いちごのシャワー
2017/01/19(Thu)
 明日の天気は雨か雪かの予報だが、週末には回復しそうでほっとしている。
例年、1月の週末は予約に余裕がある唯一の時期なので、
お子さんの学校の都合がよければ、おすすめである。

【写真】いちごが生っている様子を下から見たところ

 本圃ハウスで掃除をしていた時に下から見上げると、
いちごが降って来た。
お子さんたちの目線である。

( たまらんだろうな by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016年定植の終了
2016/09/30(Fri)
【写真】定植作業が終わった本圃ハウスの様子

 12,000苗を全て植え終えた。
手伝ってくれている“お母さんたち”は年々腕を上げているので、
仕事のスピードは毎年上がっている。
口も大変達者であるが、植え方も文句なしである。
毎年ずっと手伝ってほしいと思っている。

 6ヶ月の育苗期間を終え、ここまで無事に辿り着けた。
夏の間は殺風景だった本圃ハウスに新しい息吹きがふきこまれた瞬間である。

( 少しだけ安堵している by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
定植作業中
2016/09/29(Thu)
 お客様からメールが届いた。
「 この時を待っていました!!
この時期に定植ということは、12月末あたり開園でしょうか」

 鋭い読みである。 いちごファンの方は生育のサイクルをよくご存知である。
今年の当園の苗は花芽までに内包されていた葉数が5枚あったので、
出蕾が35日後、開花は11月中旬ころになりそうだ。
そうなると例年通り、年末近くにいちご狩りが開園になる可能性が高い。
少し気の早い話であるが、いっしょにイチゴの生長を見守ってくれる人達がいることは、
とても心強い。

( 多少のプレッシャーもあるが by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
立ち姿勢
2016/09/28(Wed)
【写真】本圃ハウスの高設ベッドに定植された苗が一列に並んでいる様子

 定植をしている。
苗を培土の上に寝転がったように植えていく。
新しい根が早く活着するように発根箇所を新しい土に触れるようにすると
このような姿になる。
慣れないと少し抵抗のある植え方であるが、
数日もすれば、苗たちは真っ直ぐに起き上がってくる。
重力を感知しているからである。

( シャンと by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久し振りの夕焼け
2016/09/27(Tue)
 とても暑い一日となり、定植の初日としては厳しい陽気だった。
今年もいつもの助っ人“お母さん4人衆”に手伝いに来てもらっている。

 暑さもなんのその、「最後までやっちゃうべよ」と
夕方になってもぎりぎりまでエンジン全開なのであった。
こちらはヨレヨレなのだが。。。

【写真】受付ハウスとアランの小屋の上に広がる久し振りの夕焼け空

( いくつになっても頼もしい by 農園主 )


この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>