かなみひめ
2012/09/30(Sun)
 半年前から、育苗ハウス1号で育ててきた苗が、定植を迎えた。
じゃじゃ馬娘の「かなみひめ」 が、一人前のイチゴになるステージへ上がる。
苦労してきた分、感激はひとしおだ。
スタイル抜群の美人になったと自負している。
全て師匠のおかげである。

かなみひめの最初の定植風景
 
 この姫は、病害虫に弱く、大変手がかかる。
定植後も、それは変わらないから、最後まで気は抜けない。

 みんなが喜ぶ実を是非、つけてほしい。
目的は、はっきりしている。
だから、やるべきことも明快だ。

( 手を抜かない by 農園主 )


この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苦土 (くど)
2012/09/29(Sat)
 マグネシウム(Mg)のことを言う。
本当に苦いのかどうかは、まだ知らない。
マグネシウムが欠乏すると、イチゴの収量に影響するため、
イチゴ農家は苦土欠(くどけつ)といって、大変気にするのである。

 そもそも、植物の生育に必要な栄養は多種あるが、
そのうちのチッソ(N)の役割は、特に大きい。
アミノ酸やタンパク質になって、果実にも移行していく。
このチッソの吸収の媒介になるのが、苦土なのである。
その意味で、チッソと並ぶ重要な要素だと言う人もいる。

[写真]定植作業の様子

 定植の土に少し混ぜる。隠し味として。

( ワインの味の深みは苦みからという by 農園主 )



この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
脱・自分本位
2012/09/28(Fri)
 イチゴたちは、気付いているような気がして「ハッ」とする。
「何か、この数日愛情が薄くない?」と言われているような。。。

 本舗ハウスに苗を植え替える定植作業の真っ最中だ。
いつも通り(のつもりで)朝の水やりをし、順番に植え替えていく。
植え替えの時、イチゴは根元の湿気を嫌うので、深植えは禁物。
ならば、どこまで浅くするのがいいのか。
イチゴにとって、心地のいい植え方、環境を考えている(つもり)だが、
本数が多いせいか、つい気が急いてしまう。
だから、冒頭の声が聞こえるのかも。

( 愛情を込めて by 農園主 )



この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自我の覚醒
2012/09/27(Thu)
 高校時代、国語の授業で記憶に残っている言葉である。
「舞姫」(森鴎外)の小説のあらすじは、今となっては曖昧だが、
「本来の自分に気付く」という小説のテーマに、強く興味を持った。
最近になって、ようやくその意味を実感している。

 わが国の周辺で、俄かに領土問題が緊迫しているようだ。
同胞の冷静な対応には誇りを持つが、
我々は、本来は人一倍愛国心が強く、同胞を大切に思う国民である。
それをそっと秘めてきたところがある。
それが、周辺国の不遜な振る舞いで覚醒した気がしている。

( ペイトリオッツ by 農園主 ) 



この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不思議な符合
2012/09/26(Wed)
 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、仏教用語で天上に咲く花とのこと。
彼岸花の別称である。
この花、意外にもイチゴと共通点がある。
 「彼岸花の咲くころをイチゴの分化時期の目処と考えていい」
師匠は言う。
例年は23日ごろだが、今年は両者とも数日遅れている。

 天上の花が咲き乱れる中で、イチゴ農家は分化の確認を受けて、
定植作業にてんてこ舞いになっている。

[写真]曼珠沙華が咲いているところ

( 見るものの心を柔軟にする花だそうだ by 農園主 )



この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花芽分化 (はなめぶんか)
2012/09/25(Tue)
 イチゴの茎の先端にある成長点(茎頂という)では、
新葉が作り出されている。
それがある条件がそろうと、葉を作らなくなり、小さな花芽ができる。
「花芽分化」だ。
花芽は発達して花となり、やがて結実する。

 分化の条件は、気温と日長時間(昼の長さ)にある。
イチゴの場合は、25℃以下の低温と13時間以内の短日によって誘因されていくが、
品種によって、タイミングは少しづつ異なるのが面白い。
感応度がそれぞれ違うということだ。

