FC2ブログ
少し早いクリスマス・プレゼント
2018/10/11(Thu)
 これから冬に向かっていくと農園内の草が
どんどん減っていく。
真冬のころは、アランとポールは、
干し草や枝豆の干した枝(毎年、
のぶ子さんからいただく)が主食になる。

 寒さにも強いという牧草があるらしいと
嫁さんが聞いてきて、
早速、“イタリアンライグラス”の
種を取り寄せてみた。

【写真】アランフィールドの一角につくった畑にイタリアンライグラスの種を播いているところ

 アラン・フィールド内の一角を
鍬で浅く耕して、
それでも結構な重労働なのだが、
草畑を作ってみた。
さて、期待通りに生えてくるのかどうか。
とても楽しみである。
ちなみに、アランとポールは、歩きやすいのか、
畑の上を無邪気に駆け回っている。

(ま、いいか by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール (誕生日編)
2018/10/08(Mon)
【写真】6歳になったアランの横顔

 アランが6歳になった。
いつも元気で頼もしい。
貫禄も出てきた。

【写真】6歳になったアランが座っているところ

 この1年は彼にとって
とても大きな変化だったと思う。
ポールが農園にやって来たのだから。
最初は戸惑った様子で、
距離感を測りかねていたが、
今や相互に大事な存在に
なっているように見える。
ポールがアランにべったりと依存し、
アランがポールの心配をする。

 そういう関係が、
これからどう変わっていくのか、
こわいような楽しみのような。

【写真】アランに寄り添って座るポール

(そういう2頭が愛らしい by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨のち晴れ
2018/09/24(Mon)

 「今年もいい苗だね~」
普段、様々な野菜を作っている
“君津のお母さんたち”が
そう言ってくれると、とても自信になる。
紅ほっぺ、おいCベリーと植えてきて、
折り返し地点といったところだ。

【写真】登り台の上でくつろぐアランとポール

 午後から天気が回復し、
アランとポールは、登り台の上で、
仲良く、大人しく待っている。
忙しそうな我々をじっと見つめて。

(もう少しだから by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(厳しい序列編)
2018/09/09(Sun)
 ヤギは集団で生活する動物で、
その中での序列はとても厳しい(そうだ)。
先日、ご近所の“マザー牧場”に
遊びに行ったときにヤギの飼育員の方に
お聞きしたのだが、
「リーダー格のヤギが、一本橋の上に
上がっていたり、柵の最前列で餌をもらって
いるときは、下位の他のヤギたちは後方にいて、
リーダーを遮るようなことはしないです。」

 ちなみに、ポールはアランが登り台に
上がっていくと必ずいっしょについていく。
アランのお尻が邪魔になっていたりすると、
頭で「道あけて」と催促したりもする。
すると、少しスペースを作ってあげるのが、
アランである。

【写真】登り台の上で仲良く顔を見合わせているアランとポール

(そういう2頭である by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( 打撲かな 編)
2018/09/01(Sat)
 ポールの足の調子がよくない。
右前脚を時々痛がって、ブラブラさせる。
1週間くらい経つだろうか。
特に寝起きの時が痛むようだ。

 以前にアランが同じように
前脚を痛がったことがあり、
獣医の大先生(おおせんせい)に
相談したところ、蹄のバランスが
良くないかもしれないからと
小さな鎌を渡された。
初めて、爪だけでなく肉球を削った数日後、
徐々に回復していった経緯がある。
しかし、今は爪も肉球も定期的に切っており、
一応確認したが、きれいな足の裏である。

 想像するに、押し相撲の稽古の最中に、
アランの角がぶつかったのではないかと。
“打撲”であれば、時間をかければ治るはず。
ラグビーをしていたころの経験では
日常は痛くてつらいのだが、
アップして体が温まると動けるようになり、
ボールが回ってくると、なぜか走れてしまう。

【写真】ジャンプしながらアランに頭突き勝負を挑む子ヤギのポール

(このように by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>