FC2ブログ
かなみひめ
2012/07/17(Tue)
 暑くなってくるに連れて、子苗の数が、ぐっと増えた。
この連休中に「かなみひめ」は、予定数の2000株に到達。
親苗の役割は終わり、親とつながるランナーは今週末にも切り離す。
つながっているのは子苗同士のランナーだけとなり、
太郎苗を中心に兄弟だけで生きていく。
そして、お盆前には全てのランナーを切り離し、それぞれが独立する。
その準備期間に入ったのである。

 「かなみひめ」は育てるのが難しい品種とされる。
味は確かにいい。「紅ほっぺ」とはまた違うコクと甘みがある。
しかし、珍しい品種となっているのは、そこに理由がある。
アブラムシ、ハダニ、うどんこ病、肥料、水加減。手を焼いているのは事実。
それでもここに来て、ようやく親苗の状態がいい感じになってきたが、、、。
子苗に世代交代である。

 ランナーの切り離し前には液肥の葉面散布をする。
「親からの栄養補給がなくなるので、子苗たちはショックを受ける。
それを和らげるためにお土産を持たせてやるようなもの」
師匠はそう説明する。
親苗に代わって餞別をおくるのである。
好物がいい。

( 師匠からいただいた北海道土産はバターサンド by 農園主 )



この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スパイダーマン | メイン | 間近>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/153-2ddaab6a

| メイン |