ポレポレ自慢 ( 駐車場 )
2017/01/29(Sun)
 週末はおかげ様で込み合うことが多く、駐車場には30~40台ほどが並ぶ。
そのスペースには砂利が敷いてあるだけで、駐車スペースを区切る白線はない。
しかし、毎回ご覧の通り、いつも整然と駐車されている。 我々の誘導はなくとも。
朝の到着時から周囲の方々に気を使う皆様にいつも頭が下がる思いである。

【写真】いちご狩りのお客様の車がずらりと整列して停まっている様子

( 凄いでしょ by 農園主 )

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秩序というもの
2017/01/17(Tue)
【写真】トイレ前の一列に揃えて並べられた4足のスリッパ

 農園のトイレ前。スリッパは、いつもこの通りきれいに揃っている。
お客様が全員お帰りなったあとの話である。
我々がそうしているわけではない。皆様がそうされている。
お互いへの“思いやり”という気持ちから生じる行動かと信じている。
また、そういう方々が集う当園をとても誇りに感じる。

 これは“秩序”というような制約を伴うものではない。
しかし、我々は自身に“秩序”を追求しなければいけないと思っている。
一貫性のある農園の運営と仕事の進め方にである。
その積み重ねがあってこそ初めて、
ご来園されたお客様方に感じていただける“思い”が造成されていくのではないか、
そう考えている。

( スリッパたちを眺めながら by 農園主 )

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
未来図
2016/04/22(Fri)
 平日の午後3時過ぎ。
元気な笑い声とともにバタバタと農園の前を駆け抜けていく足音が聞こえる。
今月新一年生になった男の子3人は、当園が開園したころから知っている。
まだまだ、よちよちだった。
アランのことも大好きなので、下校初日は小屋に寄ってしばらく遊んでいたようだが、
翌日には「寄り道するなよ」と農園主に叱られ、
「はーい」とその後は真っ直ぐ帰っている。(多分)

【写真】農園前の通学路に咲いているキンセンカの花々

 このかわいい子達が小学校を卒業するころには、農園も10年目を迎える。
君津は、そのころも子供たちにとって住みやすい街なのだろうか。
農園は、もっと皆さまに愛されているのであろうか。

 時間だけは、子供だけでなく我々にも平等に与えられる唯一のもの。
それを有効に使うためには、未来がどうなっているか、ぼんやりと考えるのではなく、
どうしたいのか、決めること。
彼らを見送りながら、そんな気持ちになった。

( 元気がない日には寄り道くらいさせてあげよう by 農園主 )

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポレポレ自慢 ( 本当に大切なもの )
2016/02/21(Sun)
 「ニュース見ましたか? いちごの“食べ方”の。。。」
いちご狩りにご来園された何人かに、神妙な表情で同じような質問をされる。
―えっ?何のことですか?
(お恥ずかしながら、テレビはあまり見る時間がないもので)

 最近テレビで話題になっている、いちご農園のニュースがあるそうだ。
先っぽだけを少し食べて、捨てられているいちごが“山”のようになっている。
とてもショッキングな映像だったとお聞きした。

 ネットで調べたら、確かにびっくりだ。
お客様のマナーがいけないとか、美味しくないいちごを作った農家がいけないとか、
賛否両論あるようだ。 事情を知らない当園が意見する立場にはない。

 当園のことに限って言うならば、
いちご狩りは、ご家族や友人同士での楽しいひとときであってほしい。
と同時に、教育とか学びの要素もあると、より深まるものがあるのでは、とも感じる。
例えば、イチゴの栽培や生育のこととか、そして食べ方もそうだ。
もし、お子さんがその“山”を見た時にどう思うのか。
親御さんと生産者、そして周りにいる大人たち全員の背中で決まるものだと思う。
当園では、お客様が帰られた後のハウスは、朝とほとんど変わらないくらい清潔なままだ。

( 皆さまと私たちの生き様の証しだと信じている by 農園主 ) 

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポレポレ自慢 ( 指導 編 )
2016/01/16(Sat)
 当園のいちご狩りは10時から始まる。
ご予約の皆さまに受付ハウス内にお集まりいただき、簡単な説明をしてから、
いちごのあるハウスへご案内する。そして、そこから一斉スタートとなる。

― さぁ、それでは受付で丸バッジと引き換えにカップを受け取ってください。
皆さまをハウスの方へ誘導しようとしたら、

「あの~、今日はいちごの摘み方の説明がまだですよ」
当園をこよなく愛していただいているお得意様からだ。

― あっ、そうでした。ありがとうございます。それでは、代わりにお願いできます?
説明を代わりに頼む無茶振りだったのだが、

「皆さん、いちごは尖っている方を逆さまにすると簡単に採れます。
いちごを引っ張るといちごが潰れたり、枝が折れますので、引っ張らないでね」

よっぽど私よりも上手な説明なのであった。
ハウス内で他所の子供たちに色々教えてくれている常連の方々はとても多い。

[写真]“かなみひめ”のいちごハウスの様子

( おせっかい大歓迎 by 農園主 )

この記事のURL | ポレポレ自慢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>