FC2ブログ
3大テーマパーク?
2018/02/28(Wed)
 沖縄から東京にご旅行中のご家族が、
なんと当園のいちご狩りに来園くださった。
3歳になったばかりの孫娘さんがとても
愛らしく、ご家族の中心にいる。
「いちご、いちご、や~ぎ、や~ぎ」
笑顔の絶えないご家族である。

 ご旅行の初日は、ディズニーランド、
翌日は、ポレポレ農園、そして、上野動物園、
というプランだそうだ。
そこに食い込んだ? いえいえ。
ミッキー、シャンシャン、そして、アランとポール。
お嬢さんは動物が大好きなのだそうだ。

(また、会おうね by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正々堂々と
2018/02/27(Tue)
「君も大人になっていくと、
よい心がけを持っていながら、
弱いばかりにその心がけを
生かし切れないでいる、
小さな善人がどんなに多いことか
ということを、おいおいに
知って来るだろう。
世間には、悪い人ではないが、
弱いばかりに自分にも他人にも
余計な不幸を招いている人が
決して少なくない。
人類の進歩と結びつかない
英雄的精神も空しいが
英雄的な気概を欠いた善良さも、
同じように空しいことが多いのだ。
君も、いまにきっと
思いあたることがあるだろう。」
(「君たちはどう生きるか」吉野源次郎著)

 自己主張する時には、
必ず責任をともなうもの。
それがない場合は、二枚舌である。
時には他人に嫌われようが、
正々堂々とありたい。

(容易ではないけれど by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駆け込み需要
2018/02/26(Mon)
 「まだ、いちご買えますか?」
あせったように入って来られた若い男性。
「昨日、初めて1パック買って帰ったのですが、
食べてみたら、どうして、もう1パックを
買わなかったのかって、後悔して。。。」
― 気に入っていただいて、ありがとうございます。
「びっくりしましたよ。
もしかして、練乳で育ててたりします?」
楽しそうに笑う方であった。

(効き目あるかな? by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一番って?
2018/02/25(Sun)
「いちごって、
どう食べるのが一番おいしいですか?」

 素朴な質問を時々いただくことがある。
そのままで召し上がっていただくのが、
一番いいと思っている。
練乳などをつけることなく、
いちごそのものの味と食感と香りを
楽しんでいただくことが。

 その思いは変わらないのだが、
このタルトもありだ、と思った。
“ペルポンテ” の “いちごタルト” である。
当園のいちごを使っていただいている。
生地はバターだけで砂糖を使わない。
だから、いちごの素材を
うまく生かしておられる。
こういう食べ方もいいなぁ、と
生産者を単純にそう感動させてくれた。

【写真】君津・ペルポンテのデザート「ポレポレ苺のタルト」

(魔法のように by 農園主)

この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポールのカタチ
2018/02/24(Sat)
 お客様からプレゼントをいただいた。
小学校に上がって間もない女の子から。
ポールのアイロンビーズである。

【写真】お客様手作りのポールを模ったアイロンビーズ

 HPの写真を見て、
首輪の色がアランの赤と違って
緑色であることをお父さんが見つけ、
直したという手の込んだものだ。
ポールに見せたいが、
多分かじってしまいそうなので止めたが、
初対面は楽しそうであった。

「次はカメだね~」
そう言って次の作品へのイメージを
膨らませている様子であった。
春に登場する2匹のカメがいることも
知っている。

(楽しみにしているよ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宅配、閉幕へ
2018/02/23(Fri)
 宅配のご注文の受付を終了させて
いただいた。
毎年、少しずつご注文のトレー数が
増えていることに感謝するとともに
継続の重要性を実感している。
写真は、毎年ご注文いただくお客様から
喜びの声とともにいただいた。

【写真】いちご宅配のお客様に撮って頂いた白いお皿に並んだポレポレ苺

 今シーズンの特徴のひとつは、
初めていちごを送られた方々の中から
“おかわり”のご注文をいただけたこと。

(これは相当嬉しい by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
結構な大粒
2018/02/22(Thu)
【写真】二番果の超大粒 “かなみひめ”

