FC2ブログ
脇芽(わきめ)かき
2013/11/25(Mon)
 本流の芽を残し、その脇から出てくる芽を取り除いていく。
トマトやナス、ぶどうやイチジクでも同じような作業はある。
栄養の分散を防ぎ、味覚を向上させるだけでなく、
風通しを良くして病気を防ぐ目的がある。

[写真]わき芽を掻いた後のおいCベリーの様子

 本流を見極めるのは難しい。
脇芽が大きくなると、しっかりとした太い芽になり、
どちらが本物かほとんど見分けができないくらいだ。
出世競争にありがちな話である。
そこは、プロ、瞬時に見極めてさっさと選別している、
と言いたいところだが、うーん、と唸ってしまうことも多々なのだ。

 イチゴの生命力からすれば、どちらでも元気に生長するはずだから、
悩む時間は、非効率的とも言える。
それでも、こだわってしまうのは、人間の勝手な思い込みのせいかも知れない。

( 生き残ったのが本流 by 農園主 )
 

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やさしい栄養学 | メイン | 結実開始>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/649-eec81fda

| メイン |