FC2ブログ
植物ホルモンの不思議
2018/10/17(Wed)
関東各地で、ちらほらと
サクラが咲いているそうだ。
読売新聞の記事が報じている。
サクラは7~8月に花芽をつけ、冬を越す。
寒い時期は、休眠し、春になると、
花芽が生育し、出蕾、開花となる。
ところが、あの台風で塩害となった葉が
次々と散ってしまったことで、
サクラは冬が来たと誤解し、
そのうえ、気温は高いので、
同時に春が来たと開花のスイッチを
入れてしまった、というわけである。
植物に内在するセンサー(ホルモン)は
誤作動を含め、神秘的である。

 実は、イチゴも似ている。
イチゴは9月に花芽をつけ、
寒い冬は同じように休眠し、
春に開花、結実する。
それが本来の生理で、
露地栽培ではそうなる。
私たちは、それをハウス内で栽培し、
暖房をすることで、イチゴに冬を飛ばして
一気に春を感知させている。
それが、冬から春まで
楽しんいただける理由である。
(正確には、生殖生長と栄養生長を
不断に繰り返すことが必要で、
ちょっとした秘訣もある。)

(植物の奥深さ by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
働く理由
2018/10/15(Mon)
 “就活ルール”が廃止されると
報道されている。
就職活動の解禁時期がなくなり、
企業はいつでも採用できるようになる。
売り手市場の中、人気企業が青田買いを
早めることで、中小企業は増々、
人材の確保が難しくなると心配している。

 学生はというと、その7割が
“ルールはあった方がいい”と回答して
いるそうだ。落ち着いて勉強ができない
という理由である。
不安な気持ちはわからないでもないが、
企業はいつでもオープンなのだから、
自分の都合で門戸をたたくことが出来る
という考え方もある。
「いついつから就職活動を始めて下さい」
そう言われないと動けないというなら、
それこそ指示待ちの人材と自白している
ようにも感じてしまう。

 自分の適性や夢、家族のことを考えて、
片田舎であっても地元の会社に就職する
ことを決めた若者を知っている。
もがきながら、大志を抱いて。

(若い時の苦労は、、、  by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
基礎学力
2018/09/26(Wed)
 朝刊を朝4時前には読んでいる。
定植の準備を暗いうちから始めるからだ。
(ヘッドライトを2人で付けて)

 そんな薄暗い朝に面白い記事を読んだ。
新宿区の学校では、行内便りや通信簿を
7か国語にしているという。
外国人が増えているということなのだが、
先生方の苦労は容易に想像される。
日本人を教えるだけでも大変なのだろうから。
外国の生徒を対象に補習授業をしたりもする
そうで、その場合、原則日本語を使うものの、
通訳がいることもあり、
“「円すい」や「三単現」といった用語は、
現地の言葉で訳したりする”とある。
そうなんだ。
ところで、三単現?ってなんだっけなぁ。。。
懐かしい響きであるのは確かなのだけど。
そんな話を2人でしながら、
農園に向かうのであった。

(サムゲタンなら詳しい by 農園主)


この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
副業のメリット
2018/09/02(Sun)
 「副業をもつ会社員は4%」(総務省調べ)
新聞記事で見かけた。
ほとんどの企業は、社員の副業を
勤務規定の中で副業を禁止しているが、
もったいないことだと思う。
双方にとって。

 小さな農園でも自営業となれば、
それまでの会社人とは、まったく異なる
発想や着想で仕事をすることもある。
また様々な方々と知り合うことが
できるのも醍醐味である。
今更だが、もし会社員に戻ったなら、
あの頃よりは、きっとましな仕事が
できるような気がする。
(気のせいかも知れないが)

 ちなみに、企業が副業を禁止する理由は、
仕事の掛け持ちで
仕事が怠慢になる(遅刻とか)、
技術や情報が他社に流れる、
会社の品位を落とす仕事もある、
というもの。
禁止しなくても、何とかできるような。

 一方で、大企業の中にも
副業を支援している先もあると聞いた。
ユニ・チャーム、オムツの会社である。
㏋をのぞいてみたら、
「当社とは異なる環境で新たなスキルや
専門性を身につけたり、能力を発揮する
機会や人脈を広げる機会を得たりすることで、
能力を高め、活躍の場を広げるといった
社員のさらなる成長を支援するため。」
とある。
心地のいいオムツが
どんどん開発されていくに違いない。
そう確信する。

(もっとも、赤ん坊しか知らないが by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
塵も積もれば
2018/07/17(Tue)
 西日本の大雨の被害は想像以上で、
被災者の方々にはお見舞い申し上げたい。
また、ボランティアの方々には
頭が下がる思いである。
ただ、独りよがりはいけないとも聞く。
「現地ではまずは救助活動、
次にライフラインの復旧活動、
そして復興活動になる。
前2段階は専門の人にしかできないもので、
ボランティアの力が必要とされるのは、
復興活動からになる」そうだ。
たたでさえ混乱しているであろう現場で、
人的な交通整理は大変重要なことと推察する。

 では、我々“しろうと”は
いま何をすべきか?
東日本震災の時に経験のある友人が、
教えてくれた。
当地でできるだけ消費をして
“お金を使ってくる”ことだと。
飲食店や旅館で消費することが
地域経済への即効性があり、
もしその暇がなければ、
次善策として寄付金があるそうだ。

(早速明日にでも少額ながら by 農園主) 

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>