夏の日
2017/08/18(Fri)
 家を出てから農園へは、東へ向かう。
今朝は、朝日を懐かしく拝み、
そして、君津ではそのまま青空が広がった。

【写真】久し振りの青空の下で草を食べるアランとポール

 アランとポールは、
これまでの分を取り戻そうとしているのか、
一心不乱に草を頬張っている。
イチゴの葉は、お天道様の方へ向かって
ピンと立ち上がった。
周りでは、雑草が伸びている音がする。
グイグイと。
こうしてまた草刈りが始まる。
この繰り返しが、いつもの夏である。

( 暑いなぁ by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サウナよりも
2017/08/09(Wed)
 汗はこんなに噴出できるものなのかと
感心する。
Tシャツを何枚着替えたことか。
しかし、育苗ポットの土が乾かないか、
心配したのは、今年初めてのことである。
それくらい不安定な天候が今年は多い。

【写真】農園から見上げる青い空と白い雲

 暑さには、アランは強いので、
日中も頭さえ日陰に入っていれば、
すました顔で座っている。
ポールはさすがにまだ子供なので、
小屋の中で過ごしていたが、
夕刻には元気に飛び回っていた。
ぐったりしているのは、我々だけである。

( ほんと暑かったから by 農園主 ) 

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カブトムシとスイカ
2017/08/01(Tue)
 これはセットと信じてきた。
虫かごの中の土とスイカの交じった匂いは、
紛れもない夏の匂いである。
しかし、実はカブトムシにスイカは
与えてはいけないエサなのだそうだ。
えっ今更?という感想だ。

 でも、スイカに抱きつくように食べていたはず、
そういう記憶が強い。確かに食べるのだが、
水分が多いので、体に付いた水分が呼吸機能を阻害し、
長生きできなくなるのだそうだ。
(腹の周囲の気門で呼吸をしている。)
下痢するからスイカ禁止、という話もあるが、
これは間違い。キュウリが丁度いいようだ。

 いつものペットショップへ行ってみたら、
あったカブトムシのエサ。
ゼリー状(こんにゃくゼリーみたいな)のもの。
夕方に入れておくと、一晩できれいになくなる。
どうたら、相当旨いらしい。

【写真】カブトムシがキュウリを食べている様子

( おおきくなーれ by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カブトムシ、誕生
2017/07/17(Mon)
 5月に近所の方からいただいた幼虫が、
土の中に丸い部屋を作り、サナギとなったのは、
知っていた。
透明のビンに土を入れてあったので、
その様子が見えていたからだ。
暗いところに置いて、時々、霧吹きをして
土が乾かいないようにしていただけなのだが、
知らぬ間に羽化し、地上に登場した。

【写真】羽化したばかりのカブトムシ

 とても他人のような気がしない。
慌てて、虫かごをホームセンターに買いに行ったら、
「今度は、カブトムシですか」
顔馴染みの店員さんに笑われた。

 羽化したばかりのカブトムシは、甘い独特の臭いがする。
これは、初めて知ったことでとても嬉しい発見であった。

( チョコレートみたいな by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴージャス?
2017/07/16(Sun)
【写真】アーケード下に設置したハンモック

 遅ればせながら、今年もハンモックをぶら下げた。
この数日の酷暑でも、農園のアーケードの下なら、
いい風が通る。
田んぼの風は自然のクーラー。 この空間は涼しい。
真昼間でも、うとうとしてしまう。
ハンモックの中で熟睡する嫁さんは、
脚をのばしたまま、充分すぎるほどの柔軟体操が
寝たままできると大変ご満悦である。

( 食後のひと時 by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>