FC2ブログ
カツオのカルパッチョ
2019/07/05(Fri)
 カツオというと、
ちょっと特有の味覚(えぐみ)が
あって、苦手な人も多いかと思う。
そういう自分もそうだったのだが、
先日、四国で「うっまい」カツオを食し、
ちょっと驚いた。
その秘訣は、漁獲後の処理(血抜き)と
消費者に届くまでの時間(鮮度)が
勝負と店主がおっしゃっていた。

 実は、千葉の勝浦港でも、
カツオがあがる。
君津とは目と鼻の先の距離だ。
そこに、今野シェフ(ペルポンテ)の
技が加われば、カツオとの衝撃の出会いが
実現される。「何これっ」となる。

【写真】ペルポンテの“カツオのカルパッチョ”と白ワイン

 ワラでくるんで焼く四国のたたきも
最高だが、これぞ“深化”した一皿。
美味しいワインも感動を倍増させてくれる。
この日は、シェフおすすめの
ダイヤモンド酒造(山梨県)の
“デラウェア・ドライ 2018”とともに。
ちなみに、7月14日は、“日本ワインの日“
イベントがお店であるそうだ。

(カツオが好物へ by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(旬のもの) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<農を考える ( 担い手保護の観点から ) | メイン | 新品の匂い>>
コメント:
-  -
カツオが苦手な方は少なからずいらっしゃると思います。当店でも昨年は全くと言っていいほどお客様にお届けする事は出来ませんでした。下処理をしっかりとした鮮度の高いカツオはねっとりとした食感と味はマグロと間違える方もいらっしゃると思います、テレビなどでマグロの味がすると言われているスマとカツオは同属なんです、見た目もカツオ 味はマグロ!ならばカツオもマグロなのではという子供みたいな疑問から始まったプロジェクトでした。
2019/07/06 00:14  | URL | ペルポンテ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2700-e8fd1861

| メイン |