FC2ブログ
プロジェクト M (メッセージ編 その6)
2020/02/22(Sat)
 ポレマフの納期が遅れております。
ご予約いただいた方々にはお待たせして、
申し訳ありません。
衝撃の 「ポールに角?」という事件 が起きて、
てんやわんや。
工場には無理をお願いして、
何とか今月末には納品されることに
なりましたので、3月から順次発送を
させていただきます。
もう少しお待ちくださいませ。

【写真】ポレポレ農園オリジナルのマフラータオル“ポレマフ”

 引き続き、皆さまからの 
応援メッセージをご紹介いたします。

「 美味しいイチゴを期待しております。
 大変でしょうが、
 ご夫婦力を合わせて頑張ってください。」

「 娘のバスケチームで欲しいというので
 配るね。他にもまた追って。
 これぐらいしか出来なくてごめんねー。」

「 台風で大変でしたね。
 とても心配していました。
 すぐに駆け付けたい気持ちなのですが、
 実は椎間板ヘルニアになってしまって、、、
 この3か月安静にしています。
 力仕事なら何かお役に立てるのではと
 思っていたのですが!
 肝心な時に何も出来ずはがゆいです~。
 チャリティグッズのお知らせを見て、
 うれしいです。
 家族三人分注文させてください。
 よろしくお願いします。」

「 こんなことでしか応援出来ませんが、
 購入させていただきます。
 また美味しいイチゴを食べられる日を
 楽しみにしています。」

「 台風被害のことは、
 当時ブログなどで農園や
 お二人の近況をチェックしていました。
 本当に酷い被害で、
 お心を痛められたと思います。
 心配しかできず何のお手伝いも出来ず、
 ごめんなさい。
 私達はずっとポレポレさんのファンです。
 必ずまたお目にかかる日が来ると
 思っています。
 まずは今年が災害や天候不順が
 ありませんように。
 皆さまの健康、手がけられる全ての事が
 無事でありますよう祈念しております。」

「 元気一杯ビタミンカラーですね。
アランとポールのシルエットが可愛いです。
注文枚数が少なくて申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。」

「 昨年家族でいちご狩りに訪れました。
 いちごと動物が大好きな娘にとっては
 とても楽しい思い出の場所でした。
 1日も早い再建を願っています。
 お身体にはくれぐれも気をつけて
 頑張ってください!」

「 可愛いマフラータオルを作ってくれて、
 ありがとう。是非買わせていただきます。
 友達にもオススメしようと思ってます。
 どんな形ででも、支援できることは、
 とても嬉しいです。
 また頼むかもしれないので、
 よろしくお願いいたします。」

(こちらこそ本当にありがとう by 農園主)


※ ご注文は 当園ホームページの ポレポレ商品のご案内 から。


この記事のURL | プロジェクト M | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もういいかい?
2020/02/21(Fri)
 着工が遅れている。
ハウスの再建工事は、今月の10日頃から
始める予定であったのだが、
「資材の完成が遅れている」のだそうだ。
ハウスのアーチパイプのことである。
それでもなんとか2週間遅れで、
調達できることになり、来週中には、
工事が始められる段取りとなった。

 正直、とても気を揉んできた。
このように混乱する事態は、
当初から想定していたからこそ、
昨年中には駆け足で準備を進め、
(皆さまのご協力の賜物)
資材の発注まで済ませて
おいたはずなのだが。。。

 関係者の方々は、努力をして
いただいていると思うのだが、
こういう事態を避けてこそ、
本来の「デキる」人たちである。

 でも、大丈夫。これからまだまだ、
挽回できる時間はたっぷりとある。
チームプレイとは、そういうものだ。

(信じて励ますこと by 農園主)



この記事のURL | ハウス再建 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今もあの頃も
2020/02/20(Thu)
 ミルケンという巨人が80年代にいた。
ジャンク債という市場を作った男である。
債券の世界では、米国債市場が
最も市場参加者が多く、信用力があり、
効率的であるために、
金融理論が成立するという意味において、
エリートが集まる世界であった。
一方で、信用力の落ちる債券には
理論値がなく、誰もリスクを
取らなかったのだが、
そこにビジネスチャンスを見出したのが、
マイケル・ミルケン氏であった。
その後の振る舞いには触れないが、
この度、恩赦されると報道されている。

 彼の試みた仕事を平たく言うなら、
資産全体の中にちょっとだけ利回りの
高いもの(ジャンク債)を持つことで、
リスクを抑えてリターンが取れる、
という考え方(ポートフォリオ理論)を
広めて、リスクの高い債券を
世の中に埋め込んでいった。
今や当たり前だが、当時はとても斬新であり
エリートの集まる米国債市場で勝てないなら
こういう手もあるのかと、
金融界ではカリスマ的な男となった。
ちなみに、リーマンショックの元凶となった
サブプライムローンの証券化も
全く同じ発想である。
時代は常に回る。
ルール違反は論外だが、
最初は“特別”だと思う。

(どの世界でも by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベルアメール
2020/02/19(Wed)
【写真】ベルアメールのチョコレート

 美味しく、楽しい差し入れを
ご近所の方々からいただいた。

 何もない農園に立ち寄ってくださる。
なんと嬉しいことか。
最近は、農園で終日仕事を
しているばかりではなく、
役所に出向いたり、書類書きをしたりと。
もしかしたら、せっかく
立ち寄っていただいたのに、
お会いできていない方も
おられるかも知れない。

お菓子のおもちゃ“あいこでポン”とモンロワールのリーフメモリーチョコレート

「少しは遊びも大事よ」
無理をせず、肩のチカラを抜いて、
という励ましである。

(あいこでポン by 農園主)

この記事のURL | 地元の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農を考える (発想の転換について)
2020/02/18(Tue)
 本日付の新聞、農水省の調べでは
この20年間で農家数は半減したとある。
今さら驚く話ではない。

「農家数が急減する中、残った生産者だけで
農地を維持するのは容易でない。
大規模経営の農家は続々登場しているが、
それでも耕作放棄地は増えるだろう。
こぼれ落ちた農地は荒れ地に変わる。」
(日経新聞)

 大規模化?が“日本”の農業の
進むべき道であろうか。
スケールで海外と勝負? まさかである。
我々は世界の中で
とても食味の優れた人種であると思う。
そういう親のもとで育っている。
だから、多少価格が高くとも、
「美味しい」ものを食べたい。
そういう国民だと消費者として思う。
大量生産で安価なものを
決して求めているわけでなく、
勝手に提供されているだけである。

 農水省も問題意識を持っておられる。
先日お話した方も、
「これまでは農地の所有者に
将来のこと(耕作できないこと)を
自覚してもらうことに
主眼を置いてきたが、そろそろ、
担い手(耕作をしていく人)に軸足を
変えていかなければいけない時期だ」
と指摘されていた。

 どうしたら、新しく参入する人達が
増えていくのか。
もはや農業をしていない方々に
その方策など理解できるはずもなく、
新しい担い手にその将来の決定権を
譲るべきではなかろうか。
もし、障害になっている悪習?がある
としたら、そこに農政の出番がある。

(主役は誰か、である by 農園主)

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (出来たよ編)
2020/02/17(Mon)
 小屋の屋根 が無事に付いた。
部材がうまく揃ったので、
思ったよりもいい出来栄えで、
我ながら驚いている。
多分、雨漏りもしないと思う。

 早速、アランとポールがやって来て、
周囲をぐるっとチェック、
中に入って屋根もチェック。
満足そうな顔なので、合格のようである。

【写真】修繕した小屋の背面をチェックするアランと小屋の中を覗き込むポール
【写真】修繕した小屋の周囲を一周するアランと小屋の中をチェックするポール
【写真】小屋の中に入って満足そうなアランとポール

 ただし、被災後のこの5カ月間は、
2頭がひとつの小屋の中で寝ていたので、
さて、これからはどうするのか。
2つの小屋に別々に寝るのか、
相変わらずいっしょなのか、
興味のあるところである。

(仲がいいので by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青色の赤字
2020/02/16(Sun)
 確定申告の季節であるが、
まだ締切りまでは1ヶ月ある。
でも今年は会計ソフトへの入力を
嫁さんが早々に終え、
なんとその後のチェックも終了した。
早い~。
念のために税務署に台風被害の
計理処理も確認したので万全。
ちなみに、被災でハウスが倒壊し、
“資産”がなくなってしまった場合は、
“除却”をして、“特別損失あるいは雑費”
として計上する。
(これから処理する方へご参考まで。)
その金額が大きかったので、
今年の収支は真っ赤になってしまい、
税金を払わない立場になった。
あれだけ市役所の方々に
お世話になったり、
図書館を愛用したりしているので、
申し訳ないと思う。。。
また、払えるように出直したい。
でも、今シーズンも営業していないから、
当分、先になりそうかな。

(それにしても弥生会計は賢い by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>