FC2ブログ
自覚
2018/12/04(Tue)
 先週、当園への団体視察の方々が来園。
今シーズン2度目の視察受け入れになる。
今回の方々は、千葉市地区でイチゴを
生産者する方とイチゴの就農希望者。
ベテランからタマゴまで揃った視察である。
したがって、質問は専門的かつ鋭いものが
多かった。 一番お伝えしたかったのは、
“お客様本位”で仕事をする難しさと重要性。
仕事の判断基準さえはっきりさせれば、
ブレることはないのだと思う。

 案内役の農業事務所(普及センター)の
担当者から、視察された皆さんの感想が
届いた。
こういうフィードバックはとても大事だ。
興味深かったものをご紹介。
「目標があり、達成に向けてイチゴを
 作っていて、自分の目標も立てたい。」
「どういう農業を目指すか考える
 きっかけになった。」
「苦労話より前向き話が多く驚いた。」

 ご来園されたことのある方々は
うすうす感じておられると思うが、
私たちは苦労知らずである。
なぜなら、当園は全てお客様方の
“気持ち”で運営されているからである。

(お任せで、ホントすいません by 農園主)


この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本気のことば
2018/11/30(Fri)
 これまで県内外の様々ないちご生産者の
圃場に何度も訪問させてもらった。
どれだけ勉強になったか計り知れない。
恩返しは、いつかしなければと思っている。
先日、君津農業事務所(普及センター)から、
「県内の団体視察を受け入れて
 いただけないでしょうか。」
という話をもらった。
― はい。 と即答すべきところだったが、
「テーマは“新規就農者の成功事例”です。」
という。 さすがにそれはお断りし、
“新規就農で無事に7年目を
  迎えているいちご農園”
という条件であれば、
と投げ返しての受け入れとなった。

 千葉県印旛地区の20名ほどの若者が
バスでやって来た。
作っている作目は露地野菜、コメ、イチゴ
様々である。
しかし、販売の難しさは共通した課題である。
この方法に正解がないことは、
世の中の会社人ならみんな痛いほど
知っているが、農家はなぜか知らない。
レストランなどへの小口の直接販売は
面倒だとして敬遠し、
手数料を払い、あるいは大変安価に
直売所や市場で売り、
「安くて困る」と言う。。。
いつ、どこから大口の取引がやってくるのか。
小さな取引の積み重ねが、評価されて初めて、
徐々に取引量が増えていく。
それが王道かと。
小口取引から逃げる営農に将来はない、
と申し上げた。

(伝わっていると嬉しいのだが by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(1) | TB(0) | ▲ top
イチゴ部会、視察研修会 2018
2018/11/22(Thu)
【写真】横浜・東京ストロベリーパークのいちごハウス外観

 君津の生産者仲間と神奈川県の農園へ
視察に出かけた。
そのひとつは、東京電力が運営する
東京ストロベリーパーク。
4月にできたばかりの新しいハウスだが、
「1年中いちごが食べられる」という
新しいコンセプトである。
米国産の夏イチゴも育てている。
これは、自前の利点を生かした
オール電化の栽培施設で、
空調設備が完備できて可能となる。

 「予想よりも夏場の成育が遅れた」と
初年度の苦労もあったそうだが、
経験値の積み重ねで栽培への自信も
生まれているとのことだった。

 とても個人で負担できるような
コスト水準ではないものの、
新しいいちご狩りの形態である。

(夏のいちご狩り by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一流への条件
2018/10/23(Tue)
 一年ぶりに旭市の名人の圃場を
見学させていただいた。
今回は個人的にではなく、
(株)ジャットの勉強会だったので、
大勢の方々といっしょに。

 さすが素晴らしい生育状態。
見事である。
葉やクラウンが隆々としている。
でも聞けば、
「この前の台風で、
あちこちビニールを切られてね。
その修理はボチボチやりますよ。」
ご苦労があるはずだが、いつも通りに
淡々と笑顔で話をされる。
それでも、苗はこうしてきっちりと
最高の状態に仕上げておられる。

 胆力というか、本物の強さを
持ち合わせていなければ、
名人の領域には、
とても届かないのだと思った。

(同時に謙虚でおられる by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の「南部美人」
2018/08/02(Thu)
 岩手県北上市でいちご農園をしている
若い仲間が今年も遊びに来てくれた。
栽培のことから経営のことまで
悩みは多岐にわたる。

「品質を重視するのか、収量を重視するのか」
大きなテーマのひとつ。これを両立させることは、
実はとても難しい。
なぜならば、前者は消費者が評価することで、
後者は生産者の目線であるので、
そのバランスをとれる主体がないからである。

 若いので、野心もたくさんあろう。それでも、
「ブレてはいけないですよね」
答えはよくわかっている様子である。

(美酒をありがとう by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>