 「紅ほっぺ」と「あきひめ」の2品種で花芽分化が確認され、
初定植にGOサインが出たのである。

定植を始めた様子


( 今日は記念日なのだ by 農園主 )



この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いざ、定植へ
2012/09/24(Mon)
 何とか明日からの準備が整い、
休憩ハウス内で、ほっと一息。
すがすがしい。

休憩ハウスから見る景色

 しかし、さっきまで悪戦苦闘していた隣の本舗ハウスでは、
こぼれた土や肥料や、それらの袋が散乱し、
その散らかり様は、見せられたものではない。

( どちらも現実である by 農園主 )



この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘッドライト
2012/09/23(Sun)
 車のライトではない。文字通り、頭につけるライトを買って来た。
明後日から定植をスタートさせる予定だが、ハウスが広くて、
予想以上にセットアップに時間がかかっている。
 
 このライト、LED使用で照射距離が77メートルとある。
確かに、ハウスの端(57メートル)が照らせたから、驚きだ。
文明は農家の深夜残業を可能にする。

( 感謝すべきか迷うところ by 農園主 )


この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
足が棒
2012/09/22(Sat)
 夜明け前から、いそいそと定植の準備をしていた。
すると、7時ころ、草刈り機を乗せた軽トラックが集合し始める。
こっちに5台、あそこに5台、向こうに5台。
もしや。。。
案の定、道普請の日( → 7月22日記事) であった。

 「今日は、ちょっと。。。」
言いかけると、
 「いいさ。自分の仕事しな。いつも草刈ってるの知ってっから。」
とのお言葉に甘えさせてもらった。

 その後は、終日、高設ベッドに置肥や土の補充や潅水やら、
農園の仕事に没頭し、行ったり来たり。
気がつくと夕方、足が棒なので、
ふと、ケータイに万歩計がついていることを思い出して見たくなった。
見ると、12,000歩を少し超えたくらい。。。
ビミョー、というか、自己満足するには中途半端な数字であった。
余計に疲れが出たような気もする。

( 億歩計もあるらしい by 農園主 )

 



この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろ
2012/09/21(Fri)
 定植の準備に入った。
育苗ハウス1号の苗たち、師匠のところにある苗たちを
出来立てほやほやの本舗ハウスに植え替えるのである。

[写真]高設ベッドに水を入れているところ

 高設のベッドには、土が入っているが、
そこに水を「ひたひた」まで入れ、充分に水を含ませる。
その後、肥料を混ぜ、苗が新しい環境にすぐ馴染むように
セットアップするのである。
 気がつけば、外は真っ暗だ。

[写真]夕暮れの受付ハウス


( 仕事、嫌いじゃないから by 農園主 )


この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜にイチゴが教えてくれたこと
2012/09/20(Thu)
 耐え切れないほど、悲しいことやつらいことだってある。
その時は、我慢しなくていい。
声を出して泣いたっていい。

 そばにいるのは、家族だけではない。
振り向けば、友がいる。仲間がいる。
それに師匠たちがついていてくれる。

( 何も心配しなくていいから by 農園主 )



この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ロッソ・マサイ
2012/09/19(Wed)
 ケニアへの買付け大旅行から帰って来た2人。
「バハティ」の双子姉妹が、2ヶ月振りに無事帰国した。(→ 6月2日記事
現地では、店の10周年パーティーもあったようだ。

 農園のために、マサイクロスの買付けをお願いしていたのだが、
2人のセンスの良さは期待以上、いい物を仕入れてくれた。

 
[写真]マサイクロス6枚を並べたところ


 このマサイ族の眩しい色彩は、屋外で映える。
フェラーリに代表されるイタリア車の美しい赤色(ロッソ・フェラーリ)と通じる。
ポレポレ農園の白い休憩ハウスを明るい雰囲気に仕上げていきたい。

( 巻き付けてジャンプしたくなる by 農園主 )