 “かなみひめ”の二番果が始まった。
頂果が赤くなり始めている。
このジューシーで上品な甘み。
一番果とはまた少し違った味覚になる。
ちょっと変わった形になるのも、
この品種の特性。
土曜日には、いちご狩りで
お楽しみいただける。

(皆さまを驚かせたい by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
求道
2018/02/21(Wed)
 スピードスケートで金メダルを獲った小平選手。
浮ついたところのない独特の雰囲気を放つ。

「アスリートとして自分自身を表現する言葉を
3つ教えてほしい」という問いに、
「求道者、情熱、真摯」
と答えている。

 求道? 多分これまでの人生で黙読したことは
あっても、自分の言葉として発したことはない。
真理や宗教的な悟りを求めて修行すること。
ストイックな姿勢がよく分かる。
しかし、もう1度3つの言葉を読み返してみる。
すると、仕事をしている人なら誰でも共感できる
的確な表現を選んでいることに気が付く。

(語彙力も天才的だ by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
皆さまがプロ農家?
2018/02/20(Tue)
 もう何年も前から来園してくださっている
若いお二人。
「周りの人にポレポレさんを
宣伝し過ぎているせいか?
週末の予約がとれなくなって
困っていますよ。」
苦笑いをしながら、平日に来園くださった。

「いちごもきれいだし、ハウスもトイレもね」
―ありがとうございます。
でも、それは全て
お客様のおかげなのですよ。

「そういえば、自分たちも初めよりいちごの
摘み方がずいぶん上手くなったような
気がしますね。」
―そうでしょ、
もはや、プロのいちご農家レベルですよ。
だから、いつも果実はピカピカなのです。


【写真】ピカピカのいちごがぶら下がっている本圃ハウスの様子
( photo by よしの )

(おかげ様で by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サクサク
2018/02/19(Mon)
 固定電話の回線が受付ハウスに開通し、
先週末は初めてのご予約の受付であった。

 結果は、それまでのケータイとは
比較にならないほどの安定性。
サクサクつながる。
混線することもなく、無音になることもなく、
順調にご予約をお受けできた。

「めんどくさがらずに予約して
よかったと思いました!
赤い大粒のイチゴを好きなだけ食べられるので
今までのイチゴ狩りの中で一番満足しました!」
嬉しい書き込みもいただいた。

 ちなみに、偶然にも土、日曜日ともに
受付終了の所要時間は、23分。
週末は、20分~30分くらいが目安になりそうだ。
皆様にお手間をおかけすることに変わりはないが、
その時間が多少なりとも短縮できたのではないかと
嫁さんと胸をなでおろしている。

(どうぞ面倒くさがらずに by 農園主)

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひと時の至福
2018/02/18(Sun)
 当園のいちご狩りに
初めてご来園いただいた方が帰り際に、
「私は前から、“紅ほっぺ”が大好きなの。
こちらのは史上最高だったわ、ホントに。」
息子さんと頷きながら褒めてくださった。

 まだまだ実力不足なのは、
自分たちがよくわかっている。
それでもお世辞とは言え、
元気の出る励まし。
そう、褒められて伸びるタイプである。

(今宵は酒の量が増えそうだ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (ヤギのペース編)
2018/02/17(Sat)
 少し暖かくなってきたせいか、
朝のアランとポールの機嫌がとてもいい。
ポールがアランの尻尾を噛んだり、
背中に前脚を乗っけたりして誘うと、
アランが尻尾を振って応える。
2頭で飛んだり跳ねたり。
追いかけっこをして遊び始める。
時には、頭突きをして押し相撲も。

 そして、遊び疲れると、
ぴったりと寄り添って、うとうと。
本当に仲が良くて、見ていて癒される。

【写真】アランとポールが寄り添って座っているところ

【写真】アランのお腹に顔をうずめたポールをアランが優しく見つめているところ

(こっちも少しゆっくりしないと by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅ほっぺ祭り
2018/02/16(Fri)
【写真】真っ赤に色づいた“紅ほっぺ”の頂果

