暖かみのために
2017/10/17(Tue)
 急に寒くなったので、灯油ストーブを
引っ張り出した。 点火後、しばらくすると
エラーメッセージが出て、燃焼が止まった。
どうしたものか。。。
今の時代は、ネットで色んなことを
教えてくれる人がいるもので、
似たような機種を直した人が
詳しく写真入りで紹介している。
嫁さんがそれを見つけて、
「メーカーに修理を頼むと 1万円だって。 
どうする?」 と言うので、
自分たちで分解に入ってみることにした。

【写真】灯油ストーブを修理するために分解しているところ

 この後、次々と部品をはずし、
最後には原型をとどめないまでに
バラバラになった。
そして、燃焼筒の中に溜まった
スス(これが原因らしい)を取り除いて、
何とか奇跡的に元の形に戻した。
そのつもりだったが、
あれ?
なぜかネジが2本残っている。

(まぁ、いいか、動いたから by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農業エキスポ2017
2017/10/11(Wed)
 今年も幕張メッセでアジア最大と言われる
エキスポが開催されており、
国内外の農業関連会社800社が出展している。
今年は、“日本の食品輸出”のコーナーが
初めて出来た。時流であろうか。
アジア系の会社の出展や参加者も年々増えている。

【写真】幕張メッセで開催中の農業エキスポの会場の様子

 当園の興味は、自分たちの足元の作業にあり、
残念ながら世界を見渡す余裕はない。
したがって本日の我々の収穫は、
灌水チューブのつなぎ目の部材だったり、
イチゴの新しいパックや箱だったり、
斜面の草刈りが楽になりそうな機械だったり。
目先のことばかりであった。
しかし、それが当園の魅力を少しでも
向上させることにつながるものと考えている。

(やるべきことを真面目にやる by 農園主) 

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
修行僧のように
2017/10/02(Mon)
 定植を終えた本圃ハウスの中を
早朝から丁寧に掃き掃除をする。
2,000㎡の広さ。嫁さん一人で3日かかった。
きれいになったハウスで、水やりをすると
やはり、とても清々しい。

【写真】掃き掃除を終えた本圃ハウスの様子

 そして、昨日からポットの水洗いを始めている。
育苗用のポットの土を落とし、消毒液に漬ける。
13,000個ある。多分4~5日かかりそうだ。
これは嫁さんと二人で。

 アラン達も、何をしているのだろうと、
遠目に眺めている。

(アランとポールの手も借りたい by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の日
2017/08/18(Fri)
 家を出てから農園へは、東へ向かう。
今朝は、朝日を懐かしく拝み、
そして、君津ではそのまま青空が広がった。

【写真】久し振りの青空の下で草を食べるアランとポール

 アランとポールは、
これまでの分を取り戻そうとしているのか、
一心不乱に草を頬張っている。
イチゴの葉は、お天道様の方へ向かって
ピンと立ち上がった。
周りでは、雑草が伸びている音がする。
グイグイと。
こうしてまた草刈りが始まる。
この繰り返しが、いつもの夏である。

( 暑いなぁ by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サウナよりも
2017/08/09(Wed)
 汗はこんなに噴出できるものなのかと
感心する。
Tシャツを何枚着替えたことか。
しかし、育苗ポットの土が乾かないか、
心配したのは、今年初めてのことである。
それくらい不安定な天候が今年は多い。

【写真】農園から見上げる青い空と白い雲

 暑さには、アランは強いので、
日中も頭さえ日陰に入っていれば、
すました顔で座っている。
ポールはさすがにまだ子供なので、
小屋の中で過ごしていたが、
夕刻には元気に飛び回っていた。
ぐったりしているのは、我々だけである。

( ほんと暑かったから by 農園主 ) 

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>