FC2ブログ
お代わりの正体
2019/04/16(Tue)
【写真】ポレポレ苺で作ったイチゴソースをかけたヨーグルトゼリー

 ご近所の方から手作りデザートの
差し入れをいただいた。
ヨーグルトゼリーにいちごのソース。
甘すぎず酸味もあり、いちごの風味を
心地いいほどに感じる。
「もうひとつ、ある?」
ついお代わりをしてしまう。

「優れた食味」、「美味しい」とは、
そういうことなのだと思う。
甘いだけのケーキなら、
ひとつ食べれば十分で、
また食べたくなることはない。
大事なのは、きっと後味で、
いちごも同じだと考えている。
甘味だけでは、すぐに飽きる。
酸味や苦みに加え、
香りも混ざり合うことで
何やら中毒性のある味覚になる。

「“かなみひめ”って、
永遠に食べ続けられそうだよね。」
先日、来園されたご夫婦がハウス内の
ベンチにのんびり座りながら、
おっしゃっていたことを思い出す。

(嬉しいお言葉である by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美しい苦み
2019/02/09(Sat)
 地元でいつもご贔屓にして
いただいている方から、
「少し早いけど」と
バレンタインのチョコレートを
いただいた。

【写真】ベルアメールのバレンタインギフトの外箱

「ベルアメール」。
箱から美しく、そしてチョコも。
以前にこの方から教わったコーヒーが
とても美味しかったので、
わくわくしながら、口に入れる。
「二人で仲良く食べて」
と言われたので、嫁さんと半分ずつ。

【写真】ベルアメールのパレショコラ8種類

 青色はアールグレイ。 紅茶の風味が
ホワイトチョコレートと混ざり合って、
本当に美味。未知の世界にびっくりした。
オレンジ、ピスタチオもそれぞれに
ほんのり苦く、スパイスもちょっぴり効いて、
普段はあまり甘いものは食さないが、
嬉しいコーヒーブレイクになった。

(好きなものが増えた by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歓びのシフォン
2018/05/30(Wed)
【写真】近所の方に差し入れていただいたシフォンケーキ

 今年も、やって来た~。
ご近所の方の手作りシフォンケーキだ。
「今シーズンもお疲れさま」と
差し入れてくださる。
これが、毎年の楽しみなのである。
ふわふわで、しっとりしていて、
それでいてもちもち感もある。
甘さは控えめだから、デザートや
おやつだけでなく、
朝食にもいただくつもりである。

(ワックワク by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯖の塩辛って?
2018/01/20(Sat)
 古くからの友人が遊びに来てくれた。
今や、仕事で世界中を飛び回っている。
「HPのカレンダー見たら、空いているって」
忙しいのに1月の平日のいちご狩りに来てくれた。

【写真】鯖の塩辛の瓶詰

 彼がお土産に持ってきてくれたのが、この塩辛。
「何にでも合うよ、これ」と。
一口つまんでみたら、ガツンとしょっぱい。
これは、酒もいいけど、ご飯とかな。
嫁さんが試みたのは、たたき。
紫蘇とオリーブオイルを交ぜて。
途端にその塩加減が生まれ変わり、
やはり、ご飯に合う。
いつもの何倍にも甘く感じられた。

「また、ハイシーズンを外して来るね」
ちなみに、食通で酒呑みの彼のお気に入りは
“かなみひめ”だった。

(こういうことが幸せ by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
来た~
2017/08/03(Thu)
【写真】近所の方が差し入れてくれた手作りシフォンケーキ(ゆず入り)

 ご近所の方がシフォンケーキを焼いてくれた。
例のしっとりとしていてフワフワのあれだ。
今回は「暑いから」と気を使ってくださったのか、
ゆず入り。とても爽やかな風味である。
甘いものは普段あまり進んではいただかないが
これは別格。

(当分、頑張れそうだ by 農園主) 

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>