 “紅ほっぺ”の2番果が始まっている。
シーズンに何度かしか生らない頂果は、
大きくとても味わい深い。
特にこの時期は酸味が少ないので、
甘みを純粋に感じやすい。
今週末のいちご狩りで、
たっぷりとお楽しみいただける。

(店頭でも販売中 by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
開通の日
2018/02/15(Thu)
 固定電話の工事が本日終了した。
田んぼの真ん中まで、
電話線を何百メートルも引いてきて、
受付ハウスの裏に電柱を立てて。。。
NTTの迅速かつ親身な対応には、
とても助けられ、感謝している。
明日から始まる今週末のご予約に
何とか間に合った。
ご予約の電話番号が
変更になっているので、
くれぐれもご注意を。

【写真】新しく設置した2台の固定電話

(新調の電話機でスタンバイ中 by 農園主)

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレンタインって。。。
2018/02/14(Wed)
「スーパーに行ってね、
チョコレート買おうかと思ったら、
あっ、て思い出したの。」

 そう言って、ご来園いただいたお母さん。
こういう奇跡のようなことが
何人にも起きることが時にはある。
店頭は期待以上の賑わいで、
嫁さんは大忙しの一日。

【写真】店頭ワゴンに並んだいちごのパック

 休まずに店頭で販売を続けること。
地元の皆さんに少しでも認知して
いただけるようになったことが、
とても励みになっている。

( 嫁さんはチョコを買い忘れていたが by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残り2週間
2018/02/13(Tue)
宅配用のいちごトレー(紅ほっぺの超大粒8粒)

 二番果の果実。
好天に恵まれて、充実した実を増やしている。
おかげ様で、宅配のご注文も順調に
発送が進んでいるので、
お待ちの方々へ近日中にも
お届けできると思う。

 例年であれば、そろそろ打ち切りとなる
ご注文数なのだが、
今年はもう少し増やせそうだ。

「一度は食べてみたかったのよね」とか
「おかわりしたい」とか、
そういう方々には絶好のチャンス。

 ただし、3月になると気温が上がり始め、
いちごの輸送には適さないと考えているので、
発送は2月中まで。 残り2週間である。

 HPの 「いちご宅配のご案内」 から
ご注文いただける。
名前とメールアドレスを入力すれば、
こちらからご注文フォーマットをお送りするので、
ご住所を記入いただくだけである。

(今なら間に合う by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お客様からのメール
2018/02/12(Mon)
「1月になってから
待ちに待ったいちご狩りですが、
予約が毎回とれません。
皆さん、同じ状況だとは思いますが
とても 寂しいです(笑)
また、めげずにチャレンジしていきます!
早く 皆さんに会いたいです!」

 いちご狩りのご予約については、
ご不便をおかけして、
大変申し訳なく思っている。
特にこの3連休は受付用のケータイ電話に
受電が集中したことによる障害があり、
混線してご迷惑をおかけしてしまった。
回線については、先日ご報告したように
NTTの回線と電柱工事を
進めてもらっているので、
近日中にカイゼンできるものと期待している。

 一方で、農園は小さなものなので、
ご入園いただける人数には限界がある。
その点はご了承いただきたい。
規模を拡大することは、念頭にない。。。
面積を増やすことよりも大事なことは、
“どれだけ長く皆さまから
愛し続けていただけるか”
嫁さんといつも話しをしていることである。
時間軸を意識して運営して行きたい、
そう考えている。
そのためには、ポレポレ精神として、
“公平性”が担保された運営を続けることが、
皆さまからの信頼をいただける第一歩だと
思っている。

(温かいお客様に支えられて by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2月の連休いちご
2018/02/11(Sun)
 明日のいちご狩りは、
“紅ほっぺ”“おいCベリー”と
“やよいひめ”。
前2品種は、2番果の大きな粒が
生り始めている。
“やよいひめ”は食べやすい中粒が
ズラリという感じ。
きっと皆さまに喜んでいただけるはず。

