3つのなぜ
2013/04/30(Tue)
 夕刻前、受付ハウス内で仕事を終えて友人夫婦と談笑していた。
そこへ小学生の女の子が、モジモジしながら入って来る。

「あのぉ、インタビューしてもいいですか?」
雑誌やラジオの取材経験はあるが、この手は初めてだ。
近所にある貞元(さだもと)小学校の5年生。
「貞元自慢」について調べるのが宿題で、
当園を選んでくれたというから、頑張って協力しようではないか。

「なぜ、この土地を選んだのですか?」
「なぜ、4つの品種を作っているのですか?」
「なぜ、アランはいるのですか?」

 いい質問ばかりだ。
「陽当たり、おいしい水と空気があって、イチゴの成長(光合成)にいいから」
「いちご狩りに来た時に楽しかったでしょ。色々なイチゴの味があって、だから。」
「草刈りを手伝ってもらいたいから」

 懸命に彼女はノートに書き留めていく。
出来栄えには満足そうであった。
「発表する日に授業参観に行ってもいい?」 聞いてみたが、
「う~ん、無理かな」 にべもない。

( 先生、花まるを by 農園主 )


この記事のURL | 地元の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
走って?
2013/04/29(Mon)
 「連休なので、昨日も渋滞が大変だったようです」
予約の皆様には、念のためお知らせしている。

 「大丈夫です、近くなので。走っていきますから」
冗談だと思ったが。。。
開園時間を少し過ぎた頃、本格的なランニングスタイルの
ご夫婦が入って来た。
 「ごめんなさい。暑くて予定より少し遅れちゃいました。
でも、いちごがご褒美なので楽しかったです」と奥様。
本当に走ってきた。
5㎞の距離を走って、いちご狩りに来られたのである。
実は、我が家のご近所がスタート地点だった。

 市民ランナーは、マラソンをサブ・フォー(4時間以内)で走ることが、
目標であり、憧れである。
このご夫婦、主人は2時間台、奥様は3時間台。
スーパーカップルであった。

 「やよいひめが美味しかった」
そう言って、やっぱり、二人で走って帰るのであった。

[写真]いちご狩りのお客様が走って帰られるところ

 ちなみに、ご主人は剣道部だったそうだ。
「最初は遅かったから。。。段々速くなるのが楽しくなって」
やる気を起こしてくれる。

( 走って?通勤 by 農園主 )



この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Fun to Drive?
2013/04/28(Sun)
 予想以上の渋滞になってしまったようである。
特に東京方面からは、首都高~アクアラインで事故もあったと聞いた。
予定より遅れて到着される方が多数おられた。
 「5キロ進むのに、3時間かかりました。。。」
到着してため息をつくお母さんの脇では、
 「いちごぉ、、、(まだある?)」
小さなお嬢さんがつぶやく。

  朝一番よりは、さすがに実の数は少なくなってはいたが、
皆さん笑顔でハウスから出てくる。
そして、アランと仲良く戯れ、最近準備したシャボン玉で
楽しそうに歓声を上げる。

 「帰りですか?また混んでいるでしょうけど、大丈夫ですよ。。。
  運転するのは私ではないですからねっ」
この日のお母さん達の決まり文句であった。

( 頑張れ、お父さん by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
逆さ三舟山
2013/04/27(Sat)
 風のない穏やかな早朝。
田んぼの水面に三舟山が映える。
忙しくなる連休を前に仕事を忘れ、しばし佇む。

[写真]田んぼの水面に映る三舟山

 GWの天気は晴天での幕開けとなったが、
交通渋滞は各地で激しいと聞く。
ここ君津まで来ていただければ、喧噪を忘れ、
のんびりお過ごしいただける。

( ポレポレ by 農園主 )


この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
木柵工事
2013/04/26(Fri)
 来園いただいた方はご存知だが、
当園の受付ハウスから南側の3連棟のハウス(ベアハウス)へ
向かうには、道路脇を5mほど歩いていただく。
車の通りは多くはないが、子供の飛び出しをいつも心配している。
来年のシーズンまでには、なんとか改善したいと考えていたが、
なんと、県と市の協力で本日、歩道の工事となった。

