春の香りに
2018/03/31(Sat)
【写真】大粒のおいCベリー

 “おいCベリー”の大果が生り始めている。
明日のいちご狩りでお目見えする。
小粒がお好みの方々が多いことも
よく知っているが、是非お楽しみあれ。
寒い時期とは違い、酸味が増しているが、
それがその味わいを深めていると思う。
香りは、一層強く感じられるようだ。

(歓びの声とともに by 農園主)
この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“凍りいちご”始めました。
2018/03/30(Fri)
【写真】ポレポレ苺の凍りいちご

 暑くなってきた。
凍りいちごは、アイスとして
そのまま召し上がっていただける。

 その他の楽しみ方も色々。
少し溶かして牛乳と混ぜて飲むも良し、
野菜ジュースに混ぜるも良し、
もちろん、ジャム作りに
ご利用される方も多い。
これからの季節に是非ともお試しを。

(お早めに by 農園主)

この記事のURL | 凍りいちご | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (環境と性格 編)
2018/03/29(Thu)
 人見知りでマイペースだったポールが、
最近は、我々の後をついてくる。
体を触られるのが、いやでスッと逃げていたのが、
自分から頭やお尻を掻いてくれとおねだりする。
その仕草は、人懐っこいアランの
小さかったころによく似てきた。
いつもお手本のようにしているからだろう。
そして、皆さんが可愛がってくれている
おかげだと思う。
昨夏に農園に来た当時から見守ってくれている
ご近所の方々は無論のこと、
来園された方からも「アラ~ン、ポール~」と
声をかけてもらって、たいそう人気者である。
こうして、人が好きな性格にどんどん育っている。

【写真】スマホが珍しくてのぞきこむ子ヤギのポール

(可愛いいでしょ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親苗、始動
2018/03/28(Wed)
【写真】親苗を植えた白いプランターが並ぶ育苗ハウスの様子

 親苗たちをプランターに植えると、
わくわくする。
来シーズンはもっといい苗を
作ろうという思いが頭をぐるぐる巡る。

 半年ぶりに入る育苗用の
専用ハウスはとても懐かしく、
同時に身が引き締まる。

(6月以降はここが職場 by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プロジェクト“ポレドレ” ( 味のまとまり 編 )
2018/03/27(Tue)
 ポレポレ苺を使ったドレッシングを
作ろうと準備をしている。
試作で感じるのは、予想以上に
いちごの存在感があるということ。
舐めるだけだと、いちごの風味が
ほのかであっても、
野菜とともに食すると自己主張が強く、
野菜のおいしさを生かせていないように
感じることもある。
とても難しいテーマだ。

 尊敬するイタリア料理店「ペル・ポンテ」の
オーナーシェフに相談すると、
「味に “まとまり” をつけるために、
つなぎになる素材を混ぜてみますね。
多分、“ブラックベリー”か“カシス”が
上手く合うのではないかと思います。」
―なるほど。 
料理人はそういう組み立て方を
していくのですね。
「はい、とても楽しいですね。その時間は」

 美味しいものは、
理由があって、できていくのであり、
偶然ではないのである。

(貴重な経験である by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト “ポレドレ” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゆづきちゃんのショット(2018年)
2018/03/26(Mon)
【写真】ゆづきちゃんがいちごを持って満面の笑顔で振り向いたところ

 毎年、美人さんになっていく。
それもそのはず、4月からは
小学生になるのだそうだ。
ランドセルの色は、イメージ通り、
「ピンク色」
ゆづきちゃんは答えてくれた。
今年もご家族で来園いただいた。
当園を紹介する雑誌記事には、
決まって登場 してもらっているので、
ご存知の方も多いのではなかろうか。

 ご予約いただいた前夜の母子の会話は、
「ゆづきが、小学生になっても
ポレポレ農園に連れて行ってくれる?」
―もちろんよ。
「中学生になっても?」
―もちろんよ。

 その話を聞いて、高校生のお嬢さんと
父親が2人で仲良くご来園された方が
おられることを伝えると、
「パパと2人?いいよ。
 でもママもいっしょにね。」

(ずっと皆で遊びに来て by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( うたた寝 編 )
2018/03/25(Sun)
【写真】アランの後ろ脚を枕にぐっすり眠るポール