(ご期待以上に by 農園主)

この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誕生パーティー
2018/02/10(Sat)
 北海道から宅配のご注文を
毎年いただく方から、
嬉しい記事を投稿していただいた。

「今年もポレポレ農園のイチゴを頂いた。
毎年のことながら大きく甘く
格別に美味しかった。
今年は誕生日の近い家族のお祝いも
一緒に行った。
ケーキは手作り。
イチゴはあっという間になくなった。」

【写真】ポレポレ苺で飾ったバースデーケーキ

 ご家族の皆様がいちごとケーキを
楽しそうに頬張る姿が目に浮かぶ。
ポレポレ農園も参加させていただけたこと、
とても光栄である。

(来年も是非 by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次のお楽しみ
2018/02/09(Fri)
【写真】“紅ほっぺ”二番果の頂果

 “紅ほっぺ”の二番果が始まっている。
この頂果は、知る人ぞ知る。
大きさとその奥深い味覚。
宅配で一度ご注文いただいた方々から
必ず毎年ご注文をいただいているのは、
そういうわけだと思う。
明日のいちご狩りでは、ご堪能いただける。

(歓声が聞こえてきそうだ by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
電話のカイゼン
2018/02/08(Thu)
 受付ハウスの裏に電柱を立ててもらった。
正確に言うと、
電話線を引き込むための柱である。
ご予約の電話がかかりにくく、
皆様には大変お手数をおかけしている。
その改善策のために
頭を悩ませているのだが、
結論として、ケイタイ電話では
どこの会社であっても、
一度に集中する受電への
対応能力には限界がある。
混線などの少ない安定性という点では、
有線電話に優位性があるそうだ。

 何とか皆様へのご負担を減らしたい。
NTTにも当園の事情をご理解いただいて、
田んぼのど真ん中まで
電話線を引いてもらっている。

【写真】ベアハウス近くの電柱から電話線を引き込む工事の様子

【写真】受付ハウス裏に建てられた電話線専用の電柱

(来週中を目標に作業進行中 by 農園主)

この記事のURL | カイゼン | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ランチの王様 (モッツァレラチーズのトマトソースパスタ in ペルポンテ)
2018/02/07(Wed)
 待ちに待った店がオープンした。
市内の人気イタリアンで
店長をされていた方が
満を持して独立、開店したイタリアン。
オーナーシェフとなった彼が
自由に腕を振るうのだから、
これ以上の楽しみと喜びはない。

 ランチは6種類のパスタから選べる。
どれも手の込んだ逸品で順位はつけ難い。
お世辞抜きに。
あえて申し上げるならば、
個人的なおすすめは、
「モツァレラチーズのトマトソースパスタ」。
シェフご自身が15年前に修行していた
横浜のお店に伝わる伝説のトマトソースを
ベースにしているそうだ。
仕込みは、数日間に分けて
6時間以上かかるという。

【写真】君津・ペルポンテのモッツァレラチーズのトマトソースパスタ

 パスタとトマトソースとモツァレラの
絡み合いが絶妙。
アクセントのバジルもいい。
さらに、毎朝焼くフォカッチャに
ソースをつけ始めると、
お皿はあっと言う間に
きれいになっているはず。

(幸せにしてくれる by 農園主)

※ 農園から車で約7分。
※ 公式ホームページ : https://italian-restaurant-1048.business.site/

この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2人の姫
2018/02/06(Tue)
 明日のいちご狩りは、
珍しい組み合わせになる。
“やよいひめ”と“かなみひめ”だ。
人気の品種の組み合わせである。
ご来園経験のある方は、
お分かりかも知れないが、
それぞれのハウスは少し離れている。
多少のご不便はあるが、明日は平日で
ご入園人数も限定的なので、
混乱なくお楽しみいただけものと思う。

【写真】“やよいひめ”が実っている様子

(平日ならではの企画 by 農園主)


