店仕舞い
2017/05/30(Tue)
 農園の「看板」と「ターポリン」を片付けた。
そうなると外観からもいちご農園とはわからなくなる。
しばらくは、ひっそりと静かに?来シーズンの準備をしていく。

【写真】シーズンが終わり片付ける直前の受付ハウスに張られたターポリン

 今シーズンも何人の方々が記念写真を撮ってくださったことか。
「ほら、ちゃんと立って。 背の伸びがわからないでしょ」
看板やターポリンと比べて、毎年のお子さんやお孫さんの成長の記録に
されているご家族はとても多い。
そういうシャッターを何度も切らせていただいた。大変光栄なことである。

( 写真と思い出がどんどん増えていく by 農園主 )

この記事のURL | 受付ハウス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ポレポレ号 出帆
2017/01/16(Mon)
 農園の受付ハウス入口を入ると、すぐ目に入る帆船模型がある。
開園時にやって来た “カティ―サーク” だ。
マストのテッペンには “ポレポレ農園のロゴ” 入りの旗がたなびく。

【写真】受付ハウスに置いてある模型帆船 “カティーサーク”

 その世界では有名な“鈴木さん”が義父の友人であったことから、
製作期間10年以上の大作を譲っていただいた。
いちご狩りが始まると、小さな手のあとがアクリルにたくさん付く。
お子さんが周囲をぐるぐる回るのはお決まりの光景になってきた。
しかし最近では、大人の方々がじっくりと眺めておられることも多い。

( 味のある作品だから by 農園主 )

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
欠かせない彩り
2017/01/04(Wed)
 パンジーをプランターに植えて、受付ハウスの周りに配置した。
開園気分が一気に高まる。
当園にご来園された方はご存知かも知れないが、
この花はシーズン終了までずっと花を咲かせてくれる。
とても重宝するのである。

【写真】受付ハウス脇にパンジーを植えたプランターが並んでいる様子

 例年はクリスマス明けに値段が安くなるパンジーなのだが、
今年は、鉢花も生育不良だったからであろうか、ついに安くなることはなかった。
作り手の方はどんな苦労をされていることか。

( さて、アランのつまみ食いに気を付けないと by 農園主 )

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いらっしゃいませ
2015/12/20(Sun)
[写真]当園ロゴマークの入ったターポリンを受付ハウス入口に掲げたところ

 受付ハウスの入口にターポリンを取り付けた。
当園のロゴマークが入っている。
デザインは、菊池邑僊先生に創作していただいたものだ。

 「このロゴがいいのよね」
そう言ってくださる方は大変多い。

( 自慢の「苺」である by 農園主 )

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
開幕へ
2015/12/18(Fri)
 受付ハウスに“マサイクロス”を取り付けた。
鮮やかな朱色は、アフリカのマサイ族の晴れの衣装である。

[写真]マサイクロスを掲げた受付ハウス内の様子

 お客様には、もはや見慣れた光景になっているかも知れない。
しかし、シーズンオフの間は仕舞ってあるものなので、
我々にはシーズン開始の象徴的な“幕”張りなのである。

( いざ by 農園主 ) 

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>