FC2ブログ
法の解釈
2015/09/19(Sat)
 スポーツには厳格なルールがあり、それに従えないなら場外に出される。
W杯の始まったラグビーには、面白い一面がある。
レフェリーが、ルールの運用を選手たちに教育しながら試合を進行させるのである。
初戦のイングランド戦もそうであったし、高校生レベルの試合でも同じである。
「もう少し高くスクラムを組んで。落とさないように。じゃもう一回」と言う具合に。

 法律の条文には隙間がある。
なぜなら、全てのケースを法律では規定し切れないので、
細かい運用は当事者に任せるという精神である。
しかし、レフェリーでも全てを勝手に“解釈”できるわけでない。
なぜならば、観衆と歴史が全てを見ているからである。

( 本当にフェアかどうかを by 農園主 )

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<誇りの桜のジャージへ | メイン | 2015年 検鏡その2>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1313-887a4c61

| メイン |