FC2ブログ
新しいハウスの考え方 その4
2019/12/02(Mon)
 今後、超大型台風がやってきた場合、
その時の最終手段には何があるのか。
「ハウスのビニール(フィルム)を
 剥がすか、切ること」。
つまり、風に真っ向勝負を「挑む」
のではなく、抵抗を作らずに「逃げる」
という選択肢をとるということである。
唯一の手段であることに
異論はないと思う。
しかし、事態はそう簡単でもない。
なぜなら、台風の都度、
正確な予測と判断が求められるからだ。
「今回はビニールを切るのか、
切らないのか。
 切るなら、いつ切るのか。」
これは、相当難しいレベルの決断だ。
相場の“損切り”の判断の比ではない。
また、台風の度にビニールを
切っていたのでは、
採算が合わないという問題もある。
とすると、ビニールを切らずに
“収納できる工夫”がどうしても必要になる。
四国の方々にお聞きした方法が参考になる。
台風シーズンには、ビニールを巻き上げて
小さくして仕舞っておく。
いつ風が吹いてもいいように備えている。
そして台風の過ぎ去った秋口になると、
再びビニールを巻き戻して張り直す。
名付けて“フルオープン収納型ハウス”。
もちろん、手間は大変かかる。
しかし、もしそれを惜しむようならば、
倒壊の覚悟をするということである。

(つづく by 農園主)
この記事のURL | ハウス再建 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<新人の輝き | メイン | 力仕事のノウハウ>>
コメント:
-  -
この度は、本当に大変なことになりましたね。。。それでも前を向いておられる管理人様には尊敬いたします。
私は九州で脱サラ就農しイチゴを細々と作っています。
ビニールハウスについてですが、連棟ハウスで一番上まで巻き上げれるようにしている人がいます。そうすることで台風の風を逃がしていけるようです。私は2連棟の為、今の所していませんが、、、。
作り方はご存知かもしれませんが、現代の農業2012年11月号138ページ~に載っています。
2019/12/02 21:33  | URL | 苺とあれこれ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2851-a6759379

| メイン |