[写真]ベアハウスへの歩道を工事している様子

 木柵を深さ1.5m~3m打ち込み、歩道幅は2m近くまで広がった。
仕上げにはきれいな砂利を敷いたもらった。
安全性は大きく改善し、アプローチは格段に良くなった。

[写真]ベアハウスへの歩道が完成した様子


( 一歩一歩 by 農園主 )



この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
別々から再会へ
2013/04/25(Thu)
 「卵かけご飯」は好物のひとつである。
黄身と白身の両方を混ぜて食べる、これが基本だと思っていた。
 いちごをいつも買いに来ていただくお客様から、
「これ、美味しいのよ」と生卵をいただいた。
なるほど、黄身は赤色で濃厚な味。白身はプルプルで甘い。

 偶然、その日はNHKで卵かけご飯を料理人が紹介していた。
混ぜずに、まずは黄身と白身を別々に食べるという。
お茶碗の中で境界線になっているご飯の上に、
少々醤油をかけて、それぞれに溶かしながら食していく。
確かに、じっくりと別々の味が堪能できる。
そして、最後は混ぜて。
すると舌の上で、これは黄身、白身の味と判るから面白い。
ブレンドされた味が、いつも以上に美味しいのであった。

[写真]卵かけご飯(右側が黄身、左側が白身)

( 再会の喜び by 農園主 )


この記事のURL | 地元の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お尋ねしたい事項
2013/04/24(Wed)
 税務署から呼び出し通知を受けた。
「消費税の申告についてお尋ねしたいので、帳簿書類を持参して
木更津税務署まで来てほしい」という。
農園の開園準備で設備投資の金額が多額になったため、
消費税の還付を申請している。
その手続きや計理方法を何度も国税庁や税務署に確認してきたが、
呼び出されるとなぜか落ち着かないから不思議だ。

 税務署に伺うと、担当者は顔馴染みの方だった。
「わざわざ、すいません。還付なので精査しないといけないものですから」
早速、持参した帳簿をめくっていく。
「課税仕入れの内訳は?」「土地改良費の内容は?」
こちらが、まごまごしていると、電卓を目まぐるしくたたいて、
当園の決算書を再作成している。
この時期は、署員20名で4万件をチェックしているというから、
残業も多いのだそうだ。
相手にするのは、我々のようなチンプンカンプンな人間ばかりであろうから、
その仕事の苦労は想像に難くない。

 電卓をたたく手が止まり、数字が出た。
結果、こちらが申請していた金額よりも還付額は増えたらしい。

( 正直者は報われる by 農園主 )



この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クレイジーソルト
2013/04/23(Tue)
 高校時代の友人が、差し入れ持参で来園してくれた。
20年振りの再会だ。
今や、一流企業に勤めるエリートであるが、
当時は、相当活発な(地元でもヤンチャな)ガキだった。
 「かったるくて、やってられないね」
これで全てを一刀両断していた。

 その彼と予備校でバッタリ会い、同じ大学を目指していることを知った。
「こんな問題、やってられないよ」
隣の机で相変わらずだと思ったが、実は違った。
翌日、とことん調べ上げてくる。それも毎日だ。
その後、試験が終わるまでの1年間、
二人で遊びに行ったこともなければ、コーヒーを飲みに行ったこともない。
「真面目にやる」ことの格好よさは、彼に教わった気もする。

 いちごを褒めてくれた彼が言う、
 「この歳になると、仕事の先が見えてきてさぁ」
昔のセリフは、大人になって少し変わったようだが、
 「まだまだ」
昔のまま、そう聞こえた。

 「また来るよ」と言って、愛犬を走って追う。
ジーンズの後姿は、あの頃のサッカー少年のままだった。

[写真]クレイジーソルト味のDoritos と 缶ビール


( 真面目な農家でありたい by 農園主 )