この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2012/09/18(Tue)
 白いハウスは、受付と休憩用のスペースになる。
来園した方が、ゆったりとくつろげるようにしたい。
完成は間近だ。
今朝、ポレポレ農園の上空に綺麗な虹が半円を描いた。

休憩ハウスに虹が降りた様子

「いいものができたじゃない」、そう言いながら見に来てくれたようだった。

( うれしくて、涙が止まらない by 農園主 )


この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
絵本「いちご」
2012/09/16(Sun)
 ボストンに住む友人のお子さんが、お気に入りという絵本だ。(平山和子 さく)

[写真]絵本「いちご」の表紙

 いちごの生育過程が、きれいかつ正確に描かれていて、
いちご好きの子供が喜ぶこと、間違いなし。

 「おいそうな いちご、 どうも ありがとう」

という言葉とともに、最後のページでは、ボール一杯に
摘み取ったばかりのいちごが、山盛りになっている。
これが、リアルで旨そう。

( もっと大きくて甘いやつ、つくるぞ by 農園主 )



この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
電柱工事 2本目
2012/09/15(Sat)
 東京電力、木更津支店の担当者から慌てた様子で電話が来た。
「も、申し訳ありません。私と作業現場の連絡ミスです。
すぐに、始めますので。すいませんでしたっ。」
2日後には、農園の傾いていた電柱はまっすぐになった。
農園内で2本目の電柱工事である。(5月11日 電柱工事 1本目

[写真]傾いた電柱をなおしているところ

 4ヶ月前になるが
農園内の電柱が少し傾いていた(30センチ位)ので直してもらえないか、
相談したら、「お客さんの安全のために」と了承してくれた。
しかし、その後は、なしのツブテだったので、聞いてみたら、
冒頭の顛末になったのである。

 確かに、失念していたことには、最初はムッとさせられたが、
自らの誤りを素直に認めて、即座に善後策を打つ対応は、大変気持ちが良く、
だから、「誰でも間違いはありますから」と言えた。

 さて、「原発ゼロ」の議論が始まっているようだ。
地震国である我が国では、そもそもその建設自体が間違いだったことは、
はっきりした。
にもかかわらず、電柱の担当者のような役割を誰も担わない。
知らんふりのまま、話が進められようとしている。

( 電柱作業はいつも荒れ模様になる by 農園主 )

この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい機械 (自走式動力噴霧機の巻)
2012/09/14(Fri)
 [写真]自走式動力噴霧機(横からみたところ)

 この機械は、タンクから吸い上げた水を圧力で霧状にし、
散布するもの。
病害虫の防除や液肥を葉面散布するときに出動する。
自ら走る優れもので、後ろから手押し車のようにして操作する。
4輪の自走式に比べて、圧倒的に小回りが利き、しかも安価だ。

[写真]自走式動力噴霧機(上からみたところ)

 水色のホースは、100メートル先まで伸びる。
ホースの扱いは結構難しい。
育苗ハウスで使っている50メートルの水遣りホースでも、
こんがらがって四苦八苦している。
その点、これは巻き取りが自動。
これ、大事。

( 気分は、消防隊員 by 農園主 )



この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インディアンとおばあちゃん
2012/09/13(Thu)
 稲刈りを終えた田んぼでは、ワラが束ねて干されている。
インディアンの部落が突然できたようで、なんとも愉快な気分になる。

ワラが束ねてある様子

 実は、これ、お正月のしめ縄に使うためのものだそうだ。
もっぱら、おばあちゃん達の仕事である。
はたから見れば「大変だなぁ」と、つい思うのだが、
本人達は、腰を曲げながら、それは楽しそうにしているのである。

( 人生enjoyしてっか?と聞かれそう by 農園主 )



この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
将来はイチゴ屋さん?
2012/09/12(Wed)
 県の確認検査の日。
先週の市の検査に続くもので、これが最終検査になる。
2時間をかける充実した検査内容だった。
そして夕方5時、「問題ありません」とお墨付きをいただけた。

