これ、いいね ( 続・そら豆 )
2017/05/23(Tue)
 のぶ子さんから“そら豆”をいただいた時に、
珍しく語気を強めてこう言われた。
「そら豆農家はね、焼いて食べるそうよ。だから、必ずそうして食べて」
我が家では、サッと茹でて食べるのが日常であるが、
そこまで言うなら、焼いてみた。サヤの両端を切って焼くのがコツだそうだ。

【写真】ビールと焼きそら豆

 なるほど、香りが断然違う。甘味もとろみも。
少しお皿の上ではかさばるが、贅沢な気分である。

( これも麦酒に合うなぁ by 農園主 )

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね (そら豆)
2017/05/16(Tue)
 かつて東京に住んでいたころ、スーパーで買った大きな殻を剥いてみたら
数粒しか入っていないことにがっかり。 それでも、楽しんで食べていた。
そら豆だ。

【写真】てんこ盛りのそら豆とビール

 今や、この山盛り。 贅沢な食卓である。
君津に来て、旬を楽しむことを教わった。

( サッと茹でて、麦酒とともに by 農園主 )

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね ( わらびの卵とじ )
2017/04/27(Thu)
【写真】三郎さんに差し入れていただいたワラビの卵とじ

 三郎さんから今年もいただいた蕨(わらび)。
この山菜の香り、少しぬめりのある食感、春そのものを感じさせてくれる。
同時に「いちごのシーズンはもう一息だから、がんばれ」
というメッセージのように毎年感じる。
いよいよ今週末からGWが始まり山場を迎える。
そして、その後は例年5月下旬まで開園する。残り1ヶ月だ。
忙しいのだが、寂しいような。。。
そんなタイミングでいつもいただいているせいであろう。

 話を戻そう。
今回の出汁は、ご近所の方からいただいたアゴ出汁つゆを使ってみた。
とても引き立つ。 当分楽しめそうな予感。

( 旬こそ贅沢なり by 農園主 )

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね ( いちごのサラダ )
2017/02/13(Mon)
【写真】スライスしたいちごとエンダイブのサラダ

 いちごをサラダで?
いちご屋でも正直、抵抗があったのだが、これが相当いける。
いちごの甘味と食感を生かすために、今回使った食材は“エンダイヴ”。
ヨーロッパでは高級食材として通っているそうで、
軟白栽培(弱光下で生育)したものがいいと“グリーンファームかずさ”さんから教わった。
ほろ苦さがあり、パリパリの食感だ。
そして、ドレッシングは当園の“苺ッス”(いちご酢)とオリーブオイルと塩ひとつまみで。
甘味と苦みと酢がいい調和になり、ちょっと衝撃的。

( 知らないものへの挑戦は、楽しい by 農園主 )

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね (ネギの肉巻き焼き)
2017/02/11(Sat)
 三郎さんの公約通り、今年のネギは格別である。
毎週、いちごの直売に訪れてくださるご近所の母娘さんは、
合せて必ずこの“三郎さんのネギ”を買って帰られる。
お気に入りの料理をお聞きしたところ、
「肉巻きにして焼くと、ネギが甘くて甘くて」と。

【写真】三郎さんの長ネギを豚バラ肉で巻いた肉巻き焼き

( ホントだ by 農園主 )

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>