FC2ブログ
あの時の自分と今の自分
2018/10/16(Tue)
 毎年、定植後の少し落ち着いたころに、
船橋のいちご園を訪れる。
普通のサラリーマンがいちご農家に
なれるのかどうか、不安に感じていた時に
背中を押してくれたご夫妻がおられる。
ご主人はエンジニアからの脱サラ。
奥さんは銀行勤めをされていた。
そこに8年前、定植の仕事を強引に
手伝わせてもらい、3日ほど通わせて
いただいた。
しつこいほどに質問をしたと思う。
栽培技術、収支、労働時間。。。

「作れるようになるよ、きっと」
ご主人はそう言ってくれた。
奥さんも、笑顔で
「大変だから、考え直したら。ハハハ。
でも、頑張らないとね」
ポレポレ農園の事始めである。

 ハウス内の空気感というか、
雰囲気というか、そういうものが、
将来の自分の仕事を
想像させてくれるもので、
現実感を味わわせていただいた。

 お会いする度に、
当時の思いを思い出させてくれる。
故郷のような場所である。

(エネルギーが沸く by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
働く理由
2018/10/15(Mon)
 “就活ルール”が廃止されると
報道されている。
就職活動の解禁時期がなくなり、
企業はいつでも採用できるようになる。
売り手市場の中、人気企業が青田買いを
早めることで、中小企業は増々、
人材の確保が難しくなると心配している。

 学生はというと、その7割が
“ルールはあった方がいい”と回答して
いるそうだ。落ち着いて勉強ができない
という理由である。
不安な気持ちはわからないでもないが、
企業はいつでもオープンなのだから、
自分の都合で門戸をたたくことが出来る
という考え方もある。
「いついつから就職活動を始めて下さい」
そう言われないと動けないというなら、
それこそ指示待ちの人材と自白している
ようにも感じてしまう。

 自分の適性や夢、家族のことを考えて、
片田舎であっても地元の会社に就職する
ことを決めた若者を知っている。
もがきながら、大志を抱いて。

(若い時の苦労は、、、  by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優先順位
2018/10/14(Sun)
【写真】1回目の葉かき作業が終わった本圃ハウスの様子

 定植後、最初の葉かき作業をしている。
古葉の剪定をすることが目的ではなく、
葉をかく(むく)ことで、
発根を刺激することが狙い。
同時にそれぞれの苗を
観察することができる。
じっくりと。

 今年の生育は上々ながら、
アブラムシが例年よりも多い。
残念ながら。
育苗期からしつこいとは思っていたが、
本圃ハウスまで付いてこようとは。
明日は急遽、紅花油を使った気門封鎖剤で、
退治に向かうこととする。

(プライオリティは柔軟に by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
選挙前
2018/10/13(Sat)
 明日の君津市長選の投票日を前に
選挙カーが賑やかだ。
そうは言っても、都心に比べれば、
のどかなものかもしれないが。

 ハウスの中で仕事をしていると、
選挙カーから
「〇〇候補は、“実行力のある”人です。」
と連呼する声が聞こえた。
確か、小学生のころ、
生徒会や学級委員の選挙の時に、
なぜその生徒がいいのか、推薦理由を
「みんなにやさしい」「明るく活発」
という、ありきたりの誉め言葉のあと、
「実行力がある」というのが、
決めの誉め言葉だったように記憶している。

 その懐かしい“実行力のある”とは、
いったいどういうことを言うのだろうか。
何かをやり遂げるために、
周囲とうまくやる折衝力があるという
ことなのか、あるいは、反対があろうとも
ゴリ押しできるということか。
子供のころは深く考えていなかったが、
多分、大事なのは何をやるかを決めて、
それを実現するためのスケジュールを
“管理できる”ということなのではないか
と思う。 「言いっ放し」にしない、と。

 その意味では、イチゴ栽培のポイントは、
適期を失わずに作業をすることにあるので、
常に細かく予定を管理している。
イチゴ農家はみんな“実行力がある”
そういうことになる。

(最高の誉め言葉だと思う by 農園主)


この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宿題
2018/10/12(Fri)
【写真】受付ハウス脇のアーケードに新しく防草シートを張り替えたところ

「ここ破れてるね」
昨シーズンの終わりころだったであろうか、
小さな男の子がしゃがみこんで、
そう言っている脇をちょうど通りかかった。
― ごめんね。来年までには直しておくから。
そう言うと、男の子は嬉しそうに頷いてくれた。
ただ、いっしょにいたお母さんは
「(余計なこと言って)すいません」と
ばつが悪そうに肩をすぼめておられた。

 受付ハウスの横のアーケードには、
歩きやすくするために25mくらい
防草シートが張ってある。
嫁さんがトンチンカンと破れたシートを
新しいものに張り替えている。
手さばきは、すっかり職人のようである。
今回は厚手の上物にしたので、
長持ちするのではないかと期待している。

