友情
2017/06/20(Tue)
 のぶ子さん一家のご自宅に“モカ”という愛犬がいる。
名の通りの毛色で、飼い主たちに似てとても優しい性格だ。
吠えることはほとんどない。
3年程前にモカが来てすぐに、のら猫がモカのエサを共有するようになった。
そして、いつの間にか兄弟のように一緒に住むようになったと聞いている。
モカの軽やかな身のこなしは、その影響があるのかも知れない。
こういう寛容さは、このご家族ならではとも言える。

【写真】のぶ子さんご家族の愛犬“モカ”

 先日、その猫の姿が突然見えなくなったそうで、
ご家族が心配していたところ、
モカが、いつもの散歩コースをはずれてグイグイと引っ張るように歩いて行く。
そして、近所の家の物置の前で立ち止まった。
「ニャ~、ニャ~」
どうやらそこに紛れ込んだまま、ドアが閉まり出られなくなっていたようである。
2匹が再会するシーンを是非とも見たかったものである。

( 動物たちは、心のひだを広げてくれる by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
学区探検
2017/06/16(Fri)
 課外授業で、近所の小学校から2年生の生徒たちが来園した。
大きな水筒とノートをぶら下げて。
最初の挨拶もしっかりと大きな声ででき、
どの子もしっかりと予習をしてきた様子。沢山の質問をもらった。

【写真】農園主に質問をする男の子とその内容をノートに書き込む小学2年生の生徒さん

 こちらからは、「どうやって子苗が増えていくのか」をテーマに、
育苗ハウスに案内した。
親苗からランナー(ツル)を通して子苗が次々と増えていくこと。
子苗の兄弟たちがみんな親苗から栄養をもらって育つことを伝える。
 「へぇ~、家族はみんな繋がっているんだ」
 「40苗も子供を育てるの?お母さんは大変だねぇ」
そういう子供たちの目の輝きを見ていると、
知らない世界を知る、学びの楽しさを実感する。
“へぇ~、そうなんだ”は、いくつになっても楽しいものであるから。

( おっと、自分も勉強しよ by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
学びの手伝い
2017/06/06(Tue)
 近所の小学校の先生から「学区探検」のご依頼を受けた。
小学校2年生の生徒たちが、学校周辺の職場訪問をするもの。
こういう時は、説明資料をいただいても必ず直接伺う質問がある。

「この行事の趣旨というか、目的は何でしょうか?」
子供たちに散歩のついでに寄られても困る。
お互いに実のある時間にしなければ意味がないからである。

― 生徒たちに地域のこと、働く方々の仕事のことを知ってもらい、
  そして、その中で“礼儀”も学んでほしいと思っています。

 先生のその言葉にとても重みを感じ、快諾させていただいた。

( こちらも背筋がピンとなる by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カエルの唄
2017/04/29(Sat)
 農園の目の前の田んぼでは田植えが進んでいる。
のぶ子さんのご家族も総出で手伝っている。
すっかりGWの風物詩となって、いちご狩りのお客様も
興味津々に眺めている。

【写真】田植え作業が終わったばかりの受付ハウス前の田んぼの様子

 朝夕には、びっくりするくらいの大合唱が田んぼから聞こえてくる。
「ケロケロ、ケロケロ」
子供たちが、夢中でカエルを探す光景もこの連休ならではである。

( 靴を泥んこにしながら by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
田んぼの風景
2017/04/13(Thu)
 とてもいい陽気になっている。
受付ハウス前の田んぼには、水が満たされた。
のぶ子さんちの田んぼである。
春の風が、その水面の上を通り抜けてやってくる。
だから、爽やかな風を感じることができるのである。

【写真】受付カウンターから見た受付ハウス内の様子(外には水が張られた田んぼ)

( 田植えがそろそろ始まりそうだ by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>