ぶらっと房総 ( 九十九谷公園の雲海 )
2016/10/30(Sun)
【写真】君津・鹿野山九十九谷公園から望む九十九谷の雲海

 「山並みは幾重もの襞(ひだ)を見せて、遙か遠くへ続いていた。
冬枯れの山肌は、沈鬱な茶褐色の、それ自体は捉え難い色であるが、
折からの夕日に彩られて、明るい部分は淡紅色に、影は青紫色にと、
明暗の微妙な諧調を織りまぜて静かに深く息づいていた。
その上には雲一つ無い夕空が、地表に近づくにつれて淡い明るさを溶かし込み、
無限のひろがりを見せていた。
人影の無い山頂の草原に腰をおろして、刻々に変ってゆく光と影の綾を私は見ていた。」
( 「冬の山上にて」 東山魁夷 著 )

 この公園から見晴らせる景色は、東山魁夷の出世作“残照”のモデルとなったそうだ。
天候、時間帯でその表情はどんどん変化するが、いつまでもゆったりと腰を下ろして、
眺めていたくなるところである。

( たまには時を忘れて by 農園主 )


※ 農園から車で約25分。
※ 君津市役所ホームページ : http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/manabu/99tani-unkai.html 

この記事のURL | ぶらっと房総 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<黒いニンニク | メイン | 三郎畑 ( ネギの世話 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1720-7aaf3424

| メイン |