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( 歓迎のキス編 )
2013/04/22(Mon)
 暑くなった午後のハウスで手入れをしていた。
外から近所の方が声をかけてくるので、顔を出す。
 「どうしました?」
 「実は、頼みがあってね。これ飼ってもらえない?」
散歩の途中で犬が見つけたという、体長15㎝ほどのカメだ。
ゼニガメかミドリガメか。
両方とも成長すると甲羅は黒くなるそうで、見分けにくい。
首の付け根に赤い模様があるのが、ミドリガメの特徴だ。
しかし、すぐに首を引っ込めるので判別がつかない。
そこも愛嬌だ。
兎も角、名前は「黒田くん」になった。
黒い甲羅で、田んぼにいたから。

 早速、アランにクロちゃんを会わせた。
いつもの好奇心でしっぽを振って近寄ってくる。
匂いを嗅いで甲羅をぺろり。彼なりの歓迎のキスのようだ。
一方の相手は、顔も見せない。
相当な引っ込み思案らしい。

[写真]アランが、新しい仲間のカメ 'クロちゃん' に 歓迎のキスをしているところ

( 「異次元」の遭遇 by 農園主 )



この記事のURL | クロちゃんです | CM(1) | TB(0) | ▲ top
レインコート
2013/04/21(Sun)
 雨の日曜日。
開園予定時間の少し前に準備を終えて、ハウスから出た。
すると駐車場の向こうから、
かわいいレインコートを着た3歳位のお嬢さんが、
手を振って走って来る。
近づいてハイタッチ!
 「もう少し待っててね」
 「うん」
川崎から何度も来園いただいているご家族である。

 さて当園では、皆様をご案内する前にその日のいちごの様子を、
少々ご説明するのが習わしなのだが、話の途中から、
 「はやく、いちごぉ~」
モジモジしている子がいる。強烈な「巻き」のリクエストなのだった。

( 子供は本当に正直。。。 by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にせものイチゴ
2013/04/20(Sat)
 「わぁ、きれい。作り物みたい」
パック詰めしたイチゴを見た方から、よく聞く感想だ。

[写真]パック詰めされたやよいひめ

 レストランの前に展示されている食品サンプルは、
本当によくできている。
とても蝋(ろう)でできているとは信じられず、
つい、触ってしまいたくなる。(触ることもある)

 子供たちが、いちごパックに触りそうになって、
お母さんに、よくたしなめられているが、
気持ちはよくわかる。

( 光沢に心が弾むのだ by 農園主 )



この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
独りいちご狩り
2013/04/19(Fri)
 居酒屋やバーで、一人で飲む男性は多い。
店員と会話を時々交わすが、
本を片手に持っていたり、パソコンを覗いていたり、
物思いに耽っていたり。
それぞれにスイッチを切り替える空間だ。

 「お一人ですか?」
中年男性のご来園である。
「前にも来ていただきましたか?」と聞くと、
「そう、前回は娘と来たんだけどね。今日は一人で。。。
やよいひめが食べたくてね」
「ありがとうございます。」
カクテルを褒められたバーテンはこんな気分か。

 しばらくしてハウスに入ってみると、
この方はベンチに座って、それこそ、
やよいひめをムシャムシャ食べている。
「うまいね」 いい顔である。

( こういう切り替えもある by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暫定首位
2013/04/18(Thu)
 おかげ様で、開園してもうすぐ4ヵ月、
来園回数が3度目の方が何組かおられる。
嬉しいを超え、すでに身内のような気持ちである。

 「えっ、私だけじゃなかったの?」
先日3度目の来園の方が、単独トップでなくてがっかりされた。
かわいい娘さんを連れたお母さんは、
いつもご友人を連れて遊びにこられる。

 ところが、転勤で来月には、福岡に引っ越されるそうだ。
がっかりしたのはこちらだ。。。
君津に赴任されて、1年と少しと聞いていた。
「今年は、浮気せずポレポレさんだけですよ、
近くにあって本当に良かった」
そう言っておられた。

 将来はまた、君津に赴任する可能性もあるという。
その頃は、お嬢さんはきっと母親似の美人に成長しているに違いない。
それまでに、腕は上げておく。

( 必ずある再会を心待ちに by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ごっつぁんです
2013/04/17(Wed)
 最近の気温の上昇で、いちごが赤くなるようになった。
嬉しいのは、いちご狩りが開園できる日が増えたこと。
悲しいのは、後片付けと準備作業があるので、
仕事を終える前にいつも日が暮れてしまうこと。

