FC2ブログ
青い実がいっぱい
2019/02/14(Thu)
【写真】少しずつ色づいている“紅ほっぺ”のハウスの様子

 今週末のいちご狩りはお休みする。
赤い実がまだ少ないからである。
ご覧の通り青い実はたくさん生っており、
それが赤く熟するのを待っている。
連休中とその後の天気が思ったほど良くなく、
少し足踏みをしている感じだ。
しかし、じっくり時間をかけて、
青い実が、肥大化し熟していくと、
味覚はとても充実したものになることは、
皆さまもよくご存じのこと。
焦らず、じっくり待ちましょうか。

 少ないながら赤くなった果実は、
宅配のトレーに乗せて丁寧に
順次発送しているので、
ご予約の方々(1か月もお待たせしている)
お楽しみに。

 来週以降は気温が上がってくる予報なので、
そうなれば色づきが加速度的に進むはず。

(ご期待を by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ひと口サイズの魅惑
2019/02/02(Sat)
 イチゴの花房は、花数が10個前後になり、
その真ん中の最初に開花する花が
最大の果実になる。
周辺にいくにつれて花のサイズは
小さくなっていくが、花数は多い。
養分はというと、中心の果実から
順番に提供されていくので、
小粒まで充実した果実にするためには、
摘果をすることが必要になる。
しかし、収量が減りすぎては、
皆さまの楽しみも減ってしまうので、
最適なバランスを探すことが、
生産者の力量と考えている。
(明確な答えはお粗末ながら、
まだ見つかっていない。。。)

【写真】小粒のかなみひめ

 今週平日のいちご狩りに
来園された若い2人は、
ひと口サイズの“かなみひめ”に
「夢中になりすぎました~」
取りつかれてしまったようだ。

(魅惑にご注意 by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろですぞ
2019/01/30(Wed)
【写真】うっすらとピンク色に色付いた“紅ほっぺ”の二番頂果

 二番果が始まろうとしている。
この大果の醍醐味は知る人ぞ知る。
宅配のご注文分をお待ちの方々、
そろそろですので、お楽しみに。

 注文締切り後もお問い合わせを
たくさんいただいている。
予定よりも収量が多ければ、
お応えしたいと思っているが、
今のところは何とも申し上げられない。
既往のご注文分を終えてから、
お知らせをさせていただきたいので、
申し訳ないですが、お待ちを。
時期は、2月の下旬ころになりそうである。

(いちご達の頑張りに期待 by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さな粒からパクパクと
2019/01/26(Sat)
【写真】真赤に色づいた小粒の“紅ほっぺ”

 “紅ほっぺ”が小粒になってきた。
一口でパクパク食べられるので、
いちご好きな方々には好まれるサイズ。
いちご全体の味を一口で楽しめるからだ。

 「今年の紅ほっぺ、いいね。」
直売の地元の方々、
いちご狩りのリピーターの方々が
口を揃える。 香りがとてもいい、とも。
申し上げるまでもなく、
皆さまそれぞれに食通で、
そのご評価は大変厳しいことを
知っているので、少し自信になっている。

 しかし、技術というか腕が一気に
向上するはずはなく、
あくまでもそこは一歩一歩。
好評の要因は、多分に好天の影響と
分析している。
まさにお天道様の恵みである。

(風味を感じていただきたい by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キラキラと
2019/01/24(Thu)
 年明けから晴天が続いている。
おかげ様でイチゴたちの生育は
すこぶる好調である。
1月の雨は今のところわずか2日間。
夜温は平年並みに下がるが、
晴れているためハウス内の気温は上がり、
必然的に日中平均気温は高くなる。

 ぽかぽか陽気のハウスで、
のんびりとお過ごしいただきたい。

【写真】真赤に色づいた“紅ほっぺ”が並ぶハウスの様子

(赤い宝石との出会い by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>