この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大事な代休の使い方
2018/02/05(Mon)
 平日のいちご狩りにもかかわらず、
小学生のお子さんを連れたご家族が多かった。
聞けば、近隣の小学校で授業参観日の
振替休日になっていたそうだ。

【写真】いちごハウスの様子
 ( photo by よしの )

 毎年来園くださる方が打ち明けてくれた。
「どこでも好きなところに、連れてくよ。
どこがいい?って息子に聞いたらね、
ポレポレに行きたいって。
おかげで私も楽しめたわ。」

 ディズニーランドでもマザー牧場でもなく、
日光の忍者屋敷でもなく(最近のお気に入りらしい)、
当園を選んでくれた。 身に余る光栄である。

(調子に乗ってしまいそうだ by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バトンを次に
2018/02/04(Sun)
 いちご狩りの予約がいっぱいになると
有難いことにキャンセル待ちをする方々が
並んでくださる。
キャンセルが出ることは少ないのだが、
この時期のようにインフルエンザや
風邪が流行っていると、
お子さんの急な発熱ということが時々ある。

「夜分にすいません。予約したものですが、
子供の熱が下がりそうもないので、
また次回にいたします。
もう少し早くお電話できなくて
本当にすいません。」

 お父さんから、キャンセルの
ご連絡を受けた。
一番楽しみにしていたのは、
お子さんのはずだ。
親御さんなら、ギリギリの翌朝まで
様子をみたいに決まっている。
それが人情である。
しかし、代わりに行けるご家族が
いることも、知っていてくださる。
自分のことだけではなく、
人のことを思いやる優しさ。
この仕事をしていると、
感動することばかりである。

(当園の誇りだ by 農園主)

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かなみちゃん
2018/02/03(Sat)
【写真】“かなみひめ”が実っている様子

 寒さにも負けず、
“かなみひめ”がいい感じに熟している。
明日のいちご狩りで楽しんでいただける。
ジューシーで、上品な味わいを
ご堪能いただければと思っている。

 店頭でも少しばかりだが、販売用のパックも
ご準備する予定である。

(是非、お試しを by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
航平ヘア?
2018/02/02(Fri)
 久し振りに美容院へ散髪に出かけた。
ここ最近は、いつも嫁さんが切ってくれていた。
農園の広々とした大地で散髪をするのは、
結構気持ちがいいものなのだが、
忙しくなったので、しぶしぶと出かけた。

 近所のお店で、店の前を通りかかる度に、
いつも丁寧にお客様を見送りしている
店員さんの姿が印象的だったので訪れてみた。

 入口のドアの前で、散髪を終えた
若者にすれ違う。
体操の内村航平みたいなヘアスタイルだ。
― 予約していないのですが、切ってもらえますか。
風変りなオジサンに困る様子もなく、
「大丈夫ですよ。 カットならすぐに」 と
丁寧に受け付けてくれる。 期待通りだ。

 鏡の前で待っている間、隣では
若い男の子が仕上げに入っている様子。
その店員の対応がとてもきめ細かい。
「前髪はどこまで切ります?
まつ毛と眉毛の間より下でいい?」

 そこまで考えたことはない。
「どれくらいお切りしますか?」
― 全体的に2ヶ月くらいでお願いします。
「横と後ろはこんな感じで、いかがですか?」
何やらモデルの写真を見せてくれたが、
やっぱり内村航平だ。
― 。。。。はい、お任せします。

 仕上げのワックスをつけると、
“シルバー”の内村航平が出来上がっていた。

(やっぱり無理があるかな by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2度目の雪に備えて
2018/02/01(Thu)
 また、雪の予報が出ている。
先週ほどには積もらないと言われているが、
降雪時間が長引きそうなので、
土曜日のいちご狩りは休園にさせていただく。
ご予定いただいていた方々には大変申し訳ない。

 開園は、日曜日と月曜日になる。
月曜日は、あまり開園できていないので、
喜んでいただける方も多いのではないか、とも
期待している。

(それでも足元にご注意を by 農園主)

この記事のURL | 台風・大雪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |