FC2ブログ
プロジェクト M (メッセージ編 その3)
2020/01/23(Thu)
 ポレポレ農園再建のための
チャリティ企画に、
たくさんのご賛同をいただき、
本当にありがとうございます。
“ポレマフ”の予約販売の
申し込みに感謝いたします。
そして、皆さまから添えられる
メッセージを日々読ませていただくのが、
大変楽しみであり、力が湧いてきます。
メッセージのご紹介です。

【写真】ポレポレ農園オリジナルのマフラータオル“ポレマフ”

「 昨シーズンお伺いし、
 とても楽しい思い出を作れたので
 今シーズンも楽しみにしておりました。
 いつから営業するのか調べてみたら
 まさかの状況に。
 情報発信を丁寧にされている事を拝見し、
 色々な思いが伝わってきました。
 次シーズンに向けて再建される
 ということで、 大変だと思いますが
 心待ちにしております。
 タオル購入が僅かながら
 手助けになると幸いです。」

「 素敵にできあがりましたね。
 楽しみに待ってます。」

「 大変な事態になってしまい、
 私でさえ心が痛みますが、
 何とか前を向いて立ち上がろう
 とされる姿に頭が下がります。
 何か出来ることがあるとすれば、
 ファンディングの面なのだとは
 思いますが、先ずはささやかながら、
 マフラーで支援させて下さい。
 出来た頃に伺います。」

「 我が家の毎年恒例になっていた
 苺狩りも今シーズンはおあずけ。
 1月なのに苺の話題にならない
 不思議な空気感です。
 まだまだ苦労の連続でしょうけど、
 笑顔でお会いできることを
 楽しみにしております。」

「 御夫婦が丹精込めて育てた
 “ポレポレ苺”を首を長ーくして
 待っています!
 今シーズンは、まだ苺を
 食べてないんですよー
 どこの苺がオススメですかねー?
 やはり師匠の農園さんの苺かなぁー
 オープンの際は、3人でタオル巻いて
 ポレポレ苺をお腹いっぱい食べさせてもらいますね!」

(再建へ向け前進中 by 農園主)


※ ご注文は 当園ホームページの ポレポレ商品のご案内 から。

この記事のURL | プロジェクト M | CM(0) | TB(0) | ▲ top
逃げるか進むか
2020/01/22(Wed)
 同じ金融業界であっても、
銀行と証券会社では文化が大きく違う。
証券会社に転職してカルチャーショックを
受けたのがリスク管理部門の姿勢である。
銀行では、フロントや営業部門が
推進しようとしている商品に対し、
障壁として立ちはだかる。
「これまでにデータを
計測してきていない上に、
リスク管理の計測モデルが
確立していない。」
そういう商品は扱えないと仕事を止める。
同じ会社内なのに。
そもそも確率論から出発する
リスク計測には限界があるのだが、
そこは棚に上げて、データとモデルに
とてもこだわる。

 一方で、証券界の管理部門は、
その本質を理解しているので、
考えうる中で、最も悲観的な
シナリオを描き、その中で、
リスク管理の手法を成立させようとする。
会社全体の方向を俯瞰して、
どうやれば最適に走らせることができるか。
踏み出す思考の最初の一歩を変えるだけで
方向は180度違う仕事になる。

 どの世界にも同じようなことがある。
小さな思考の分かれ道から、
ポジティブに生きるか
ネガティブに生きるか、
人生の大きな分かれ道にもなると思う。

(勇気というスイッチで by 農園主) 

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NBAのスターと農家のおじさん
2020/01/21(Tue)
 バスケットボールの面白さは、
アメリカで初めて知ったことのひとつ。
NBAのテレビ中継に毎週興奮し、
チケットを無理して手に入れた。
その舞台に八村塁選手が
躍動していることは、
メジャーリーグの比ではなく、
衝撃的なことである。
残念ながら怪我で欠場しているが、
それでも、そのコメントが凄い。

「これまで3,4年間ずっと
夏も冬も休みなしでやってきたので、
こういう時に1回、自分で落ち着いて
バスケの勉強ができるなと思う。」

 当園もシーズンを休んでいる。
ようやく再建のスケジュールが立ったので、
これから、色々ないちごを見学したい。
シーズンが再開されれば、
忙しくて他の農園を訪れる時間はないので、
貴重な時間と感じている。

「10試合も欠場すると
大ごとに思えるかもしれないが、
15年のキャリアの中では
取るに足らないことだ。」

 21歳の彼の言葉に励まされる。

 転んで痛がったまま
怪我を眺めていても、先はない。
でも転がったままでも、
視線を上げられれば、
これまでに見えていた景色の中にも
新しい発見があるはずだと思う。