 春である。暖かい日差しに彼らも眠くなる。
アランの小屋の中で、寄り添って寝ている。
ポールは、前脚だけでなく、
首まで投げ出してぐっすり寝ている。
アランの後ろ脚を枕にして。
ヤギらしくなく、なぜか寝相がたいそう悪い。
アランは、この時はポールが寝ているので、
ウトウトはしているが、
上半身は起こしている。
一応、周囲に警戒をする本能だろうか。
本気で寝るときは、身体を丸めて
上品に?寝る。
個性の違いがそういうところにも出るのが、
面白い。
ポールが加わって色々なことを知る機会が
増えた。

(自分たちも眠いかも。。。 by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新顔
2018/03/24(Sat)
【写真】到着したばかりの2018-19シーズンの親苗

 来シーズンの親苗がとどいた。
もうそういう季節である。
これからの2ヶ月は、
今シーズンと来年のための準備の
両方の仕事が始まる。
忙しいのは間違いないが、
それが楽しくもある。
多分、次に進むという実感があるから
なのだと思う。

(仕事は尽きない by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苦しい時の、、、
2018/03/23(Fri)
 「直売のいちご、まだありますか?」
地元のお客様から電話があった。
開園当初からご来園いただいているご家族。
「実は、息子が体調をくずして寝込んでしまって」
― それは、大変。
電話を受けた嫁さんもアタフタしている。
「食欲がなくて。 でも、ポレポレのいちごが
食べたいっていうので。。。」
― そうですか、是非ご準備させてください。

 お子さんの体調は心配だが、
苦しい時に思い浮かべてくれたのが、
いちご。
元気になって是非また遊びに来てほしい。

( ハヤト、頑張れ by 農園主 )

この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
父と娘と
2018/03/22(Thu)
【写真】りのんちゃんがいちごを見つけたところ

【写真】りのんちゃんがパパからいちごの採り方を教わっているところ

 初めていちご狩りに来園された
ご家族の様子。

「いちごは、こうやって、とるの?」
「そうそう、優しくね。」
「こう?」
「そう、上手だね。」

 お父さん と りのんちゃんの
仲の良い会話が聞こえてくる。
食物、そして植物を大事に扱うことを
自然と学ぶことができる。
そういう機会にできるのは、
ご両親のお子さんへの接し方次第。
そう感じさせられる。

(遊びも学びも by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プロジェクト “ポレドレ”( 始動中 編 )
2018/03/21(Wed)
 いちごを使ったドレッシングを作りたいと
昨年の夏からずっと考えている。
自分が野菜を食べる時に楽しめるものを
なんとか作れないものかと。
野菜を引き立てつつ、食欲がどんどん増す
そんな奇跡のような相性を持つ
ポレポレ農園のイチゴを使ったドレッシング。
”ポレドレ”が目標である。

 館山市の工房に相談をして試作を重ねている。
出汁は昆布がいいのか、カツオがいいのか。。。
旨味をどう考えるかというテーマである。
悩んでいたところ、
「それらにこだわらない考え方もありますよ。」
大ファンのイタリア料理店“ペル・ポンテ”の
オーナーシェフがそうアドバイスをしてくれる。
なるほどと思ったものの、
ますます、わからなくなるのであった。

(絶品へ向かって by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト “ポレドレ” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レンニュウって、、、
2018/03/20(Tue)
「予約したものですが、練乳って、、、ありますか?」
ご予約をいただいた女性からお問合わせの電話。
― ハイ。ご用意してあります。
でも、もし、お好みのものがあるようでしたら、
持ち込んでいただいても結構ですよ。

「あのぉ、何度もすいません。」
先ほどの方からの再電である。

「練乳って、、、おかわりできますか?」
― 大丈夫です。おかわりは自由ですよ。
「ホントですかっ。ありがとうございます」

 練乳好きの方は少なくないので、
こういうご質問は決して珍しくない。
ただ、作り手としては、
いちごを食べていただく時に
まずは、練乳を付けずに素材そのものの
味覚をじっくりと感じていただきたいとも
思うので、そうおすすめしてる。

(楽しみ方はいろいろ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミステリーツアー
2018/03/19(Mon)
 「今日が彼女の誕生日だったので、
サプライズで、ミステリーツアーのように
黙って連れて来ました。」
東京から君津まで何も知らされずに
当園まで来て、初めてのいちご狩りに
びっくりの彼女。

 帰りには、とても楽しかったという笑顔に
彼氏はもちろんのこと、
その話を聞いた我々も
ほっと胸をなでおろした。
ちなみに、彼氏の苦労話。
決行日は決まっているにもかかわらず、
当園は、2日前まで
開園するかどうかがわからない。
その上、予約が混み合うこともあるので
電話がつながらない可能性も。
彼にとってもミステリーツアーだったようだ。

 ともかく、大事な日の一助になれたことは、
大変光栄で嬉しいことである。

( 続きもきっとサプライズが? by 農園主 )


 
この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
常連さんもお初の方も
2018/03/18(Sun)
 リピーターの方が多いということは、
商売をされている人なら誰にとっても
嬉しいことであると思う。
当園ももちろんそうである。
しかし、誰でも初めは“いちげんさん”だ。
そういう方々がリピーターになってくださる。
潜在的なお得意様を継続的に迎えることが、
長く営業を続けるためには大切なことである。
目が肥え、舌の肥えたリピーターの方々にも
そして、初めての来園の方々にも、
その期待を上回る感動をしていただきたい。
生半可な覚悟では到底できない厳しいことだ。
だからこそ、挑戦していきたいと思う。
明日のいちご狩りは、初めての方々が
珍しく9割も来園される。

(とっても楽しみである by 農園主)

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
来年のシーズン、幕開けへ
2018/03/17(Sat)
 春らしい爽やかな天気。
この時期からいちご狩りに行きたくなる方は多く
春休みまでの期間はとても混み合うことが
おかげ様で増えてくる。
同時に、いちごを育てる立場としては、
この時期から来年のシーズンの準備が始まる。
まさに今日は、いちご狩りのお客様を
見送った後に、プランターに土入れを始めた。
来シーズンの親苗を迎えるためのもの。
今月中には到着する予定である。

【写真】育苗ハウスに並んだ親苗用プランター

 アランとポールも育苗ハウスの近くまで
いっしょに連れて行ったので、
青々とした新しい草を堪能していた。

(次がいよいよ始まる by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の味覚
2018/03/16(Fri)
【写真】まだまだ大粒の“かなみひめ”

 “かなみひめ”の調子が止まらない。
大粒から中くらい、小さな粒まで、
たっぷりと実を生らしている。
明日、土曜日のいちご狩りで、
お楽しみいただける。

(祭りはまだまだ続く by 農園主)

この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( 2018年お目覚め 編 )
2018/03/15(Thu)
 3ヶ月間の冬眠から、
クロとトラを起こした。
気温が急に上がったので、例年よりは
1週間ほど早い。
いつもは、目覚めてからしばらくは、
ぼんやりとしている2匹なのだが、
新しい水を入れるとスイスイ泳ぎ始めた。
どうやら少し前から起きていたようである。

【写真】久し振りの太陽の光を見上げるカメのクロとトラ

 今年も無事に元気な姿が見られて
ほっとしている。
子供たちの人気者が帰って来た。

( 休養充分で by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シルバー・ホワイトデー
2018/03/14(Wed)
 ホワイトデーの贈り物に
いちごをお買い求めになる。
そういう地元の方が増えてきた。
毎年続けてきた結果であり、
とても手ごたえを感じている。