 「忙しくて、ご飯食べる時間がないんだって?」
今朝、近所に住むお二人が偶然に、
昼ごはんを差し入れてくれた。
チャーシュー丼とサラダ、
筍ごはんと筍の煮物、酢の物、

[写真]差し入れにいただいたチャーシュー丼とサラダ

[写真]差し入れにいただいたタケノコご飯と煮物

 まさに盆と正月がやって来た感じである。

( この仕事を選んでよかった by 農園主 )


この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いいね!
2013/04/16(Tue)
 「それ、何となくわかる!」
自分の話にそう言って、親指を立ててもらえるのが、
コミュニケーションの喜びである。

 この「農園主のトレンドライン」は、
たまには、「いいね!」と共感していただき、
農園のことを気にかけてもらえたら、と書き始めたものだ。
毎日書くことでたまにはどなたかの心に「ヒット」すれば
本望なのだが。。。

[写真]


 しかしながら、残念な法則がある。
農園主が思いを込めて書いた自信作の日は、
びっくりするほど反応が薄い。
一方で「忙しいので、今日はこれで勘弁」とサラッと書いた日は、
「いいね!」だったりするから、不思議だ。
というより、複雑だ。

( ディーラーだったころの相場観のよう by 農園主 )


この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
タンポポ
2013/04/15(Mon)
 アランは、たくさんの来園者にいつも囲まれ、
可愛がられている。

 「雑草は大抵食べますよ」とお知らせしているので、
子供たちはいちご狩りを終えると、せっせと草むしりをして、
次々にアランに食べさせて喜ぶ。

 「あっ、タンポポ食べたぁ!」
一人の男の子が大声で叫ぶ。
すると、いっせいに他の子供たちが畑中に散り、
黄色の花を探し始める。
おかげで、畑がきれいになっていくのであった。

( アラン効果 by 農園主 )
この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初参加
2013/04/14(Sun)
 隣町にあるショッピングモールで、
ちょっとしたイベント(フェスタ)が開かれた。
広告会社の主催で地域内の多種のお店が参加。
当園も参加させてもらうことになった。

 本日のいちご狩りのお客様を全員お見送りした後、
昼過ぎにいざ出かけようとしたら、いちごはすでに完売している。。。
慌ててパック詰めを用意(ほんの少しだが)して、何とか駆けつけた。

 会場には、スペシャル・ゲスト達が勢揃いしていた。
近隣のご当地キャラクターだ。
やはり、君津市のきみぴょん(ピンク色)が、
地元びいきを差し引いても、一番愛嬌があった。
このポーズ、動きがいい。

[写真]君津市のゆるキャラ

 会場に来ているご家族は、それぞれに記念撮影に盛り上がっている。
みんなイチゴどころではなかったようだ。

( きみぴょんの好物はイチゴらしい by 農園主 )


この記事のURL | 地元の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嫁の奮闘
2013/04/13(Sat)
 育苗ハウスで親苗たちに水遣りをして、受付ハウスに戻ると、
嫁が何やら両手を振り回すジェスチャーを交えて騒いでいる。
指差した方を見ると、投げ出された虫取り網の中に
スズメバチが入っているではないか。
どうやら、大げさなジェスチャーは捕獲の様子だったらしい。

 すかさず、スズメバチを踏みつぶしに行った。これは師匠譲り。
このハチは、大事なミツバチを襲うからだ。
春先は巣作りの時期なので、その攻撃性はそうでもないが、
秋口は数匹で巣箱をあっと言う間に全滅させるから恐い。
ミツバチたちは、アランと同じように守るべき家族だから。

( よくやった by 農園主 )



この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
別腹
2013/04/12(Fri)
 「どんだけ食べるのって感じですよ」
介護の付添の方がそう言ってびっくりしていた。
この3日間は、近くにある高齢者の介護施設から、
おじぃちゃん、おばぁちゃんが連日来園されている。
聞けば、いつもご飯は用意した90グラムも残すという。
イチゴが別腹なのは、年齢には関係ないらしい。
「やよいひめ」は、高齢者には粒が大きすぎるかと、
心配したが無用だったようだ。

