FC2ブログ
意識の方向
2016/11/21(Mon)
  “震災のとき、「自分が失ったもの」を数え上げ、それを「返せ」と言い立てる人たちと、
「自分にまだ残っているもの」を数え上げ、それをどれくらい有効利用できるかを
考えた人に被災者はわかれた。
危機を生き延び、すみやかにそのダメージから回復できたのはもちろん後者である。
危機のときに「失ったもののリスト」を作る人間には残念ながら未来はない。“
((「邪悪なものの鎮め方」内田樹著)

 仕事には失敗はつきもので、上手くいかないことの方が多いのかも知れない。
その時に思考が停止してしまったり、マイナス方向に意識が向かってしまうことは
よくあることで、結果は上述されている通り、明るいものではない。
「今できること」に固執する。
そういう意識の方向が、その後に踏み出す最初の一歩を決める。
どっちを向いているのか。

( 人生の分かれ目である by 農園主 )

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミツバチたち 2016年 (本当の花の香りと色について) | メイン | 三郎畑 ( サヤエンドウの芽 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1743-530468ac

| メイン |