FC2ブログ
いつ、本気になりますか?
2018/12/10(Mon)
「最初は、問題に気付くことが大切です。
そして、問題の原因を分析し、人々と共有し、
具体的な計画を立てることがさらに重要です。
しかし、そこまでの作業が終わったとしても、
再生への取り組みは、まだ5%しか完了した
ことになりません。
残りの95%は、それを実行できるかどうかに
かかっているのです。」
(「経営を語る」C.ゴーン著)

 さすがは、カリスマ経営者。
強欲さはともかく、説得力がある。
優秀な人が会社に集まっていても、
入社後になんの刺激も、要求も、目的も
与えられなければ、筋肉もなくなるとも。
きっと、どの会社でも同じ悩みがあろうか。

 先日、千葉市から新規就農を
希望する人達が来園した時は、
こちらが圧倒されるくらいの
質問攻撃であった。
自分の農園をどうやって、作り、
運営し、栽培技術を高めていくのか。
失敗は許されない。
生活がかかっているのだから。

 熱意があれば、何でもできるっ。

(なければ、なんにもできない by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
それぞれのスタイルで
2018/11/24(Sat)
「人はどんなものにも慣れていく。
だから、モノより、経験の方が幸せの
“持続時感”が長いことが知られている。
しかし、モノにお金を使ってしまいがち
なのは、モノが人と比べやすく、
経験は人と比べにくいという
理由があるからだ。」
( 「ぼくたちにもうモノは必要ない。」
   佐々木典士 著 )

 ブランド物を選好する心理であろう。
しかし、「モノ消費」から「コト消費」への
移行が進んでいると言われ、
体験型のアトラクションには
出費をしてもいいという。
いちご狩り体験もそのひとつになる。
特に“味覚や嗅覚”と“記憶”の
関連付けは強いことが分かっているので、
ご家族や友人といちごハウスで
共有した経験は、とても印象的な
思い出になる条件がそろっている。
だから我々生産者は、それぞれの
農園の特徴を最大限に生かして、
その舞台演出に努めなければいけない
と思う。
ともすれば、風味とともにマイナスの
印象をも大きく与えかねないことを
肝に銘じて。

(正解はひとつではないはず by 農園主)


この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
縄張りの縄
2018/10/31(Wed)
 どこの業界にもあると思う。
メーカーが販売網を構築する時に
そのエリアに代理店を置いていく。
珍しい話ではない。
しかし、もし最終消費者が
その代理店では不満と言ったときに
メーカーはどうするのか。
「このエリアではそこの店でしか
当社の資材は購入できません」
―他の代理店からは買えませんか?
「できません。」
―えっ?

 農園の開園準備を進めていた7年前に
実際にあった話である。
消費者よりも代理店が大事なのだそうだ。
理由は、直接仕事をもってくるのが
代理店だから。
施主がいるのに?

 この手の勘違いというか、
方向音痴な仕事をする会社や
会社人は不思議と少なくない。
どこを見て仕事をしていくのか、
そういうことが共有できる人と
仕事をしていきたいと思う。

(縄を切り放つために by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
壁の先
2018/10/26(Fri)
「自分の限界は、自分が決めてしまっている」
一流アスリートからよく聞かれる言葉だ。
「もうだめだ」そう思った瞬間、
体は動かなくなるからだそうだ。

 仕事の限界、キャパシティという意味では
どう考えたらいいのだろうか。
会社にいれば、業務がオーバーフローに
なっている人が必ずいるものである。
決して能力が劣るわけではない。
いや、それどころか、できる人だからこそ、
仕事が集まっているところもある。

 上手く業務を回せない理由があるとすれば、
多分、時間の管理であろうか。
優先順位をつけることができれば、
「時間を支配する」ことができる。
何を大事に思っているのか、
譲れない信条はなにか。
「やりたい、やりたくない」
そう単純化してもいいのではないかとも思う。

(殻を破るチャンスなら by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のるかそるか
2018/10/04(Thu)
 新しいことに挑戦する時は、
いつも怖さがつきまとうものだと思う。
しかし、それを上回るワクワク感が
あれば、飛び込んでみたい。
そういう風に考えるようにしている。
勝算を様々な観点から検証することが、
大事なのは言うまでもないが、それでも、
最後は、直観的に心を揺さぶられるものが、
あるのかどうか。それに尽きると。

「キミに覚えておいてもらいたい
ことがある。大きく分けると
“人生には2種類しかない”
ということだ。
“たくさんの経験をする人生”と
“わずかばかりしか経験しない人生”だ。
安全ばかりを考えていては、
つまらない人生になるよ。
行動しなければ、何も起きない。」
(「大富豪からの手紙」本田健著)

 規模がすべてではないが、
夢のある大きなプロジェクトを
進めることができる人もいる。
もし、ワクワク感を共有できるなら、
そこから逃げる理由はないのではないか
と考えている。

(お客様が喜ぶなら by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>