FC2ブログ
縁起物
2018/12/24(Mon)
【写真】受付ハウス正面入口に飾った門松

 近所のご主人が手作りした門松。
今年も受付ハウスの入り口に
置かせていただいた。
“かわいい門松ね”
ご来園の方々の評判はとてもいい。

 おかげ様で、毎年こうしてシーズンと
新年を無事に迎えることができている。
クリスマス?
農園での行事ごとは、特にない。
いちごは精一杯販売させていただいており、
それだけで充分という気持ちになる。

(これも恒例になった by 農園主)

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アイデンティティ
2018/12/21(Fri)
【写真】当園ロゴのターポリンを取り付けた受付ハウス正面の様子

 受付ハウス入口に当園のロゴの入った
ターポリンを取り付けた。
今シーズンの開園を皆さまに知って
いただくためである。
取り付けている最中には、
じわじわと気合いが高まってくるので、
私たちにとっても意義深い象徴である。

「ホント、待ってたから。 涙でちゃう」
そんな言葉をいただけるなんて。

 皆さまをお迎えできることの
喜びと感謝をしみじみとかみしめながら、
同時にその分、仕事への覚悟も
ひしひしと感じている。

(誠心誠意で by 農園主)

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花壇のキンセンカ
2018/12/15(Sat)
【写真】受付ハウス前の花壇に植えたキンセンカ

 農園の入り口にキンセンカの苗を植えた。
看板の前の花壇なので、
記念撮影の大事なスポットだ。
昨年は、自分たちで初めて育てて
植えてみたものの、か細い苗ばかりで、
残念な結果に終わった。

 先日、偶然にも近所の直売所で、
いい苗が販売されているのを見かけて、
まとめて買わせてもらった。
かつての三郎さんの苗のように隆々しい。
隣町の富津市で花き栽培をする
千廣園芸の廣川さん。
脱サラで始めて30年が経つそうだ。
「最初は失敗しかしなかったけど、
今は(失敗することは)ないよ」
キンセンカの肥料の具合などを
教えてもらった。
次はパンジーを植えたいと
考えているところ。
農協の直売所(味楽囲)で手に入る。

(毎年、お世話になりそうだ by 農園主)

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
節目
2018/06/17(Sun)
 本圃ハウス内の株抜きをすべて終えた。
何もなくなると、寂しさよりも
むしろ爽快な気持ちになる。
来シーズンはすでに始まっているので。

 これから、ハウス内に散乱している
枯れ葉や土やらを掃除していく。
その前に、農園のロゴの入ったターポリンを
仕舞うことにした。

【写真】受付ハウス入口の右側にあるターポリン

(オフ・シーズンである by 農園主)

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キンセンカとパンジー
2017/12/29(Fri)
 日が暮れると、途端に寒くなる。
野菜や花の生育が、寒さで遅いと
農家の仲間はみんな口を揃える。

 だからと言って、言い訳にするわけでは
ないのだが、初挑戦したキンセンカが
大きくならない。
農園入口前で休眠してしまったようだ。
三郎さんが作っていた時は、
こんなことはなかったのだが。

【写真】プランターに植えたパンジーの花々

 そこで、パンジーの苗を慌てて購入し、
プランターに植えた。
寒い時こそ、少しでも華やかな方がいい。

(年の瀬である by 農園主)

この記事のURL | 受付ハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>