 検査は、君津市役所の会議室で書類確認から始まる。
県からは、課長さんと担当者2名、市からは担当者2名が出席。
主検査官の課長さんが、書類の日付から細かく確認を始める。
そして、入札の手続き過程(業者の選定理由、入札金額)や
工事請負契約書などをしっかり見ていく。

 高設栽培システムのメーカー選定理由は、ひときわ質問が多かった。
「製造メーカーは何社あるのですか?」「なぜ、このシステム?」
「どこが優れている?」。。。

 1時間後、農園での実地検査に移る。
ハウスの検査を一通り終えると、再度、高設設備に質問が続く。
「給水はどういう仕組みですか?」「液肥の混合は?」
「培土の中身は?」。。。

( 定年後は、いちご屋志望とみた by 農園主 )







この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい機械 (プチ耕運機編)
2012/09/11(Tue)
 新しい機械を手に入れた。
幅40センチの高設ベッドに乗せ、深さ30センチの培土を耕す機械。
底にスクリューのような歯が付いていて、回転しながら耕す。
イチゴの高設栽培専用の機械なのである。

[写真]プチ耕耘機 みのる

 なんともニッチ。
年間50台前後の販売台数と聞いた。
しかし、ポレポレ農園では、ベッドの長さは、
ハウス全体で、1200メートルになるから有難い。

( その名は、みのるくん by 農園主 )




この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
育苗ハウス2号
2012/09/10(Mon)
 2号の稼動は、来シーズンからになる。
準備として、ハウス内に溝を2本掘った。
1号では、朝の水遣り後に水が溜まる箇所があるので、その教訓からだ。

 わずか、幅0.5m、長さ30mの溝をスコップで掘るだけなのに、
この残暑で作業が進まない。
外での作業には慣れてきたと自負していたのに、キツイ。
遮光ネットのある快適な1号と大違いで、午前10時までが限界だった。
大汗をかき、息があがり撤収。夕方の仕事に急遽、変更。
真夏の2ヶ月以上の間、ハウス工事を終日してくれたタイ人たちは、
つくづくタフだと実感した。

[写真]育苗ハウス2号(溝を掘ったところ)
[溝を掘ったところ]

[写真]育苗ハウス2号(防草シートを張ったところ)
[防草シートを張ったところ]

 時間はかかったが、甲斐あっていい仕上がり。
これなら涼しくなったら、寝泊りしてもいいかも。

( 結構、本気だ by 農園主 )



この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
健さん
2012/09/09(Sun)
 NHK番組「プロフェッショナル」に俳優の高倉健が出演していた。
81歳、存在感は健在だ。
番組でお決まりの「プロフェッショナルとは?」との問いには、
「生業ですかね。」と奇をてらわないところも、いかにもであった。

 この取材では紹介されていなかったが、有名な撮影秘話がある。
「幸福の黄色いハンカチ」でのこと。
出所してすぐ、街の食堂でラーメンとカツ丼を食べるシーンがある。
その時のおいしそうな表情に、山田洋次監督が感心して尋ねたら、
「2日前から、何も食べていません」と答えたそうだ。

 プロは最高のパフォーマンスのために最高の準備をする。
そのために「手を抜かない」ということなのだ。
いつか自分の出番が来たら、そう答えようと勝手に決めている。

( プロジェクトXも好きだった by 農園主 )



この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いじめを考える
2012/09/08(Sat)
 「それは、絶望のせいだった、とぼくは信じている。
彼らは、自分たちに本当の未来を見ていなかったし、
周りの人たちから受け入れられていないと思っていた。
彼らは、自己嫌悪に陥った。
周りにいる人たちを嫌い始めた。
そして、怒り、暴力的になった。」
1999年米国コロラド州のコロンバイン高校で、生徒2人が銃を乱射し、
生徒13人の命を奪い、犯人は自ら命を絶った事件があった。
亡くなった生徒たちだけでなく、犯人とも友人関係にあった生徒が、
当時のことを著している。
(「コロンバイン・ハイスクール・ダイアリー」 ブルックス・ブラウン著)

