春の “かなみひめ”
2017/04/14(Fri)
 週末はとてもいい天気になりそうだ。 暑いくらいに。
ハウス内には、日陰をつくるためカーテンを部分的に入れる予定だ。
いちご狩りを少しでも快適にすごしていただけるように。
明日は、ご覧の“かなみひめ”がお待ちしている。

【写真】大粒の“かなみひめ”が真っ赤に色付いている様子

( お楽しみに by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サボるべからず
2017/04/09(Sun)
【写真】おいCベリーの赤い実が並んで実っている様子

 “おいCベリー”の評判がいい。
初来園の方々だけでなくリピーターの方々からも。
いちごは、寒い冬の時期よりも春先には酸味が増してくる。
これは品種に限ったことではないが、特に“おいCベリー”はその傾向が強い。
このままだと「春のいちごは酸っぱい」ということになる。
しかし、糖度は冬よりも高くなるものなので、そのバランスさえ上手く仕上がれば、
「春のいちごは深みがある」ということになる。
これは、作り手の世話のかけ方次第。そう実感している。

( やればやっただけのことが出る by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春本番、いちごも本番
2017/04/06(Thu)
【写真】真っ赤に色付いた“紅ほっぺ”

 “紅ほっぺ” がいい具合になってきた。
春の大果。 この週末のいちご狩りでお楽しみいただける。
春休みが終わって、一息と言いたいところだが、
本当は、いちごはこれからが本番。
そもそも春の果物。 高温と強い陽射しは何よりの栄養になる。
4月以降は、それをご存知のリピーターの方々のご来園が増え、
その比率は、毎回半分以上となり、時には8割を上回ることもある。

( 皆様よくご存知である by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルンルンで
2017/03/30(Thu)
 今週末の土、日曜日は両日ともにいちご狩りを開園する。
2日間とも“おいCベリー”が主役となりそうな予感だ。

【写真】真っ赤に色付いた“おいCベリー”

 特大から小粒まで、タップリと生っている。
初来園の方々を驚かせたいだけでなく、
寒い冬の時期とは異なる味覚をリピーターの方々にもお楽しみいただきたい。
「大粒と小さいのはどっちが美味しいの?」よく聞かれるご質問であるが、
是非、ご自分で確かめていただきたいと思う。

( スキップしながら by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美人揃い
2017/03/23(Thu)
 これまで、主役をずっと務めて来た“紅ほっぺ”がひと休みし、
いつもよりも実の数が少なくなっている。
代わりに土曜日のいちご狩りで主役を務めるのは“かなみひめ”。
中くらいの大きさの粒が揃っているので、
味覚の元となる養分も均等に配分されているはず。

【写真】真っ赤に色付いた“かなみひめ”


( 乞うご期待 by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>