

(張り直しも手伝って下さい by 農園主)


この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風7号対策
2023/08/11(Fri)
【写真】台風対策の補強作業中に本圃ハウス屋根上からみる三舟山

 台風7号の進路予報を
当てにはせず、準備を進めている。
日中、ハウスの上に登って補強する。
カンカンに暑くて。。。
それから、自宅の玄関には、
アランとポールが
避難できる場所を準備する。
壁には養生をして、
靴箱を押さえに使った。
結構いい仕上がり。
2頭が泊まるには充分なスペース
だと思う。お腹の大きい2頭でも。

【写真】玄関土間に作ったアランとポールの避難場所

 多分、アランは、最初こそ警戒するが、
すぐに慣れて大人しく座って過ごすはず。
ポールも大人になったので、
アランを見習ってくれるものと思う。
実際に2頭を避難させるかどうかは、
今後の状況を見て決めたい。
取り越し苦労なら、ありがたい。

(訓練や練習も大事だから by 農園主) 

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>