FC2ブログ
アランとポール ( お尻で御免 編 )
2018/08/11(Sat)
 遠目に見るとアランとポールを
見間違えるほどにポールが成長している。
華奢(きゃしゃ)で、食の細かった彼だが、
今やアランに追い払われながらも、
自分の好物は一生懸命に確保する。
口にくわえたまま、逃げるという手段で。
最近は2頭ともに、なにやら遊び感覚も
あるようだ。
「こらっ」
「おっと」
みたいなやりとりである。

 相変わらず、アランのことが
大好きなポールは、自分の小屋を出て、
いつもアランのいる小屋に入っていく。
出入り口からではなく、ちょっと変わった
ところから。
小屋の柵が古くなったせいか、
柵の一本が外れて、隙間が広くなった
箇所がある。
20センチくらいの幅であろうか。
幼かったころは、面白がってそこから
ポールはスイスイと出たり入ったりしていた。
しかし、少し前から食後にはお腹が
引っかかって動けなくなるようになり、
そして、最近はというと、
どうにも無理な感じに。

【写真】アランの小屋の柵の隙間から入ろうとするもののお腹が引っかかって入れないポール

 ちなみにアランは小屋の中で、
その様子を寝そべったまま眺めている。

(みんな元気である by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひょっこりヤギ?
2018/07/29(Sun)
【写真】台風の雨風から避難したアランとポールが小屋の中から顔をのぞかせているところ
 
 台風は、君津を無事に通り過ぎた。
昨日は、小屋の雨よけシートから
不安げに“ひょっこり”と
並んで顔を出していた2頭。

 今日は一気に気温が上がり、
暑くなった。
アラン・フィールドの上空は、
青空と大きな雲。
アランとポールは、昨日の分を
取り返すかのようにせっせと
草を摘まんでいた。

【写真】台風一過の青空の下のアランフィールドの様子

(日常である by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (毎月の大仕事編)
2018/07/25(Wed)
 爪切りを毎月する。
また、足底を平らにするために、
肉球も削る。
岩の上で生活していれば、
自然となるのだそうだが、
土と草の上では、そうもいかない。

 アランは、いつもいやがって暴れる。
束縛されることが嫌いだ。
しかし、最近は爪の伸びが遅くなって
きたので、切る時間も短くなり、
以前よりも我慢できるようになった。

 ポールは、赤ん坊のころから、
爪の生え方が丈夫ではなく、
弱々しい。実は歯並びもそうである。
ただ、嫁さんに体を抱えられると
じっとして、大人しく切られるので、
そこは助かる。

 この数年で、我ながら肉球の削り方は
上達して来たので、ポールの足の着地も
良くなってきたと思う。

【写真】甘えた表情でこちらを見つめる子ヤギのポール

(一歩一歩が気になる by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(猛暑編)
2018/07/22(Sun)
 夏バテ知らずの2頭である。
早朝はいつものんびりと小屋で
過ごしている。
我々が苗の水やりを終えて戻ると
7時前。そのころには草の朝露が
乾くので、仕事が始まるようだ。
日中は、小屋の日陰で涼をとりながら
アラン・フィールド内を草を探して
散策して周っている。
そして、水分と塩分の補給は忘れない。
“鉱塩”と言う動物用の塩と
ミネラルを含んだレンガ色の
固形飼料があり、それを舐めて補給する。
特にポールは、誰に教わるでもなく、
自然と舐めに小屋に帰る。
頬を紅色にしながら。
おかげで、2頭ともに毛のツヤがよく、
眩しいくらいである。
ただ、この夏はハチが多いようで、
細身のアシナガバチをよく見かける。
昨日も、うっかりとアランが刺されて、
「いててて~」と
脚をぶらぶらさせていたりする。
心配するが、30分もすると
何事もなかったように歩いているから、
感心する。 あれは、結構痛いから。

【写真】アランを先頭に小屋に戻るアランとポール

(タフガイたち by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (ゴシゴシ編)
2018/07/14(Sat)
 夏は、できるだけ時間を割いて、
ブラッシングをしている。
何年か前にアランの背中に500円玉くらいの
ハゲができてしまったことがある。
汗で痒くて噛んでいたせいかと思う。
それ以来、習慣になっているので、
アランにブラシ(最近はタワシがお気に入り)
を見せると近寄って来て、
ブラッシング中は、静かにおとなしく
目をつぶっている。
時々、口で「ここ、ここ、よろしく」
と合図することもある。

【写真】上り台の上でブラッシング中のアランとポール

 それをジッと見つめてきたポール。
先月までは、ブラシが怖くて見るだけで
逃げていたのに、アランの恍惚とした?表情に
興味が沸いてきたようで、
恐る恐る始めたら、すっかり気に入った様子。
しつこいくらいに、
「もっともっと」「あれ?もう終わり?」 
そんな顔をして見上げては何度もねだる。
2頭の毛並みが、暑い光に美しく映える。

【写真】ブラッシングをしてご機嫌のポール

(健康な証しである by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>