 普通の家庭で育った普通の生徒が、いじめに合い、先生に見て見ぬふりをされ、
警察にはウソをつかれたとある。米国も同じだ。

 「自分の夢は絶対に実現しないし、
世界は絶対によくならないと信じさせられてしまっていた。
これが、多くの高校生たちが共有している絶望。」(同書)

 いじめの対策は、生徒間相互の監視や先生の監視に流れやすいが、
実は全く正反対の間違った考え方であることがわかる。不信を助長するだけだ。
もし、学校や職場に希望が満ち溢れていれば、
人をいじめたり、いじめられたりするヒマはないのかも知れない。

 著者は最後に書いている。
「ドント・ギブアップ・ホープ」(希望を捨ててはだめなんだ。)

( 大人だって by 農園主 )
  


この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハツラツ
2012/09/07(Fri)
 苗たちは元気だ。

[写真]元気に育っている苗の様子


 厳しすぎる残暑と雨不足という過酷な気候条件であるが、
ポレポレ農園の苗たちは、遮光ネットを張ったハウス内で、
毎朝、井戸水をたっぷりと吸収し、ご機嫌だ。

 ただ、そろそろ肥料の効果が切れるころ。
これまではチッソ中心の施肥だったが、
今回は、リン酸と加里(カリウム)を葉面散布することにした。
リン酸は根の伸長を助け、カリウムは気孔の開閉を活発にする。
逆に、花芽分化(生殖成長)を待つ今の時期には、チッソは控える。
栄養成長を刺激してしまうからだ。

 「立ちが違ってくるね」
リンとカリの施肥効果を師匠はこう表現する。

( もっと元気ハツラツに by 農園主 )


この記事のURL | 師匠の言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホームゲーム
2012/09/06(Thu)
 ポレポレ農園の建設事業(補助金交付事業)が竣工し、
君津市役所による確認検査が行われた。
検査には、農協と工事関係3社が顔を揃える。
ハウス、高設栽培設備、暖房機等の仕様説明をする都度、
市の担当者は、寸法や型番などが申請通りのものか確認し、
時折、質問を交えながら写真を撮っていく。厳粛だ。

 しかし、こちら側のあげ足を取るようないじわるな姿勢はない。
これまで1年間、苦労していっしょに事業の申請・承認手続きを進めてきたので、
信頼関係は十分にある。
だから、検査の雰囲気は決してアウェーではなく、あくまでもホームなのであった。

 最後に担当者が言った。
「来週の県の検査でも、仕様内容を本日のようにわかりやすくご説明ください。
我々も参加しますし、問題はないかと思います。」

( 若き精鋭たちがサポーター by 農園主 )


この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ケツカッチン
2012/09/05(Wed)
 「カチンコ」は、映画の撮影シーンの冒頭で、鳴らす。
どのシーンの何カット目なのかが書いてあり、編集のための目印である。
逆に、成り行きでカメラを回し始め、最後にカットを入れることもあり、
これは、「ケツカッチン」というそうだ。
それが転じて、後ろにスケジュールが控え、
撮影の撤収時間が決まっていることを言ったりする。

[写真]本舗ハウスに暖房機を設置しているところ

 本日、暖房機の設置と試運転が午後4時に終了し、第一次工事は無事竣工となった。
実は、明日には市の確認検査(補助金の申請通りに工事が完成したかをチェック)
が入るので、ぎりぎりセーフである。
まさに「ケツカッチン」なのであった。

 「夏休みの宿題は計画的にしなさい」などと偉そうに言える大人は、
そうそういないことはよく知っている。
だからこそ、検査のスケジュールを先に入れたのである。

( 作戦成功 by 農園主 )


この記事のURL | 農園ができるまで | CM(3) | TB(0) | ▲ top
カモ?
2012/09/04(Tue)
 工事は大詰めだ。いよいよ、明日が第1次工期の最終日になる。
(第2次は受付・休憩用ハウスの建設、第3次は駐車場の整備に入る。)
1次工事は補助金をいただけるので、農協に県指定の「決済用普通預金口座」を
受け口として3ヶ月前に作った。
その口座に自己資金分を、そろそろ入金しておかなければいけない。