 いちご狩りは、いつもより若いカップルが
多くなるのが恒例である。
そういう中で「シルバー2人で伺いたいのですが」
とご予約をいただいたご高齢の夫婦。
いちご狩りは初めてだったそうだが、
陽気もいいし、奥様がいちごが食べたいということで、
ネットを調べて当園を見つけてくださったそうだ。
帰り際にお声をかけると、
「とても楽しかったわ」と奥様。
ご主人の嬉しそうな顔がとても印象的であった。

(また素敵な企画を by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひと息ついたら
2018/03/13(Tue)
 毎朝、暗いうちに家を出て農園に向かう。
寒い時期は真っ暗で月明かりが
眩しいくらいだったが、このごろは、
少しずつ日の出が早まっている。
ふと庭先に目をやると、
椿の花が散って、赤い絨毯のようになっている。

【写真】庭に咲いた椿の花が散った庭の様子

 バタバタの日常に、立ち止まった時間。

(いい空気である by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハダニ博士
2018/03/12(Mon)
 天敵を販売しているメーカーに
ユニークな方が入社され、訪問いただいた。
ハダニの研究歴50年の博士。
ちなみに、天敵であるカブリダニを初めて
日本に輸入したのは、森鴎外の孫の
森樊須(もりはんす)氏である。
その先生に師事された後、農水省の研究所で
生態の研究を続けてきたそうで、
ハダニの天敵研究の第一人者である。
退任されて、いちごの生産者巡りの仕事を
引き受けたそうである。
観察するための独自のルーペを付けて
葉の裏側を見るスピードが、兎に角、速い。
是非とも、勉強会をとお願いした。

(面白い話がきっと聞けるはず by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一年に一度
2018/03/11(Sun)
 先日、いちご狩りに来園いただいた
ご家族から楽しいメールが届いた。

「一昨年に初めてお伺いしてから
三度目になりました。
うちの長女(8歳)はフルーツ全般が嫌い
(特にミカンとイチゴはケーキに入っている
スライスですらほじりだします)なのですが、
ポレポレ農園さんのイチゴ狩りには行く!
といい、しかもたくさん食べてる!!。
おいしーい!みたいな反応は無く、
黙々とイチゴを食べるのですが、
一年に一度フルーツを食べる貴重な写真が
今年も撮れました。
二女(5歳)はイチゴ大好きで、
おいCベリーがお気に入りで
練乳無いほうがいいと大人な発言。
また来年、電話頑張って伺います(^-^)/
ごちそうさまでした。」

 仲のよいご家族の雰囲気が感じられ、
微笑ましい。
お嬢さんたちそれぞれが個性的で最高である。

(是非、またご来園を by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポレポレ・タイム
2018/03/10(Sat)
 ハウスの中にはいくつかベンチが並べてある。
いちご狩りの時にご利用いただくために。

 そこに2組のご家族が座っておられた。
お話を伺うと、1組は4年ぶりのご来園。
毎年この時期にいちご狩りに行かれるそうだが、
当園の予約がいつも取れなかったと。。。
もう1組は、なんと先週に続くご来園であった。
電話予約の不思議さ?であろうか。
両家族ともに “かなみひめ” を堪能されたご様子。
おだやかな表情をして談笑しておられた。

(いい風景だなぁ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピカーと
2018/03/09(Fri)
 予想外の長雨には、ほとほと気が沈む。
アランも、小降りになると小屋から出てきて
大声で鳴き叫ぶ。 外で遊びたいからだ。
ポールは、雨が本当に嫌いなので、
そういう時も小屋の中から顔だけを出して、
小さな声で呼んでいる。

【写真】ピカピカの“やよいひめ”

 写真は、そんな天気のもとで撮ったもの。
“やよいひめ”である。
その艶やかな表情に元気が出る。

(日曜日のいちご狩りで by 農園主)

この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨の再来園
2018/03/08(Thu)
 ご年配の女性の方が雨の中、来園くださった。
数日前に初めていちごを購入されたことを
記憶していた。
宅配のことを聞かれたからである。
しかし、3月に入って気温が上がり、
いちごが傷つきやすいので、
宅配のご注文は終了したことを
その時にお伝えした。

