梅雨の晴れ間
2018/06/19(Tue)
 親苗の葉が気持ちよさそうにしている。
今年は、有機質の栄養を入れているのが、
気に入ったのか、葉の展開が早く、
とても勢いがある。

【写真】“おいCベリー”の親苗の様子

 この時期最も大事なランナーの出現も
順調で、特に“おいCベリー”は
すこぶる旺盛。
今シーズンも期待できそうだ。

(明日からまた雨 by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ランナー留め、開始へ
2018/06/08(Fri)
【写真】ランナー留め作業の初日が終わった育苗ハウスの様子

 これが始まると、いよいよ本格的に
来シーズンの準備が始まった気になる。

 イチゴは多年草なのだが、
毎年植え替えるので、苗づくりをする。
親苗から出現するランナーの先に子苗が
でき、それを増殖させていく。

 この苗の出来次第で、
次の赤い果実の味覚が決まる。
だから、とても緊張感のある作業である。

(これから4か月間のこと by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親苗の様子
2018/06/06(Wed)
【写真】親苗から小苗となるランナーが伸びている様子

 親苗からツル状のランナーが次々と出て来た。
とても順調なので、そろそろ
子苗のポット受けを始められそうである。
関東は梅雨入りし、この時期はランナーや苗の
生育がとても早い。
雑草たちも同じである。

(雨のたびにぐんぐん成長する by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
快適な空間
2018/06/03(Sun)
【写真】土を入れ終えた小苗用ポットを並び終えた育苗ハウスの様子

 育苗ハウスに恒例の模様。
ポットに土入れをして、
適度な間隔を開けて配置すると
できる絵柄だ。
混み合い過ぎている環境は、
人間にとっても不快である。
苗たちもこれからの暑さを元気に
乗り越えていかなければいけない。
風通しはとても大事である。

(健やかに by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕事いろいろ
2018/06/01(Fri)
 本圃ハウスの後片付けが一段落したので、
(まだ終わってはいないのだが)
次の作業に取り掛かり始めた。

【写真】子苗用ポットへの土入れ作業をしている育苗ハウスの様子

 来シーズンの苗を育てるためのポットに
土入れをしていく作業である。
今月上旬には、ポット受けをしていくので、
今のうちに13,000ポットを作り、
育苗ハウス2棟に順番に配置をしていく。
嫁さんが数学的に(パズル的?)毎年考えて
練った配置図に沿って仕上げていく。
これから数日間は、この仕事にかかりっきり。

(夜明けとともに by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>