(必ず by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね (天然酵母パンまがりの“山型パン”)
2020/01/20(Mon)
【写真】最近お気に入りの山型パンのトースト

 朝食は必ず食べる。
ご飯も好きだが、最近はパンのことが多い。
目玉焼きとベーコンと野菜炒め、
チェダーチーズとパンにコーヒー。
定番であるが、なぜか決して飽きない。
自分はコーヒーに少々こだわるが、
嫁さんは数ヶ月前に、
お気に入りのパンを見つけ、
「これ、美味しいね。」
毎食のようにそう言って頷いている。
確かに、しっかりとした食味。
毎日食べてもそういう感想が出る。

 近くの直売所「味来囲」で
お手軽に手に入るのが嬉しい。
プレーンだけでなく、
レーズン、黒糖、黒糖くるみ、
雑穀、黒豆、たね。
ワクワクするラインアップである。

【写真】味楽囲の店頭に並んだ山型パン

(お早めに by 農園主)

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真剣勝負の瞬間だからこそ
2020/01/19(Sun)
 大学入試センター試験の真っ最中である。
毎年新聞紙上で公開される試験問題には
目を通す無謀な試みをしている。
(もちろん、全部ではないけれど)

「レジリエンスとは、“攪乱を吸収し、
基本的な機能と構造を保持し続ける
システムの能力“である。」

 国語の出題の一節である。
???
日本の将来を担う55万人の若者に
何を読ませ、考えさせたいのか。
難解であればいいというはずはない。

 大事そうなキーワードを
拾い読みしながらもう少し読み進める。
「環境の変化に対して、
動的に応じていく適応能力のこと」
「心理学、精神医学、
ソーシャルワークの分野の言葉」
「脆弱性(ぜいじゃくせい)が
重要な意味を持つ」
「脆弱性とは、変化や刺激に対する
敏感さを意味しており、環境の不規則な
変化や攪乱、悪化にいち早く気づける」

 あれ?
もしかしてちょっといいテーマかも。
自らの弱みこそが、変化する環境へ
対応していくための大事なセンサー
ということであろうか。
素敵な文章であってほしい。

(受験生にとっても by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農を考える ( 都市計画と農業について )
2020/01/18(Sat)
 「スプロール化現象」という言葉がある。
国土の開発を進める上では
大事なキーワードで、
「虫食い」という意味である。
都市計画法は、健全な都市づくりのために、
無秩序な開発を抑制して、
虫食いのような状態にしない
というのがその目的である。
当園の周囲は、何もない田園風景だが、
実は、駅も市役所もある市街化区域から
2キロほどで、こうした市街地から
隣接した田園地帯は、市街化調整区域に
区分されている。
「すぐには市街化する予定のない農地や森林」
という位置づけになる。
この意図は十分に理解できる。
問題は、「都市計画と農業との適正な調整」
にある。

 昨年の台風被害で、
農具を収納したり、パック詰め(出荷調製)
をしていたハウスも倒壊し、
再建は、木造の建物にすることを考えている。
収納していた段ボールなど
全ての資材が被害を受けたので、
壊れないものにしたいと思って。
この決断から、都市計画法との関りが始まる。
農園のある市街化調整区域においては、
建築する建物の使途が厳しく制限される。
「イチゴ農園の農具置場や集荷場所
(収穫いちごの置き場所?)は、
開発許可不要ですが、
パック詰めをする場合は、その建物の
開発の許可が必要になります。」 

???  
県庁の指導である。(法第29条)

 農業は、その農地で栽培し、
収穫したあと、野菜なら水洗いし、
袋詰め(パック詰め)し、出荷する。
このフローはどの作目でも共通である。

 それをどこかで線引きすることに
意味はなく、それが“現実の農業”
であるのだが、国交省と農水省の
管轄領域において、互いの
スプロール化(虫食い)は
厳しく排除されている、
ということのようである。

(融合している政令都市もあり by 農園主)


この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね (地酒 梅一輪)
2020/01/17(Fri)
【写真】九十九里の地酒 “吟醸辛口 梅一輪”

 千葉の地酒の評判はあまり聞かれないので、
決して高くないのかも知れない。
しかし、“梅一輪 吟醸辛口”は、面白い。
日本酒がお好きな方は、ダイレクトに
酒そのものの味わいを楽しむ。
総じてやや甘口の吟醸酒が好まれるのは、
そういうところにあるものと思う。
でも、料理との相性となると、評価の角度は
全く別物になるのではなかろうか。
ワインにはそういう存在感がある。
料理の風味を生かしながら、
自己主張をする。
日本酒にそういうものがあってもいい。
「これ、どの料理にも合うね。」

(九十九里の地酒 by 農園主)


この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>