FC2ブログ
次の一手
2014/10/31(Fri)
 追肥の時期である。
チッソ分をまんべんなく蒔いた。
明日からは当分の間、しっかり水を遣って浸透させていく。
しかしこれは、今咲いている花のためではなく、
次の花、そしてその次のためである。
2ヶ月先の効果を想像しながらの作業だ。

[写真]紅ほっぺの一番花

 実は、この時期に手間をかけることの重要性を、昨シーズン学んだ。
台風の被害で倒壊したハウスの“紅ほっぺ”が、心配をよそに充実した実を生らせた。
ハウス修理までの1ヶ月の間、雨ざらしだったことで、
肥料がよく溶けたり、相応に低温遭遇があったり、複合的な効果があった。
この経験を余すことなく学習したい、そう思っている。

( ただでは転ばない、つもりだ by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<開墾プロジェクト その6 | メイン | アランのこと ( のぼり台編 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/990-d26d52db

| メイン |