 なけなしの貯金を方々から、かき集めている。
君津のゆうちょ銀行へも残高の送金をしに出かけた。
先の自分名義の農協口座へ振込みをお願いする。
窓口は年配の女性だった。

 暗証番号を入力して、しばらく待っていると、
「お客様、申し訳ありません。手違いで番号を消してしまいまして、再入力ください。」
(仕方ないな。)

 再び、待っていると、
「お客様、金額が大きいので、再入力を。。。」
(そんなに、大金でもないけど。)

「お客様、つかぬことですが、オレオレ詐欺とか。。。ではないです。。よね?」
(そんなにカモっぽいかな?それに送金先は、自分名義の口座だけどっ。)

( わずかな資金移動も大仕事である by 農園主 )




この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マスコミ(大衆伝達)
2012/09/03(Mon)
 「東日本大震災は、第二の敗戦とも言われるが、これはマスコミにこそ良くあてはまる。
先の大戦で戦争遂行に加担をし、大本営の走狗と化した新聞は、
戦後、縷々反省を綴り、真実の報道への決意を新たにしたはずだ。
ところが、今度は、原子力をめぐって安全神話構築のお先棒を担ぎ、あるいは黙過した。」
(「日本の聖域 偽装の国」 選択編集部 編)

 随分前から、新聞はそういうものだと思って日々読んできたが、
テレビもまともに観なくなって久しい。

 多くの人が、ツイッターやフェイスブックに時間を割いているという。
「友達」の投稿やコメントには、鮮度と公正な価値があるように感じる。
「これいい」とか「役に立つ」と感じたことは、純粋に人に伝えたくなるから、
そこには、主観があるだけで、ウソや打算はないのだ。
だから、人はSNSに自然と集まってくる。

( いいね! by 農園主 )


この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひんやり
2012/09/02(Sun)
 もう少しで完成する本舗ハウスに、苗を定植した後は、
自動化された水遣りシステムが動く。
定植直後こそは、手で水遣りをするが、それが最後になる。

[写真]灌水システムの様子

 このシステムでは、井戸水を一度1,000ℓのタンクに溜め(奥の黒タンク)、
液肥混入機(手前の機械)が肥料を加える。
そして、ポンプ2号(白)が水を送る仕組み。
高設ベッドの上に這わせたチューブを通して、株の根元にタイマーで水をやる。
点滴のように灌水するので、点滴チューブと呼ばれる。

 水加減は、言うまでもなく生命線である。
このシステムでは、一定のデータに基づいて、適量の水量を設定できることになっている。
が、本当に適量かどうかは、イチゴが決めることだ。
これまでの4ヵ月間は、テンション・メーターを使いながら、水遣りをしてきたので、
この計器は、これからも手放せない。
そして、最後は。。。やっぱり、指刺し確認になる。
土の中に指を刺し込んで、ひんやり具合を見るのである。

( 結構、冷たい位がいい by 農園主 )


この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
流れ者
2012/09/01(Sat)
 高設ベッドに土入れを始めて4日目になる。
当初は、臨時に人を雇用し、3日間で終わらせる予定と聞いていた。
遅れているのは、厳しい残暑以外に、アルバイト事情もある。

 初日に、アルバイトにきてくれた3人のうちの1人に、
「国はどこ?」と質問した。
外国人を雇用したと聞いていたからだ。
中国か?モンゴルか?
「いや、流れ者なもんで」
どうやら、30歳台の男性は邦人だったようで、
「故郷(クニ)はどこ?」に対する答えだった。

 この彼は、スタートこそ猛ダッシュの張り切りぶりだったのだが、
2時間でバテ、その後は車の中で昼過ぎまで休憩。
翌日は、午前中遅刻。
そして、3日目には、ついに逃亡した。

( こうして、土入れは明日も続くのであった by 農園主 )



この記事のURL | 農園ができるまで | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |