FC2ブログ
農を考える ( CSについて )
2014/06/07(Sat)
 農政の改革議論がにぎやかだ。
内閣府の規制改革会議が「農業改革に関する意見」を先月公表し、
農業委員会や農業生産法人、そして農協の見直しを提言。
この意見書では、今回の農業改革は農業政策上の大転換をするラストチャンス、
とあるのだが、何のための改革なのか、肝心なところは抜けている。

 一方の廃止を提言されたJA全中(農協の中央組織)は、
この提案に断固反対と表明したが、その根拠は伝わらない。

 論点が上滑りしている理由は簡単だ。
生産者がコストを抑えた上で、美味しいものを作る、それが消費者の利益につながる。
両者には、この出発点が欠けているのである。

 「いや、もう結構です。他に頼みますから」
世の中では当たり前のこの消費行動がままならない。
肥料や資材の購入ルートだけではなく、
施工業者を含めて取引先の選択肢はたくさんほしい。
しかし、この業界では独占や縄張りが常識、これが実感である。

 他業界からの新規参入は無論、期待したいところではあるが、
地域によっては、頼られる存在の農協もあるはずだ。
ならば、地域の枠を超えた自由な乗り入れを促してほしい。

( お客様のため by 農園主 )

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<採苗スタート | メイン | チューブ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/844-f7b2d9c3

| メイン |