FC2ブログ
大先生(おおせんせい)
2013/05/12(Sun)
 君津市内に都内からの来院も多い動物病院がある。
大先生は、長野県から来られた初代の先生で、
市内の牛や豚やヤギのほとんどを診ていたそうだから、
当時の農家で知らない人はいない。
大先生は文字通り、引っ張りだこだったそうだ。
嵐の日、夜中に牛のお産で呼ばれたが、
物凄い雷で立ち往生したという昔話を懐かしそうにされた。
「それが今のポレポレ農園の前だったな」と笑って言われる。
 
 ヤギで心配な病気に「腰麻痺(ようまひ)」がある。
蚊を媒介して寄生虫が体内の神経を侵す。
歩行困難になり、生命の危険がある。
この病気からアランを守らねば。
しかし、普通の動物病院ではヤギは診てもらえない。
犬猫の小動物ではないからだ。

 大先生が、その予防薬を持って来園してくれたのであった。
近所ののぶ子さんの紹介だ。
二人がアランの命の恩人ということになる。

 感激のついでに、大先生に聞いてみた。
「アランは少し。。。太り過ぎですか?」
「この位は普通だよ」
大先生は深く頷いて言ってくれた。

( 心配事が解消 by 農園主 ) 

この記事のURL | アランのこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ランチの王様 ( 大海老天丼 in おすしやさん魚忠 ) | メイン | 母の日の円安>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/452-3cb47533

| メイン |