FC2ブログ
8月の朝焼け
2019/08/09(Fri)
【写真】早朝四時半の朝焼けの風景

 早朝に、この薄紫色の
荘厳な空が眺められると、
なんかいいことが
起こりそうな気になる。
まだまだ気温は高い日が続くが、
そういう日もあっと言う間に
過ぎるのだろう。
せいぜい楽しもうよ。

(汗だくで何が悪い~♪ by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何もない?
2019/08/07(Wed)
【写真】草が刈られたアランフィールドの外に出てウロウロするアランとポール

 アランとポールが、唖然としている。
「あれ?昨日までたくさんあったのに」

 農園周辺の草刈りを始めた。
苗の作業にかかりっきりになっている間に
草がぼうぼうに伸びてしまった。
草刈りは、生産性のない作業に見えるが、
不可欠なものであることは間違いない。
例えば、育苗ハウス周辺に雑草が多ければ、
害虫の侵入が増えるし、草の体内に
病原菌が生息している可能性もある。
そういうリスクを排除するために
大事な仕事であり、マイナス要素を
消していくという点では、
生産性はプラスになるとも言える。
嫁さんがしている育苗ハウスの掃除も
同様である。

(無駄な仕事は一切ない by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
17時15分の男
2019/08/03(Sat)
【写真】夕方17時15分の西日が射し込む育苗ハウスの様子

 「そろそろ時間、かな?」
夕方の西日の傾きを見て、
1日の後片付けを始める。
この時間からぐっと涼しくなり、
もう少し仕事を続けたいところだが、
長丁場なのでここは無理をせず、
さっさと仕事を上がる準備に入る。

 アランとポールも小屋に帰りたくて、
そわそわしている頃である。

(リズムが大事 by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏、本番へ
2019/07/28(Sun)
 春のいちご狩りに、
ご来園経験のある方はご存知だと思うが、
受付ハウス脇のアーケードが涼しい。
とても風通しが良く、いい風が通る。
この時期は、周囲の田んぼに水が一面に
張られていることもあって、
自然のクーラーのようである。
ベンチを出して、目を閉じていると、
南国のビーチにいるような錯覚も?
 
【写真】受付ハウス脇のアーケードの日陰から眺める青空の下の田んぼの風景

 うんざりするほど梅雨が長かったので、
晴れていることの爽快感を実感している。

(たとえ暑くても by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昨日のこと
2019/07/18(Thu)
 長雨のあとだけあって、
農園の土は想像以上にぬかっていたようだ。
と言うのも、うっかりと軽トラを
スタックさせてしまったのである。
アランフィールドの裏で。
ぬかるみにはまってしまい、立往生。
嫁さんと押しても引いても、
ジャッキで上げて板を車輪の下に
かませてみても、空回りするばかり。
大汗と泥んこになったが、
埒があかないので、
三舟山で耕作する仲間2人に
応援要請をして、男3人がかりで
車を押して無事脱出。
助かった。

 そのうちの1人は、
ポールが農園に来て間もないころ、
臆病で、我々にも慣れず、困っていたら、
はねだしのニンジンを持って来てくれた。
彼の差し出したニンジンが
人生で一番旨かったらしく、
もっとくれと言わんばかりに
彼の顔を見上げていたっけ。
それから、久し振りの再会だったが、
やっぱり、ポールは覚えていて、
上り台から降りて彼に寄って行き、
あの時と同じように顔を見上げる。
あの人だ、と嬉しそうに。
我々が思っている以上に
顔の認識はしているのである。

(ちなみに今日は筋肉痛 by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>