FC2ブログ
すくすく
2016/07/02(Sat)
 梅雨の晴れ間。蒸し暑いが、風があれば何でもない。
隣の田んぼでは苗が、そよそよとなびいている。
まだいちご狩りを開園していた5月のころには、
田んぼの水面からやっと顔を出すくらいだった苗が、
いまや膝の高さを越えるようになった。

【写真】農園前の田んぼで青い稲の苗が風にそよいでいる様子

 作物を育てるためには、“適期”を守ること。師匠の言葉だ。
作物が望むことを“その時”に手を加えることが何よりも大事である。
できれば、先回りしたい。そう思うようになった。
生長のスピードに置いていかれないように。

( ぼやぼやしている暇はない by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<突然の再会 | メイン | 苔のむすころ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1600-7099a82a

| メイン |