火曜日いちご
2017/02/27(Mon)
 平日のいちご狩りのご予約が混み合い始めている。
1月の平日は随分と余裕があったのだが、2月からは様子が違ってきた。
平日のお客様からも少しずつ評価をいただけているようで、
大変嬉しく、安心している。
平日が休みである方々は、いつでもどこでも余裕を持って、
いちご狩りを経験されているので、
週末のお客様とは違った意味で、評価が厳しいところがある。
どの曜日であってもいつも同じ準備をしてきたことが、
受け入れられているのなら、これからも頑張れそうな気がする。

( ますます by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“完売” から学ぶもの
2017/02/24(Fri)
 「あの味が忘れられなくて」
4年前の開園時にはよく直売に来ていただいていた地元の方が、
久し振りに来園してくれた。
 「あれからいちご狩りのお客さんがどんどん増えたから、
売ってもらえる“いちご”はないかなぁと思ってね。
それに他県の人に先に買ってほしいから。。。」
― そんなぁ、大丈夫ですよ、いつでも準備しますから。

 地元の方は、こういうふうに遠慮される方が実は多い。
気持ちの優しい風土であるので。
しかし、「完売してしまって」 とお断りした経緯が過去にあるのではないかと、
とても反省している。
“完売” は何やら人気店のような響きがあり、販売する立場からすると、
気持ちがいいと感じてしまいがちだが、大きな誤解である。
お客様からすれば、「せっかく食べたかったのに」ということの裏返しであるからだ。
これこそ“利己”的である。 もし“利他”的であるならば、
売れ残りをいつも抱える覚悟を持つべき、ということになる。
もちろん、いちごの収量に限界はあるので、いつもというわけにはいかないのだが、
その理想に向けてどう工夫をしていくのか、自問自答している。

( 地元への恩返しを by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
利己と利他
2017/02/12(Sun)
 「他人の立場に自分の身を置くことができる人や、彼らの気持ちを理解できる人は、
どんな将来が待ち構えていようと決して心配する必要はない。」
GEの元会長O.ヤング氏の言葉だそうだ。そういう人には、「ほとんど競争がない」とも。

 “利己的であることは、いけないことだ” と子供の頃から学校では教わってきた。
実践できた記憶はないのだが、その時に “利他的” であることの意味も
教えてもらいたかったと感じる。
会社に入れば、「利益至上主義」であることが当たり前なので、
それ以外のことはボランティアでやるべきものと考えられている。
ましてや、人間はそもそも遺伝子的に“利己的”なメカニズムが内蔵されているとも。
しかし、今の仕事をするようになり、多くのお客様と接するようになって、
“利他的である” ということの意義が何となくわかりかけてきた。

( 遅いのかも知れないけれど by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歓迎、“おせっかいお父さん” (トイレ編)
2017/02/09(Thu)
 当園の運営は嫁さんと2人、なかなか手が回らないことが多い。
お客様には迷惑をかけていることがたくさんあり、恐縮する。

「トイレの具合が変なんです。。。」
― すぐ、行きます。
と言いながら、なかなか手が離せない。
焦って行ってみると、そこにはリピーターの“おせっかいお父さん”が登場していた。

にっこり笑って、「大丈夫ですよ、流しておきましたから。」
― あ、ありがとうございます。

( ホントに、助けられている by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歓迎、“おせっかいお父さん”
2017/02/05(Sun)
 「よく2人でやっていますよね」
嫁さんと2人でやっている当園運営のことをお客様はそう言われる。
確かに、これ以上の規模は無理だと実感しているが、
お世辞ではなく皆様に助けられている。

【写真】いちごの実を採っているところ

 当園は10時にご予約の皆様を一斉にいちごのあるハウスにご案内する。
その直前に毎回、皆様にいちごの採り方などを拙くご説明するのだが、
その後は、ハウス内に入ってあれこれと注意することはなく、
皆様にお任せして楽しんでいただいている。
しかし、初めての方には難しいところもあり、枝を折ってしまうこともあるようだ。
そうすると、“おせっかいお父さん”の登場である。
「いちごはね、こういう風に採るといいですよ」
リピーターの方々が親切に教えてあげているそうだ。
自分の農園だと思って大事にしてくれている、そういう気持ちをひしひしと感じる。

( だから、いつも2人プラス、なのである by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>