FC2ブログ
覚悟
2014/09/17(Wed)
 まだ、行ったことはないのだが、風変わりなBARの話。
場所は池袋、一人で切り盛りする店。ここまでは珍しくない。
「繁盛しないことが目標」(「減速して自由に生きる」高坂勝著)という店だそうだ。
週休3日、ランチはやらない、正月と夏休みは9日ずつ必ず休む。
新規開店の飲食店の80%が3年以内に廃業する(総務省統計)ことを考えれば、
強気な?営業姿勢とも言える。
しかし、店主の発想はとてもユニーク。
自分の生活に必要な収入を決めて、日々の売り上げと入店者数を逆算する。
それ以上は稼がないというのである。“スモールビジネス”というらしい。
「常に忙しかったら、いつお客さんと会話するのでしょうか、
 それにヒマなときに本を読んだり、居眠りしたりできなくもなります。」(同著)

[写真]大好きな草の上でゴロ寝を楽しむアランの様子

 サラリーマン当時、会社の業績目標の根拠を深く考えないまま働いていた。
どうして“前年比増収”にこだわっていたのか。
それが当たり前とされていたから疑問を差し挟む余地はなかったのだが。

 当園も経営会議(農園の行き返りの車中)で、目標の達成について議論する。
「お客様をどれだけ驚かせ、喜んでもらえるか」
―自分達だって、2回行くレストランは多くないよね。
―ましてや、友達に勧めるって、相当なレベルでないと。

( まずは3シーズン目を迎えられることに感謝 by 農園主 ) 
 
この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<“かなみひめ”がピンチ | メイン | 2回目の検鏡>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/946-0f409276

| メイン |