 のだが、宅配の赤い伝票を持っての再来園。
「やっぱり、宅配はもう無理ですか?」
― ごめんなさい。
  せっかくのいちごが傷むと残念なので。
「そうよね。。。大事に育てているものね。。。
 この前食べててわかったわ。 
 優しい味だったから。」

 胸にしみる言葉であった。
ちなみに、宅配は来年に
注文していただけることになった。

(ありがたい by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( いらっしゃ~い春 編 )
2018/03/07(Wed)
 お客様がお帰りになった後、
アランとポールが、大きな声で
呼ぶようになった。 メエ~、メヘ~。
アランフィールドの柵から外に出たいのだ。
季節はしっかりと進んでおり、
農園の土手は、いつの間にか、
茶色から少しずつと緑色の雑草が
ちらほらと増えて景色が変わってきている。
それを彼らが見逃すわけがない。
懸命に食べ続ける姿は、
ホントに健気である。

【写真】土手の草を一生懸命食べ続けるアラン

【写真】土手の草を食べている途中でこちらを見上げるポール


( 春をすでに満喫 by 農園主 )


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平日の“かなみひめ”祭り
2018/03/06(Tue)
【写真】大粒の“かなみひめ”が並んだいちごハウスの様子

 “かなみひめ”の2番果が絶好調である。
この数日の春のような陽気にどんどんと
調子を上げている。
おぉ、という驚きの声を上げていただきたい。

(お楽しみあれ by 農園主)

この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
風雨のハッピー・マンデー
2018/03/05(Mon)
 最近の月曜日は、
直売にご来園いただける方が増えて
朝には完売してしまうこともある。
「何とか追加でできないですか?」
今シーズンから直売に
時々ご来園いただくご夫婦。
東京の息子さんのお宅へ出かけるそうだが、
お嫁さんがいちごを主食にしている
というほどの大好物なのだそうで、
「当園のいちごを買ってきてほしい」と
電話をもらったそうである。

 いつもできることではないのだが、
明日の収穫予定分の中に
予想より早く熟した実があったので、
追加で収穫し、ご準備させていただいた。
「私の面目が立ってよかったですよ」
満面笑みのお父さんであった。

(道中、気を付けて by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の味へ
2018/03/04(Sun)
 季節の変化に応じて、
いちごはそれぞれの品種で味覚が
変わってくる。
“おいCベリー”は、冬の寒い時期は、
酸味が少なく、糖度が高いのだが、
春になってくると酸味が効いてくる。
ビタミンCが豊富に含まれている所以である。
それが、気温の高い季節には
爽やかな風味となり、お気に入りの方も多い。
当園のリピーターの方々が、
冬と春に来園されるのは、
それをご存じだからだと思う。

【写真】“おいCベリー”の赤い実と白い花

(変化も楽しみのひとつ by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポレポレ・アート
2018/03/03(Sat)
【写真】当園HPのスタッフ紹介写真を模写したトールペイント(アランとポールの拡大したもの)

「どうしても作りたくなっちゃってね、
勝手に作ったの」
ご近所の方が贈ってくださった。
アランとポールの毛の描写などは、
繊細で、とても美しい。
HPの写真をご覧になって、
創作意欲が湧いたそうである。
その後もアランとポールをじっくりと
じかに観察されていたそうなので、
リアリティは本物である。
作品をご覧になったいちご狩りのお客様は
一様に「素敵~」と驚かれる。
我々の顔まで登場してしまったのは、
少々気恥ずかしいのだが。

【写真】当園HPのスタッフ紹介写真を模写したトールペイント

(そこは目をつむって by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弥生の季節
2018/03/02(Fri)
 3月である。
ますます“やよいひめ”が調子を上げている。
これから5月までは得意な季節なので、
しっかりとした果肉に独特の風味が増す。
日曜日のいちご狩りには、
たっぷりとご堪能いただける。
ヘタのところにひび割れが入るのが、
完熟のサイン。
リピーターの方々は、この一見すると
傷のように見える果実を探しまわるのである。

【写真】ヘタの下部分にあるひび割れが完熟のサインである“やよいひめ”

(見つけて by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>