天敵を投入
2017/11/10(Fri)

 葉に悪さをするハダニには、毎年手を焼いている。
葉の養分を吸い取ってしまうので、
健全な光合成ができなくなり、
果実の味覚は低下してしまう。

【写真】チリカブリダニをいちごの葉の上に放飼した様子

 それらを補植してくれる天敵(チリカブリダニ)を
今年も投入した。おがくずに交じった天敵を葉の上に
振りかけていく。
今や、もっとも頼りになる助っ人であり、
この時期からシーズン終了までずっと必要不可欠な
存在になっている。
昨年は、最初の投入時に天敵よりもハダニの方が
数的優位に立ってしまったために、
「ハダニ天国」となってしまい、
その後の退治には四苦八苦した。
今年はその苦い経験から、最初から大量投入だ。

(頼むよ、ホントに by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<少し長いラグビー談義 | メイン | 進め>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2098-ee61647f

| メイン |