FC2ブログ
歓びのシフォン
2018/05/30(Wed)
【写真】近所の方に差し入れていただいたシフォンケーキ

 今年も、やって来た~。
ご近所の方の手作りシフォンケーキだ。
「今シーズンもお疲れさま」と
差し入れてくださる。
これが、毎年の楽しみなのである。
ふわふわで、しっとりしていて、
それでいてもちもち感もある。
甘さは控えめだから、デザートや
おやつだけでなく、
朝食にもいただくつもりである。

(ワックワク by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯖の塩辛って?
2018/01/20(Sat)
 古くからの友人が遊びに来てくれた。
今や、仕事で世界中を飛び回っている。
「HPのカレンダー見たら、空いているって」
忙しいのに1月の平日のいちご狩りに来てくれた。

【写真】鯖の塩辛の瓶詰

 彼がお土産に持ってきてくれたのが、この塩辛。
「何にでも合うよ、これ」と。
一口つまんでみたら、ガツンとしょっぱい。
これは、酒もいいけど、ご飯とかな。
嫁さんが試みたのは、たたき。
紫蘇とオリーブオイルを交ぜて。
途端にその塩加減が生まれ変わり、
やはり、ご飯に合う。
いつもの何倍にも甘く感じられた。

「また、ハイシーズンを外して来るね」
ちなみに、食通で酒呑みの彼のお気に入りは
“かなみひめ”だった。

(こういうことが幸せ by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
来た~
2017/08/03(Thu)
【写真】近所の方が差し入れてくれた手作りシフォンケーキ(ゆず入り)

 ご近所の方がシフォンケーキを焼いてくれた。
例のしっとりとしていてフワフワのあれだ。
今回は「暑いから」と気を使ってくださったのか、
ゆず入り。とても爽やかな風味である。
甘いものは普段あまり進んではいただかないが
これは別格。

(当分、頑張れそうだ by 農園主) 

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
商品のネーミング
2017/04/12(Wed)
 地元の常連さんからいただきものをした。
お母さまが北海道出身ということもあって、
当地の美味しいもの、珍しいものをいつも差し入れてくださる。
ただ、今回のには思わず吹き出してしまった。
“いか飯になれなかった いか”
人気の駅弁のいかの切り落としだそうだ。
「悲劇と喜劇の共存こそがユーモアの真髄」
チャップリンが、自伝でそんなことを書いていた。

【写真】北海道森町のいかめし屋が作った裏メニュー“いか飯になれなかったいか”

 もちろん、味は同じ。 形が多少良くなくてもいいじゃない?
その通りだと思うが、一方で形にもこだわるのも大事だとも思う。
いちごの選定の仕事に重ねてしまう。
その意味で、勉強になるネーミングである。

( いただきま~す by 農園主 )

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒いニンニク
2016/10/31(Mon)
 「熟成にんにく」とも「発酵にんにく」とも呼ばれる。
ニンニクを低温で長時間熟成させたものだ。(炊飯器の保温状態で2週間)
これは、酵母菌などによる発酵ではなく、メイラード反応と呼ばれるものだそうで、
ニンニクに含まれるアミノ化合物と糖質が化学反応を起こしたもの。
特有の臭いはなくなり、ドライフルーツのような甘い味になる。

【写真】クリームチーズと黒ニンニク

 「足が痛いって聞いたから」
ご近所の方が貴重なものをわざわざ持ってきてくださった。
疲労回復や抗酸化作用の効果が高まるだけでなく、抗がん作用をも強める。
魔法の黒い粒なのである。

( 塩とチーズとワインと by 農園主 )

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>