FC2ブログ
仕事中の顔
2013/09/26(Thu)
 定植の仕事は、年に一度の大仕事になる。
短時間(できれば4、5日)でヴォリューム(12,000株)を
こなさなくてはならないからだ。
どのイチゴ農家にとっても、この時期が山場になる。

[写真]定植作業を手伝ってくれたお母さん達の軽トラックが農園前に集合した様子

 当園では今回から地元のお母さん方に手伝ってもらうことにした。
みんな畑仕事のベテランだから、土いじりでは大先輩達である。
用意していたゴム手袋のSサイズではとても入らないくらい、
手も逞しい。「これは赤ん坊用かい?」と言われる始末だ。

 始まる前は、「あたしたちにイチゆこゴの手伝いができるかね」
みんな不安そうな顔をしていたのだが、
 「葉っぱは、これを取っていけばいいね」
 「植え方は、そんな感じね」
少し説明すれば、あっと言う間にLサイズの手が滑らかに動き出す。
こうなれば、お母さんたちの口も滑らかだ。
 「楽しいね、調子でてきたよ」
仕事のペースは、ドンドン速まり、笑い声は増々高まる。
こういう働き方も世の中にはある。
 
( しかめっ面からは何も生まれない by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランのこと ( 2013 秋編 ) | メイン | 定植スタート>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/589-b9285785

| メイン |