FC2ブログ
縁起もの
2018/05/12(Sat)
「ま、まだ、いちご、ありますか?」
小走りに受付ハウス内に入って来られた女性は、
地元の方であった。
― はい、少なくなっていますが、
これはいかがですか?
「よかったぁ、あって」
― ありがとうございます。
「今日ね、次男がお嫁さんになる方を
初めて家に連れてくるの。それで、お土産にと」
― えっ、それは、おめでとうございます。
「ありがとう。実はね、長男の時も、
こちらのいちごを持たせたら、お嫁さんが
それはとても喜んでくれて。
それで今回も持たせたかったの。」

とても幸せそうな笑顔であった。

【写真】店頭ワゴンに並んだいちごパック

(光栄すぎる by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランとポール (癒しの光線 編) | メイン | ポレドレ・クッキング (with 豚しゃぶ)>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2281-6eb72481

| メイン |