[写真]大粒のやよいひめ

 アランは、機械や道具に興味があるので、
おばぁちゃんの車椅子にすぐ寄っていく。
案の定、手すりや車輪をとりあえず噛んだりしている。
ちょうど、おばぁちゃんが撫でられる位置だ。
「あれ、毛は結構硬いのね」と嬉しそう。
アランに癒されるのも、年齢には関係ない。
「また来年ね」

( お待ちしてます by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酥(そ)
2013/04/11(Thu)
 平安時代の煉乳(れんにゅう)、コンデンスミルクのこと。
朝廷に諸国から献上させていたというから驚く。
ちなみに当時は無糖だったという。

 来園される予定の方から、電話で時々聞かれる。
「レンニュウありますか?持参してもいいですか?」
そういうマイ煉乳派の方々からも、当園で用意している煉乳は評判がいい。
「これ、どこで売ってますか」と。

[写真]ポレポレ農園の煉乳


 見ていると、煉乳のお代わりは男性の方が圧倒的に多い。
バニラ味を好むのは、マザコンなのだそうだ。母乳の名残らしい。
そういうことか。。。

( アイスはバニラ味を選ぶことが多い by 農園主 )


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わらび2013年
2013/04/10(Wed)
 この味の季節が、やってきた。
近所の方が裏庭で採った蕨(わらび)をきれいに茹でて持ってきてくれた。
実は、昨年もいただき、君津で知った美味のひとつである。

[写真]今が旬のワラビ

 マヨネーズと醤油を少しつけていただくのもいい。
卵とじもよし、である。
教えてもらわなければ、気付かない地味な草なのだが、
気持ちのいい歯ごたえと粘りのある食感が、口の中に広がる。
それを湯上りのビールで、心から迎えてやるのである。

( 明日も働くぞぉ by 農園主 )


この記事のURL | ご褒美(旬のもの) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カリサーク
2013/04/09(Tue)
 英国の帆船 「カティサーク」 が今朝、農園の受付ハウスに停船。
製作に10年の歳月がかかった大作がついに登場した。
GWに向けて、農園の新しい顔になるはずだ。

[写真]受付ハウスに停船した帆船・カティーサーク

 偶然にも市内に住む英国人(小中学校の英語教師)の
ご家族が来園。帆船を見るや、
「ワォ!カリサーク(カティサークがこう聞こえる)」
「ハンド・メイド デスカ?」
早速、親子で大喜びだ。
息子さんの入学式の帰りに寄ってくれた親子3人の胸には、
「ご入学 おめでとう」のワッペンがついていた。
週末には家族でサイクリングをするらしく、
当園が前々から気になっていたという。
「アタラシイ、デスネ。シッテイマス」

 来日して13年になる先生は、私の転身に興味深々。
「must be Change of Pace」と勝手に納得している。
本当は、ペースは今も昔もあまり変わっていないのだが。

[写真]帆船・カティサークに掲げられたポレポレ農園旗

( 旗にも注目 by 農園主 )


この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Imagine
2013/04/08(Mon)
 今朝、収穫したイチゴ。

[写真]ハート型のイチゴ(紅ほっぺ)

♪Imagine all the people
Living life in peace♪
(さあ想像してごらん、 みんなが
ただ平和に生きているって)

 それから終日、なぜかこの名曲を口ずさんでいた。
当園でそんな大それた活動をしているわけでは、
もちろんない。

 このイチゴを今日来園されたご家族にプレゼントした。
2歳にならないお嬢さんは手に取って、
「とっ!」
そう言うと、にっこり笑って帰って行った。
ありがとう、という意味らしい。

( ピース by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
4月の風
2013/04/07(Sun)
[写真]受付ハウス内から望む君津市上湯江の風景

 受付ハウス内から望む君津市上湯江。
春の嵐は収まった。
南風はまだ少し残っていたが、気持ちのいい日になった。

 いよいよ春休みは終わり、新学期が始まる。
異動で新天地に赴任するビジネスマンもいる。
落ち着かない時節ではあろうが、
新しい風は、フォローに違いない。

( だから、マイ・ペースで by 農園主 )



この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
全国ネット
2013/04/06(Sat)
 告白すると、不義理をしている方々が大勢いる。。。
開園の報告をできていないからだ。

