FC2ブログ
“かなみひめ”の今
2019/11/11(Mon)
【写真】朝陽を浴びた“かなみひめ”の苗の様子

 朝陽を浴びる姿は、
びっしりと朝露を纏い、青々している。
これからの試練など、つゆも感じさせない。

 気温が今後低下していく中で、
“原種”を保存していくことが使命である。
それは重々承知しているのだが、
上物が何もなく、野ざらし。
冬の足音が聞こえ、やがて
零下の日、雪の日がやって来る。
生命力の強い植物とはいえ、
その保護の方法をあれこれと
考えている。

(これも初めてのこと by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨にも風にも負けず
2019/10/24(Thu)
【写真】アランフィールド脇に作った育苗架台に並べられた“かなみひめ”の苗の様子

 “かなみひめ”の仮の苗場を作った。
アランフィールドの隣に草を刈って、
防草シートを張り、架台を作って並べた。
ただ、苗は野ざらし。
雨、風は自由。奔放な自然体である。
“かなみひめ”の種の保存のために
やるべきことをずっと学んできて、
アブラムシに媒介される病気から
守らなければいけないとは考えている。
それには“網室”という
厳重な管理が要るのだが、
残念ながら、その対極で育てることに
当面なってしまう。
本意ではないが、それも含めて
当園の“かなみひめ”の歴史であり、
そういうことが、自然と共存する
というものではないか、とも考えている。
遺伝を操作とか守るとか、
畏れ多いことなのかも知れない。
そんなことをも感じている。

(必ず強く生き抜いてくれるはず by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“かなみひめ”の今
2019/06/18(Tue)
【写真】自家苗の親苗から伸びたランナーと小苗の様子

 自家苗の調子は、まずまずである。
専門の種苗会社から購入した
“最後の親苗“と比べて
ランナーの出現も
子苗の生育も遜色ない。
いや、もしかしたら、
親苗の立ち姿は、自家苗の方が美しい。
そう見える。(身びいき)

 この調子でジメジメの梅雨と
ムシムシの暑い夏を乗り切ってほしい。
病気への抵抗性を高めるためには、
健康体であることが重要で、
そのために出来ることを、
ひとつひとつ積み上げていく。
労を惜しまないつもりである。
“やり遂げる”ためには、
強い目的意識が大事なのだと
教わったので。

(香川県の賢人から by 農園主)


この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“かなみひめ”の今
2019/05/25(Sat)
 今年から自家苗での育成を始めている。
この好天で生育はすこぶる順調。
ただ、さすがに暑すぎるので、
遮光や灌水量、風通しには気を配る。
この時期にはないような
「夏シフト」である。

【写真】“かなみひめ”の親苗の様子

 気持ちよく育ってもらうことが、
健全な生育の基本かと思う。

(他の品種も順調 by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっぱり、根っこ
2019/04/23(Tue)
【写真】来シーズンの“かなみひめ”の親苗

 “かなみひめ”の親苗の試作をしている。
昨年10月と11月に採取した苗を比較しながら
生育を観ている。

 育苗ポットからプランターに
植え替えて2週間が経つが、
体長の差が予想以上に出ている。
ランナーからの子苗の採苗は、
親苗の体力によって
スピードが違ってくるものなので、
11月苗は少し心配である。
6月から開始するのでまだ時間の余裕はあり、
結論を出すのは尚早ではあるものの、
体格差は当初の1カ月から開いていて、
キャッチアップできていない印象である。
根張りの重要性を再確認させられる。

(見えないところが難しい by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>