FC2ブログ
農を考える ( キジから学ぶ )
2016/06/06(Mon)
 農園の近くから「ケーンケン」とキジの鳴き声が聞こえる。
君津では珍しくない。
キジは飛ぶことが苦手な鳥で、木の上ではなく草むらに巣をつくる。
今年のキジは、警戒感が少なく、アランの小屋の近くまで遊びに来ている姿を
しばしば見かけていた。
しかし、その草が刈られてしまうと巣は丸見えになり、大慌てで引っ越ししなくてはいけない。
そうは言っても、草刈りは農作業をする上では欠かせない。
それを大型トラクターで颯爽と済ます人、
刈払機を使って手作業で地道に刈る人、様々である。
お隣ののぶ子さんは、「キジの巣があったから、そこの草は残して刈ったよ」
そんなことを言っていた。手作業ならでは、気が付くこともある。
大型化、機械化、効率化。先進的農業。。。
「たかがキジ」と言われるかも知れない。

「どんなお客様にどんなものを買っていただくのか」
じっくり立ち止まってみなくては、分からないことである。

( キジが遠くに巣を移したようだ by 農園主 )

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ランナー留め 2016 | メイン | 特大海老フライ?>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1574-7ae2ce8e

| メイン |