やる気満々で
2017/05/18(Thu)
【写真】真っ赤に色付いた“おいCベリー”の様子

 “おいCベリー”はリピーターの方々に人気の高い品種である。
ただ、収量が少ないこともあって、
いちご狩りではすぐに赤い実がなくなることが多い。
しかし、この春以降は相当頑張ってくれている。
最後の週末も、充実した果実で実力を見せつけてくれるに違いない。

( 初めての方も是非 by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いちごたちのドヤ顔
2017/05/17(Wed)
 「5月のいちごは、小さくて酸っぱいからね」
一般的に世間ではそのように評価されているようである。

【写真】真っ赤に色付いた“紅ほっぺ”の様子

 いえいえ、いちごは本来、春の作目であり、
得意なこの時期にこそ本領を発揮するものなのである。
農家の技術というより、イチゴたちの本能を知っていただきたい。
いちご狩りの開園はあと2営業日。

( ラスト・2チャンス by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お母さんにありがとう
2017/05/12(Fri)
 例年、母の日までは直売のいちごパックを準備するようにしている。
この時期からは、気温が高くなり果肉が柔らかくなるので、
いつも以上に果実の選定には慎重になる。
充実した果実がある限りは、できるだけご用意したいと思っている。
お母さん、奥さんへの感謝に。

【写真】大粒の“おいCベリー”のいちごパック

( 花と団子の両方で by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“紅ほっぺ”の底力
2017/05/10(Wed)
 平日のいちご狩りは、本日が最終日となった。
来園された若者グループの一人が、品種のメニューを見て自信たっぷりに
「この品種は知っています、 “くれないほっぺ” ですよね」
―うーん、確かにそうも読めるけど、“べにほっぺ” です。
そう伝えると仲間とともに大受けして、
いちごがたっぷりと生っているハウスへ入って行かれた。

【写真】真っ赤に色付いた“紅ほっぺ”

 さて、今後のいちご狩りの開園日は、今週末と来週末の残り4日間となった。
シーズンを通して活躍してくれた “紅ほっぺ” がまだまだ充実。
収量もあり、味覚も安定しており、言うことなしの優等生である。
ラストスパートもきっとお楽しみいただけるはず。

( 底力がすごい by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春のツヤ
2017/05/03(Wed)
【写真】艶やかに色付いた“やよいひめ”

 “やよいひめ” がいいツヤなのである。
いちごは、どの品種でも春の強い陽射しを浴びて艶やかに光るもの。
“やよいひめ” は特にそれが際立つ。
明日のいちご狩りでは、その視覚的なところだけではなく、
味覚でもきっと驚いていただけるものと期待している。

( えっ、なにこれ? と by 農園主 )

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>