備える
2017/10/20(Fri)
 連日の雨でもハウス内の仕事なら、
普通にできる。
それがこの仕事のいいところであり、
晴耕雨読とはいかない残念なところでもある。

【写真】ベアハウスの中央通路の防草シートを剥がして土をならしている様子

 通路のシートをめくって、
凸凹を鍬で整備する。
リピーターの方々が好きなコーナーは、
妙にくぼんできているような気もするが、
モグラが地中にいたりするので、
誰のせいかは分からない。

 さて、日中に雨足が弱まってくると、
今度は外に出てハウスの上で
台風対策をする。
今回のは相当手強そうだ。

( 色んな準備を少しずつ by 農園主 )

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
摩耗の喜び
2017/10/07(Sat)
 本圃ハウスの地面には、
厚手の防草シートが張ってある。
来園されたお客様の足元が汚れないように。
ヒールでも?いちご狩りができるように。
しかし、5年も経つとシートが擦り切れてくる。
たくさんの方々が中に入って楽しまれた結果なので、
嬉しい摩耗とも言える。

 そういう箇所を昨年は、嫁さんが丁寧に補修テープを
ひとつずつ切って張った。 色んな形に。
「隠れミッキー? がいましたね」
そう言って喜んだ方もおられると思う。

【写真】本圃ハウスの通路に新しい防草シートを張っているところ

 今年は、通路毎に張り替えを始めた。
一気に全面の張り替えをする時間と費用の余裕はないので、
1通路、1通路やってみようと。

(感謝しながら by 農園主)

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6年目
2017/06/29(Thu)
【写真】防草シートをベアハウスの南側妻面の張ったところ

 育苗ハウス前の地面に防草シートを張った。
この仕事は嫁さんが上手いので、毎年お任せする。
シートを張る場所は、草刈りの手間がかかるところから着手し、
毎年少しずつその面積を広げてきている。
今年は、ハウスの正面(妻面という)で、かつ真四角の排水口があるところ。
機械での草刈りには、いつも悩まされる場所のひとつである。

「少し小さ目に切って、伸ばすようにするとスポッとはまるの」
排水口周りもいい出来栄えである。
奥に山が見えて何とも気持ちがいい。

( いい仕事したね by 農園主 )

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農園へのアプローチ
2016/12/11(Sun)
 そこには枕木が敷いてある。
なるべく靴が汚れずに農園に入ってもらうためだが、
オフの間に草が生えたり、枕木が沈み込んだりしている。
シーズンの開始前には、ここを整備するのが恒例になっている。

【写真】受付ハウス前の枕木を外して草を取った後で土をならしている様子

 草を取って、土を盛って、砂利を敷き直して。。。
そう言えば、シーズン中に毎年この砂利で遊ぶお子さんたちがいる。
草防止のために枕木の隙間に敷いているのだが、
これを拾っては入口脇のポストに入れる遊びだ。
農園主から注意された子、たくさんいたと思う。
「そうだ、来年はあの子たちにも手伝ってもらおうか」
そう言うと、嫁さんは笑いながらせっせと草を取っている。

( 我々は、結構本気である by 農園主 )

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
54年振りの雪でも
2016/11/24(Thu)
 雪が降っても、ハウス内では普通に仕事が出来るところが、
この仕事の強みであり、つらいところでもある(寒かったぁ)。

【写真】地面のシートを剥がして、いちごハウス通路の補修作業をしている様子

 ハウス内の通路にデコボコしている箇所がいくつか出来ている。
いちご狩りに大勢の方が歩くからということもあるが、
モグラがシートの下を掘るのが大きな原因だ。
ガクンと足を捻挫したり、お子さんが転んだりしてはいけないので、
毎年少しずつ補修をしている。
今回は、ハウスの端の通路を大掛かりに均した。
お得意様はこの通路がお気に入りの方が多いようである。

( 理由? 秘密だと思う by 農園主 )

この記事のURL | カイゼン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>