 今朝のテレビ放映 「にじいろジーン」で農園の様子が紹介された。
様々な方から喜びの声が届く。
取材を受けて良かったな、と安堵している。

 仕事が終わり、帰宅してから録画を見た。
アランが(身内ながら)かわいい。
イチゴもきれいに撮れている。
何より、「君津市 上湯江」と紹介されているではないか。
製作会社の方の配慮に感謝である。

( グミ味のいちごだって by 農園主 )


この記事のURL | メディア紹介 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
たけのこ2013年
2013/04/05(Fri)
[写真]初物の筍と厚揚げの煮物

 筍と厚揚げの煮物をいただいた。初物である。
先の柔らかいところは言うまでもなく旨い。
また、根っこ近くの硬いところも、
やはり、食感といい、筍の醍醐味を感じる。
「今年は、はずれ年かもよ」とも聞く。
去年より、少しエグミがあるか。
それはそれでいい。その分、酒が甘くなるから。

 山林保護に携わる方々は、竹の繁殖力を懸念する。
山を駆逐してしまうと。
エグミは、それを思い出させる。

( 耳を澄ますとカエルの大合唱が聞こえる by 農園主 )
 

この記事のURL | ご褒美(旬のもの) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランのこと ( 家路 編 )
2013/04/04(Thu)
[写真]走って小屋に帰る子ヤギ・アラン

 彼は、自分の家(小屋)が大好きである。
夕刻に放すと、いつも走って帰る。
ときにはスキップやジャンプを交ぜることもあるが、
兎に角、まっしぐらなのである。

 仕事が遅くなって、日が暮れることもあるが、
そういう時のアランは「メへ、メヘ」と心細げな声で呼ぶ。
「そろそろ、帰る時間です。。。よね」 と。

 夜目は強くないようで、入口を探すこともあるが、
走って帰るのはいつもと同じ。
そう、帰り道の道草だけは食わないのである。

( 猛ダッシュ by 農園主 )


この記事のURL | アランのこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
雨上がり
2013/04/03(Wed)
 2日間降り続いた雨がようやく上がった。
イチゴの実が赤くならないので、気を揉んでいる。
アランも雨の日は、外に出られず、
餌箱に上がり、空を見上げては「ャメェ~」と。

[写真]水を張った田んぼの様子

 農園の目の前に、湖が広がっているようで気持ちがいい。
雨水が氾濫したわけではない。
田んぼに水が張られ始めたのだ。
田植えは、今月20日ころからだと聞いた。
この風景の変化も皆様には楽しんで頂ければ。

( 将来は。。。自分の田んぼも by 農園主 )


この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
100粒
2013/04/02(Tue)
 現時点での当園記録である。
いちご狩りで食べたいちごの数だ。
記録保持者は、中学生の女の子。
「小粒を食べるのが、コツよ」と教えてくれた。
なるほど、完熟の小粒はパクパクと進む。

[写真]紅ほっぺの小粒

 毎年いちご狩りに行かれるという、このイチゴ通のご家族からは、
「感動した」と褒めていただけたのがうれしい。

( 記録は破られるためにある by 農園主 )


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一流の証し
2013/04/01(Mon)
 「磯山観光いちご園」のご家族の皆さんが、ひょっこりと遊びに来られた。
千葉県東庄町にある人気のいちご園である。
昨年、当園が開園の準備をしている時期にアドバイスを聞きに伺ったところ、
突然の訪問にも快く時間を割いていただいた。

 今回は、その突然訪問返しだが、もちろん大変うれしいサプライズ。
栽培のことから、経営のことまで短い時間ながら話を聞けた。

「今あるもので、やろうとしない方がいい。新しいことを取り入れて、
そこでまた新しい仕事(収益)が回るように考えていくといいね。」

 磯山さんは、観光農園として先駆者的な存在であり、しかも進化し続けている。
毎年、新しい商品にチャレンジすることで有名だ。
だからなのか、ご家族全員の目が輝いている。
この輝きは、知っている。
師匠のご家族と同じだ。

( 眩しいっす by 農園主 )


この記事のURL | 仲間たち | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |