FC2ブログ
美しい苦み
2019/02/09(Sat)
 地元でいつもご贔屓にして
いただいている方から、
「少し早いけど」と
バレンタインのチョコレートを
いただいた。

【写真】ベルアメールのバレンタインギフトの外箱

「ベルアメール」。
箱から美しく、そしてチョコも。
以前にこの方から教わったコーヒーが
とても美味しかったので、
わくわくしながら、口に入れる。
「二人で仲良く食べて」
と言われたので、嫁さんと半分ずつ。

【写真】ベルアメールのパレショコラ8種類

 青色はアールグレイ。 紅茶の風味が
ホワイトチョコレートと混ざり合って、
本当に美味。未知の世界にびっくりした。
オレンジ、ピスタチオもそれぞれに
ほんのり苦く、スパイスもちょっぴり効いて、
普段はあまり甘いものは食さないが、
嬉しいコーヒーブレイクになった。

(好きなものが増えた by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪の予報
2019/02/08(Fri)
 この3連休はいちご狩りの開園を
お休みさせていただくこととした。
しかし、雪のためではない。
2番果の頂果が始まっているものの、
まだまだ数は少ないので、やむなく。

計画いただいていた皆さまには、
がっかりさせてしまうことになり、
大変申し訳ないが、
来園されたことのある方々ならば、
ご理解いただけるものと信じている。

何とかご期待以上をと思っていることを。

 連休中は、宅配の発送を
粛々と進めていく予定だ。
いつも通りの3時半起きで。
決して、ブラブラしているわけではない。

(たまには、したいけど by 農園主)

この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
若い受験生たちへ
2019/02/07(Thu)
 合否が発表され始めている時期だと思う。
君たちは、志望校への“扉”を
自らの努力でこじ開けた。
中にはそれがセカンドベストの扉で
ある人もいるだろう。
しかし、開けたことに変わりはない。
その勢いで、次々と新しい扉を
開け続けて行ってほしい。
大人になると、なぜか勇気がなくなって、
新しいことへの挑戦が億劫になっていく。
でも、君たちの「合格しました」という
未来への希望に満ちた声を聞くと、
緊張感とともに心がとても弾む。
本当によく頑張ったね、おめでとう。
人生はこれから無限に広がる。
挑戦し続けようぜ。

(明日から by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨の音
2019/02/06(Wed)
 ビニールハウスの天井に
雨粒が当たる。
ポツポツ、ポツポツ、ポツポツ。
遊びに出かけるには、
晴れの日がいいに決まっている。

 本日のいちご狩りの開園は、
平日の雨降り。
ご予約は満員御礼をいただいた。
どうしたら、ご来園される方々に
こういう日でもたっぷりと楽しんで
いただけるか。
嫁さんと昨日からあれこれと考え、
気を揉む。

 そして、心配をよそに
ご来園の方々の笑い声。
ストーブを囲みながらの談笑。
雨の音をも楽しむ、そういう余裕というか、
満喫するとはこういうことなのだと、
皆さまから教わったような気がする。
ご家族や親しい友人と共有する時間と
“非日常”のいちご狩りと雨の音。
それだけで充分ということであった。

(人生を謳歌する by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神の子、いちごの子
2019/02/05(Tue)
 親子3代で来園いただくご家族の話。
5歳になった息子さんが、
お腹にいた頃から、農園のいちごを
たっぷりと食べていただいている。
その子がよちよち歩きになると、
「青い実ばっかりかじるの。
ダメだって言うのに。」
お母さんはそう言っておられたが、
その男の子が今や、
旬で美味しいいちごを
見つけては、家族に配ってまわる。
その目利きぶりに
家族は驚いているそうだ。
なんと百発百中らしい。
生まれながらにして“いちごの子”。
そういうお子さんが増えると大変嬉しい。

【写真】完熟の“紅ほっぺ”

(予感はある by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
立春の日
2019/02/04(Mon)
 急に暖かい陽気にびっくりである。
このまま春に向かうことはないとしても、
今後の季節が変化していく兆しなのかどうか、
それは大事なことなので、とても気になる。
イチゴの生育管理を少しずつ、
春に向かった仕様に修正していく
必要があるからである。

 これまでの経験では、
それを判断する指標のひとつが、
“アランの毛の抜け変わり”。
寒くなる時も暖かくなるときも、
その前兆は、あとから考えると、
いつも見事なタイミングなのである。

【写真】春のような陽気の青空の下、座ってくつろぎながらこちらを振り返るヤギのアラン

 ちなみに、今日のアランは、
水をがぶ飲みしていた。
毛が抜け変わる気配はなく、暑そうだった。
現状維持。相場でいう“横ばい”という感じ。
栽培管理ももう少し様子見でよさそうだ。

(春のシグナルに注意 by 農園主)

この記事のURL | 天気の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベソかきの理由(わけ)
2019/02/03(Sun)
「うぇ~ん、、、キャンセル待ちを、
お、お願いしま、、、す。 ううえ~ん、、、」

 週末のご予約が混み始めている。
受付開始後、予定の人数になり次第、
HPにその旨お知らせをしているが、
その直後のお電話であった。
ただ、キャンセルされる方がいつも
おられるわけではなく、どちらかと言うと
稀なのだが、時々、お子さんの急な発熱で、
などというご連絡が入ることがある。

 そういうバトンの繋がりで、
ご来園いただけた方が
ベソかきの理由を教えてくれた。
「この日のために、
いちごのピアスを新調して、
仕事も頑張って。。。
予約の電話も一生懸命かけたけど、
予約終了の画面を見たら、、、
つい、悲しくて、悲しくて、
ごめんなさいね。」
来園された朝は、少し気恥しそうに
照れた表情をされていたが、
お帰りの頃は、満面の笑みになっていた。

【写真】いちご狩りのために新調したいちごのピアス

 皆さんにはいつも大変な
お手数をおかけしている。
感謝の気持ちとお詫びの気持ちを
いつも嫁さんと噛みしめている。

(つられてベソをかくくらい by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>