クロちゃんです( もう寒い季節?編 )
2017/10/14(Sat)
 急に冷え込み、冷たい雨になった。
一昨日までは連日の夏日だったので、
クロとトラは、動きも活発で食欲もあったのだが、
この寒さで一気に動きがスローに変わった。

【写真】のんびりと餌を食べようとするクサガメのトラ

 ぼんやりとした目で見上げる2匹を見ていると、
晩秋近し、である。

(イチゴの開花が待ち遠しい by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イチゴの本能
2017/10/13(Fri)
【写真】葉かき作業中の本圃ハウスの様子

 定植後、約2週間。
新葉が大きくなっているので、活着は順調に
進んでいる様子だ。
ここでもう一押しするために、葉かきをする。
発根を促すためである。
古い葉をクラウン(根元)に沿って取り除くと
その根元から発根するのである。
ちなみに、新葉が小さいうちに
折れてしまったりすると、
次の新葉が“出番です”とばかりに
すぐに出てくる。
こういう危機対応に対する感応度の
鋭さと行動力は、抜群に優れている。

(備えあれば by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶらっと房総 ( Farmer’s Café の “ダッチベイビー” )
2017/10/12(Thu)
 クレープのようなシュークリームの生地のような。
その温かい生地の上にアイスクリームがのり、
ブルーベリーソースとレモンがかかる。

【写真】木更津・Farmer's Cafeのダッチベイビー

 温感は温かくて、冷たい。
そして、甘じょっぱく、酸味もあるので、
甘すぎず、ちょうどいい感じで楽しめる。
ボリュームはたっぷりなので、
2人でシェアしてもいいかもしれない。

( 午後のゆったりとした時間に by 農園主 )


※ 農園から車で約20分。
※ 公式ホームページ : http://www.nouen-cafe.com/fc


この記事のURL | ぶらっと房総 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農業エキスポ2017
2017/10/11(Wed)
 今年も幕張メッセでアジア最大と言われる
エキスポが開催されており、
国内外の農業関連会社800社が出展している。
今年は、“日本の食品輸出”のコーナーが
初めて出来た。時流であろうか。
アジア系の会社の出展や参加者も年々増えている。

【写真】幕張メッセで開催中の農業エキスポの会場の様子

 当園の興味は、自分たちの足元の作業にあり、
残念ながら世界を見渡す余裕はない。
したがって本日の我々の収穫は、
灌水チューブのつなぎ目の部材だったり、
イチゴの新しいパックや箱だったり、
斜面の草刈りが楽になりそうな機械だったり。
目先のことばかりであった。
しかし、それが当園の魅力を少しでも
向上させることにつながるものと考えている。

(やるべきことを真面目にやる by 農園主) 

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青々と
2017/10/10(Tue)
【写真】太陽の光を浴びるいちごの葉の様子

 暑い。 湿度は低いが連続の夏日。
まだ続くそうである。
この気温の高さで若葉が青々とし、
新葉の展開は早まっている。
検鏡では、1番花の花芽までの内在葉数が
4枚だったので、出蕾が早まってくれるのは、
頼もしいことである。
しかし、事態はそう簡単ではない。
そろそろ、次の2番花が花芽分化の準備に
入るからだ。
高温は、それを遅らせる要因になり、
連続した収穫に谷間ができることになりかねない。
施肥の養分配分にとても敏感になっている。

( 過度に走らせないように by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( 背伸び 編 )
2017/10/09(Mon)
【写真】アランフィールドの柵に前足をかけて立ち上がってエサを食べるアランと順番待ちをするポール

 ポールがアランの真似をして、
エサをねだるようになった。
精一杯の背伸びをして。
その呼び声も大きくなってきて、
幼気な“エ~、エ~”という声が
遠くまで届くようになった。
アラン・フィールド内では、自由に駆け回ったり、
登り台の上でひとりで座ってみたりと、
アランと離れて、マイペースで過ごすことも
できるようになった。まだ、わずかな時間だが。

 エサを2頭にあげると、アランの角で、
相変わらず払われたりしているが、
それをヒラリ、ヒラリと上手に交わしながら、
ちゃんと食べている。
そして、それぞれに満腹になると、ご機嫌になって、
お互いに短い尻尾を振りながら、頭突きをして遊び始める。

(日に日に愛らしくなっている by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
舞茸(まいたけ)の季節
2017/10/08(Sun)
 美味しい椎茸を作ることで有名な農家さんが
時期限定で育てる“舞茸”である。
毎年のことながら、視覚的にも芸術品だ。

【写真】時期限定の希少な舞茸(黒と白)

 先日の集中豪雨で、土が舞茸の中に入り込んで
しまったものもあったそうで、苦労されたとお聞きした。
そういう中での貴重な完成品である。
天ぷら、バター炒め、混ぜご飯でも。

(本当に“舞いたくなる” by 農園主)


この記事のURL | ご褒美(旬のもの) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>