fc2ブログ
農園は無事でした。
2021/10/01(Fri)
 台風16号の被害は
農園周辺にはなく、
無事にやり過ごせた。
(ご心配いただいた皆さま、ありがとう)
アランとポールも
お腹を空かせているが元気。
イチゴは、雨風にさらされた
ハウスの苗がどこまでの状態か、
明日、明るくなってから
じっくりと潮風を洗い流しながら、
ケアーを考えたい。
18時過ぎにヘッドライトで
見た感じでは、何とか耐えてくれた
様子ではある。

 ちなみに、今日の君津の天候は、
午前中は17㎜ほどの強い雨が降ったが、
風速は終日9m程度だった。
気象庁が暴風警戒を言い続けた中で、
「ウェザーニュース」は
数日前から一貫して、
「君津は、風雨ともに強まらない」
と予報していた。
今回は?見事な分析で
これからは信頼したいと思う。

 一方で、千葉県内の銚子では
風速41mが観測されている。
この現実は、“明日は我が街のこと”と
覚悟しておかなければいけない環境かと。
ウィズ・コロナと同様に、
ウィズ・猛烈タイフーンの時代である。

 それでも、明日からはまた日常に戻れる。

(安心したらお腹が減ってきたぞ by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初の台風?
2021/09/30(Thu)
 昨年は、千葉に接近した
台風がなかったので、
被災後、実は初めての台風になる。

 クラブハウスは、
太い柱の合掌造り。
宮大工の石井さんに
建ててもらったので、
台風への心配は微塵もない。
ただ唯一、弱いかも?しれないのは
市販のサッシのドア。
それを数ヶ月前に、
津田さん(安房竹材)に
補強できないかと、相談したところ、
“カンヌキ”(ドアを横通しの
鉄柱で支えるもの)を
設置しようとなった。
平時にはそれを取り外して、
かつ、取付の金具も通る時には
邪魔にならないようにと、
脱着式の金具を探してくれた。

【写真】カンヌキを取り付台風対策を施したクラブハウス正面入口

 当園の要望を、痒~い所まで
理解してくれる相棒がいることは、
ホント、心強い。

 そして、ビニールハウス群の対策は、
フルオープンの状態で風を逃がすものと
密閉して耐える状態のものと
今回は、並立している。
風にさらされることになる苗たちには、
精一杯、生き抜いてほしい。

(台風後のケアは任せて by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハシゴの上から
2021/08/24(Tue)
【写真】本圃ハウスの屋根の上にあがってビニールを剥がす作業をしているところ

 嫁さんとハウスの上に上がっている。
(てっぺんではなく肩位置の辺り)
彼女は1年振りになる。

 本圃ハウスの「フルオープン」仕事を
始めた。
これからの台風シーズンに備えるもので、
天井のビニールを巻き上げてから、
コンパクトに縛っておく。
風の抵抗をなくすという対策である。

 昨年は、初めての経験で、
結構、手間がかかり、苦労した。
2回目は、意外に順調に進む?
多分、高いところが苦手な嫁さんが
ハシゴの登り降りを含めて、
「慣れた」こともあると思う。

(気を付けながら by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いい年の記憶
2020/11/03(Tue)
 台風の上陸がゼロ回だったのは、
12年振りのことだそうだ。
夏には海面水温が異常に高いと騒がれ、
どんな恐ろしいことが起きるのやらと
ヤキモキした。
確かに9月の超大型10号や
10月に接近した台風の時は
ヒヤヒヤしたが、大きな被害はなく、
平穏にやり過ごせた年になった。
しかし、
「上陸がなかったのは偶然が重なった結果」
というのが気象庁の見立て。
多分、そうなのだろう。
大被害が起きた年のことは、
皆覚えているが、
何もない年(本当は最高のシアワセ)
のことは、当たり前として、
すぐに忘れてしまう。

 今後の台風シーズンに、
「準備をしたが何事もなくて、拍子抜け」
そういう年が続くといい。
その準備は決して無駄ではなく、
ハウスの上でビニールを
剥いだり、張ったりして、
徐々に知識が付いていくのだから。

(ただでは終わらない by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
乱歩?酔歩?
2020/10/11(Sun)
 金融用語で、ランダムウォークとは、
次に現れる位置が確率的に無作為(ランダム)
に決定される運動である。
乱歩(らんぽ)とか、酔歩(すいほ)とか
和訳される。
平たく言うと、予測できない動きということ。
台風14号は不思議な動き(ランダムウォーク)
をして、千葉県から遠ざかって行った。

【写真】台風14号が過ぎた後の本圃ハウスの様子

 強風はなく、
苗の葉が痛めつけられることも
なかったので、ホッとしている。
雨は長く降ったが、培土の水はけは、
とてもいいので、そこは大丈夫。
ジャット(株)の高設ベッド設備の
いいところである。(少々値段が高いが)

 さて、苗にはそろそろ施肥をする時期である。
そろそろ晴れて陽の光がほしい。

(アランとポールにもね by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>