(あの子も及第点をくれると思う by 農園主)


この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
少し早いクリスマス・プレゼント
2018/10/11(Thu)
 これから冬に向かっていくと農園内の草が
どんどん減っていく。
真冬のころは、アランとポールは、
干し草や枝豆の干した枝(毎年、
のぶ子さんからいただく)が主食になる。

 寒さにも強いという牧草があるらしいと
嫁さんが聞いてきて、
早速、“イタリアンライグラス”の
種を取り寄せてみた。

【写真】アランフィールドの一角につくった畑にイタリアンライグラスの種を播いているところ

 アラン・フィールド内の一角を
鍬で浅く耕して、
それでも結構な重労働なのだが、
草畑を作ってみた。
さて、期待通りに生えてくるのかどうか。
とても楽しみである。
ちなみに、アランとポールは、歩きやすいのか、
畑の上を無邪気に駆け回っている。

(ま、いいか by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農業人と商人の集い
2018/10/10(Wed)
【写真】幕張メッセで開催中の農業エキスポの会場の様子

 幕張メッセで開催される「農業エキスポ」に
今年も行ってきた。
数えてみたらもう8回目の参加になる。

 韓国、中国、東南アジアの海外メーカーの
出店が年々目に見えて増えている。
外国人の参加者も大変多くなった。
意識は、もしかしたら彼らの方が強いのか、
各商品を動画で一生懸命に撮っている。
帰国して、ビジネスにつなげるために
真剣に物色している光景が印象的である。

 今年の当園の興味はと言うと、
“自動化の広がりを確認すること”と
“剪定バサミ”。
前者は将来の仕事がどれだけ楽になるのか
想像しておきたいからで、
後者は、目先の仕事を
効率的にこなしたいからである。
軽量で切れ味がいいものがないものか、と。
できればいい音が出ると尚いいのだが。
色んなものを探せる貴重な場である。

(少々、収穫あり by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウキウキ
2018/10/09(Tue)
 定植した苗は、あれからそろそろ
2週間になる。
順調に活着し始めている様子だ。

【写真】定植してから2週間が経った本圃ハウスの様子

 ここまで来れば、今シーズンも無事に
開園できそうで、ウキウキしてしまう。
そして、病気になることなく生育して
くれたことに感謝する思いである。
自分たちの努力の成果だと思うことは、
さらさらない。
毎年、不思議な気持ちになる。

(このまま突っ走ってほしい by 農園主)


この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (誕生日編)
2018/10/08(Mon)
【写真】6歳になったアランの横顔

 アランが6歳になった。
いつも元気で頼もしい。
貫禄も出てきた。

【写真】6歳になったアランが座っているところ

 この1年は彼にとって
とても大きな変化だったと思う。
ポールが農園にやって来たのだから。
最初は戸惑った様子で、
距離感を測りかねていたが、
今や相互に大事な存在に
なっているように見える。
ポールがアランにべったりと依存し、
アランがポールの心配をする。

 そういう関係が、
これからどう変わっていくのか、
こわいような楽しみのような。

【写真】アランに寄り添って座るポール

(そういう2頭が愛らしい by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
舞茸ざんまい
2018/10/07(Sun)
【写真】特大の舞茸(黒と白)

 今年もいいものができている。
君津で美味しいシイタケをつくる方が
余興で(ご本人の弁)始めたこれが、
美しさもさることながらの美味。
見栄えに香り、歯ごたえ、どれもいい。
毎年、採れる時期は限定され(数も)、
今年は特に短いそうだ。
気温と湿度の2つの変数で決まると
以前にお聞きしたことがある。

 今晩は、舞茸ごはんと野菜炒めに交ぜて。
明日は、舞茸パスタとバター炒めで。

(仕事にも精が出る by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(旬のもの) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フェーン現象
2018/10/06(Sat)
 季節はずれの夏のような陽気に
大汗をかきながら仕事をしていたら、
アランとポールは、
登り台の下の狭い日陰でちゃっかりと
涼んでいた。 寄り添うように。

【写真】登り台の下の日陰で仲良く並んで涼むアランとポール

 すでに冬毛になってきているので、
暑くてたまらないはずだが、
気持ちよさそうにしている。
雨は2頭とも嫌いだが、
晴れていれば、乾いた草を
いつでもつまむことが出来る。
時々、昼寝しながら。

 夕方になると、地元の神社から
秋祭りのお囃子と明かりが見えた。
夏祭りのような雰囲気は、
時間が戻ったようで
不思議な雰囲気であった。

(皆が楽しく、はしゃぐ声 by 農園主)

