FC2ブログ
“進化”から“深化”へ
2019/06/27(Thu)
 会社に勤めていれば、収益計画は
毎年、上乗せが当然であり、
「無理です」と言うと、
「ならば、努力目標で」となるが、
年度末にはいつの間にか「必達」に
変わっている。
経済はと言うと、右肩上がりが
これまた当たり前のように要求されている。

 しかし、同じ場所にとどまり、
現状維持のように見えても、
その分、“深化”していてはどうか。
きっと、お客さまの満足度が高まるのは、
そういう場合なのかと思う。
面積ではなく、深さ。
農園がそうなっていければ、
理想的と考えている。

【写真】試作中のポレポレ苺の手作りジャム

 ポレポレのジャム。
今野シェフは、休まず研究を続けている。
“かなみひめ”のジャムを
昨シーズンにデビューさせ、
ご好評をいただいている。
しかし、そこには留まらない。
今度は多品種とのミックスを試行中。
それぞれの個性を知り尽くしているだけに、
引き出しは多い。

(まだまだ掘り下げると by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト J(いちごジャム) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
再入荷しました
2019/04/29(Mon)
【写真】新生ジャム「14’20”(14分20秒)」

 新生ジャム“14分20秒”(商品名)は、
売り出し初日におかげ様で完売。
それを聞いたペルポンテの今野シェフは、
忙しい中、大慌てで新たな仕込みをして
くださり、以下メッセージとともに
追加の商品を持参いただいた。

「ポレポレ農園さんのジャムが
売り切れでしたという有難いお言葉を
ポレポレ農園帰りのお客様から
本日頂きました。
農家さんの意見、料理人の意見の
プライドと意地がぶつかり合った
良いものが出来たと感じております。
世の中に無いものを作るのですから
大変な事とは分かっていましたが、
無理、やれないという言葉を使い
簡単にお断りするのだけは
やめようと決め、トコトンまで
やらさせて頂きました。
大変お待たせしました。
納得のいく商品が出来上がったと
思っております。
是非お楽しみ下さい!」

(明日からまた売り出しへ by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト J(いちごジャム) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新生ジャム 誕生
2019/04/26(Fri)
【写真】新生ジャム「14’20”(14分20秒)」。

 絶妙の風味に仕上がったと思う。
とろみも色も抜群に。

 ペルポンテの今野シェフが、
作ってくださったこだわりの手作りジャム。
商品の名は“14分20秒”。
火を入れてからポレポレいちごの
風味がもっともクリアになる瞬間である。

 “かなみひめ”の赤い色と風味をここまで
引き出すために試行錯誤を重ねてきた。
最適の温度帯にいつ到達させるのか、
その後の冷却の時間はどこか、を含めて
一歩一歩、丁寧に積み上げるように。
砂糖は20%に控え、保存料は使わない。
素材の魅力を極限まで引き出してくれたと思う。

 この世には存在しない唯一無二のジャムが
出来たとシェフともども自負している。

(明日デビューの自信作 by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト J(いちごジャム) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新生ジャム始動へ(その2)
2019/03/31(Sun)
「1分、いや秒単位で
 表情が変わりますよ。」
ペルポンテの今野シェフがそう言う。
いちごを煮詰めていくと、雑味が消えて、
風味が一気にクリアになる“瞬間”が
あるのだそうだ。
何度も試作を続けてくれているからこその
発見である。
風味ととろみの両立をいかに実現できるか。
ゴールが見え始めている。

【写真】ペルポンテ・今野シェフが試作中の新生ジャム

 ちなみに、ジャムは“かなみひめ”で作る。
この品種は、ご存知の方も多いと思うが、
食味が優れているのは間違いない。
ただ、果肉が白っぽいので加工品として
扱うのはプロでも難しいところがある。
きれいな赤色が出せないからである。
しかし、それを今野シェフが克服した。
煮詰める温度帯、冷却する温度帯、
それぞれの所要時間。
膨大なマトリックスの中から導いた
結論である。

(流石でしょ~ by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト J(いちごジャム) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新生ジャム始動へ
2019/03/27(Wed)
 農園のいちごジャムは、
これまで“ジャムおじさん”が
作ってくれていた。
しかし、“ジャムおじさん”の
本業が忙しくなり、
なかなか時間が取れなくなったので、
このところは、お休みになっていた。
がっかりしていたお客さまも
多かったと思う。

 そこに、救世主が現る。
あの ペルポンテ の今野シェフが、
「面白そうですね。やってみましょうか」と
忙しい中、試作を始めていただいている。
シェフのご親戚にはブルーベリージャムを
作っておられる方がいるということで、
工程の様々な知識は、すでにお持ち。
そこにシェフの“こだわり”の技術が
加味されるので、これまでの世の中にはない
新しいジャムが誕生するに違いない。
なんたって、
あのポレドレを作った人なのだから。
シェフの眼がキラキラと輝いている。

(乞うご期待 by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト J(いちごジャム) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>