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
爪痕
2018/10/05(Fri)
 都心でも塩害で停電が起きていると聞いた。
先日の台風の影響である。
千葉県内では、ハウスの破損等を
含め農林水産業の被害額は17億円になり、
借入金に対する県からの利子補給などの
補助が決まった。
予想以上の被害で、特に塩害の被害は、
海岸から離れた多くの地域でも広がっている。
露地栽培では、葉の一部が茶色っぽくなり、
生育に懸念が出てきている。
ここまで、丹精込めて育ててきた作物が、
と思うととても残念で悔しいに違いない。
「天候だから、仕方ないよね」
確かにそうなのだが、しかし、どうにか
ならないものか。

(毎回やり切れなく感じる by 農園主)

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のるかそるか
2018/10/04(Thu)
 新しいことに挑戦する時は、
いつも怖さがつきまとうものだと思う。
しかし、それを上回るワクワク感が
あれば、飛び込んでみたい。
そういう風に考えるようにしている。
勝算を様々な観点から検証することが、
大事なのは言うまでもないが、それでも、
最後は、直観的に心を揺さぶられるものが、
あるのかどうか。それに尽きると。

「キミに覚えておいてもらいたい
ことがある。大きく分けると
“人生には2種類しかない”
ということだ。
“たくさんの経験をする人生”と
“わずかばかりしか経験しない人生”だ。
安全ばかりを考えていては、
つまらない人生になるよ。
行動しなければ、何も起きない。」
(「大富豪からの手紙」本田健著)

 規模がすべてではないが、
夢のある大きなプロジェクトを
進めることができる人もいる。
もし、ワクワク感を共有できるなら、
そこから逃げる理由はないのではないか
と考えている。

(お客様が喜ぶなら by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
おすすめの飛び道具
2018/10/03(Wed)
 育苗用のポットには、こだわっている。 
苗半作どころか、
八作(果実の出来が8割決まる)、
なのであるから、
その育つポットの環境が
どうでもいい訳がない。 
もっとも大事である。
夏場の暑い時期には、
水はけが悪いポットの場合、
灌水した水がすぐ熱湯になって
根を痛める。 
スリットの入ったものなら、
水はけはよく、かつ蒸散作用で
クーラーの役割も果たしてくれる。
もちろん、土量は多い方がいい。
根毛量が全く違ってくるからだ。

 そういう条件を備えたものは、
それなりのコストがかかるので、
大事に毎年、洗浄して使う。
土を落として劣化を防ぐだけでなく、
病原菌を翌年に持ち越さないために
消毒も欠かせない作業になる。

【写真】ケルヒャー社の高圧洗浄機で育苗用ポットを洗っている作業場の様子

 今年から導入した“高圧洗浄機”
(ケルヒャー社)が、大活躍している。
これまでは、ほぼ手作業だったのが、
革命的な進化である。
作業時間は半分になりそうで、
そのうえ土の除去も、従来より
きれいにできている。
当園では、嫁さんが一番喜んでいる。

(同業の皆様にもおすすめ by 農園主)

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いい天気
2018/10/02(Tue)
【写真】定植してから1週間が経った本圃ハウスの苗の様子

 定植から1週間が過ぎようとしている。
苗の状態はとてもよく、これまでで
最もいい出来かもとワクワクしている。

 定植した本圃ハウスでは自動灌水が
できるのだが、ここまでは毎日、
手で灌水を続けている。
定植後の土の隙間を埋めるためと
根張りの進み方を確認するためである。
水をかけながら歩くと、ひとつひとつの
苗の様子をしっかりと観察することができる。
ただ、50mのハウスの中を水の入った
ホースを取りまわすのは、
相当な力仕事になり、
嫁さんも毎朝、懸命に引っ張っている。

(前のめりになりながら by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不幸中のお手柄
2018/10/01(Mon)
 台風一過。
昨晩は、すさまじい強風だったが、
おかげ様でハウスもイチゴの苗も、
そしてアランとポール、クロも
みんな無事であった。安堵である。

 しかし、君津市内では風の影響で、
ハウスのビニールが破れたり、
中にはハウスが壊れてしまったりと
被害が多く見られているので、
“記録的な暴風”という気象庁の
今回の注意喚起は適格であった。
最近の八方美人的な彼らの言い回しに
ほとんどオオカミ少年の一歩手前で
あったから、汚名返上である。

 そして、何よりもJRが首都圏の
運行を早々に中止した決断が、
世間全体の事故の軽減に
貢献したように見える。
逆に言うと、万が一、平穏な台風と
なっていたならば、気象庁の責任問題に
発展しかねなかったという意味においても
緊張感のある珍しい台風であった。

 いずれにしても“責任ある”予報に基づいた
大胆な決断が功を奏したのであるから、
今後の災害回避のモデルケースになるか
と思う。
おかげで当園も備えの強化をしたのだから。

(皆様のご心配に心から感謝 by 農園主)


この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |