三役揃い踏み
2016/12/05(Mon)
 ハンマーモア(草刈り機)、動力噴霧器、みのる君(プチ耕耘機)。
まとめて、農協機械センターにメンテナンスをお願いしたので、
揃って搬送されて行った。

【写真】JA機械センターの方が草刈り機と動力噴霧器を軽トラに運んでいる様子

 夏場はそれぞれにフル稼働した。
オイル交換やら消耗品の部品やら、色々と手入れが必要になるから、
毎年恒例の “ドック入り” である。
ハンマーモアは、特に酷使しているので草刈りの歯がガタガタだ。
費用はかかるが、今のうちに新しくしておこう。

( 来場所に備えて by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スーパーカー?
2016/12/03(Sat)
 シーズン入りを前にずっと気になっていたことがある。
いちご狩りの皆様をお迎えする前にはハウス内を必ず掃き掃除する。
花びらや土埃を掃除するのだが、面積(毎回1,000㎡くらい)が結構あるので、
意外に時間がかかる。 花の多い時期には、ホウキを持つ手にマメができることも。。。
何かいい道具はないものかと。
毎年あれこれと道具を探してきたが、どれも一長一短で気に入ったものがなく、
決めかねていたのだが、いいものを見つけた。

【写真】ケルヒャーの業務用手押し式スイーパー

 電気やガソリンエンジンの動力なし。
手押しで底と脇のブラシが回転し、塵を集めていくので、
延長コードや排気ガスの心配なく、ハウス内を効率的に掃除できる(はず)。
ケルヒャー社の“スイーパー”である。

( さーて、どこまでやってくれるか by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ご無沙汰、みのる君
2016/08/19(Fri)
【写真】高設ベッドの土を耕すプチ耕耘機“みのる君”

 高設ベッドを覆っていた黒マルチをはがし、培土の耕耘(こううん)を始めた。
本圃ハウスでの作業は1ヶ月振りである。
今回は、プチ耕耘機(みのる君)を使って、表面から深さ5㎝ほどの浅い部分を耕す。
苗を定植するのはまだ1ヶ月ほど先であるが、これから少しずつ手を入れていく。
熱消毒の副次効果があって、土中の根も順調に分解されているようだ。
“みのる君”を引っ張る負荷の感触は軽いので、上々の仕上がりである。

( そうは言っても1,200mは結構な筋トレ by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こだわりのインソール
2016/06/12(Sun)
 イチゴ農家の大事な道具のひとつは、“作業靴”である。
立ち仕事が多く、1日中農園内を行ったり来たりするので、
自分の足に合った靴を履くことは基本であるが、プラスアルファがある。
先日、登山用品の店で靴を買った時に、インソールの重要性を教わり、
試したところ、すっかり気に入って買い増している。
“スーパー・フィート”は決して安くはないのだが、
それ以上の効用を感じている。

【写真】スーパーフィートのインソール

 インソールのかかと部分は“ヒールカップ”と呼ばれ、
その名の通り足元をしっかりと固定し、土踏まずの部分も下から押し上げる。
とても快適なフィット感である。
試しに安物のゴム長靴にも入れてみたら、「えっ?」驚きの感覚に変わった。
ビジネス靴やハイヒール用のものをあるそうだ。

( 誰にでも足元は大事だから by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大型設備投資?
2016/01/07(Thu)
 冷凍庫を購入した。
容量は320ℓ、たっぷりストックできるサイズのものである。

[写真]凍りいちごをストックするために購入した大型冷凍庫

 「凍りいちご、あるといいのにね」
お得意様にこれまで何度もリクエストされて来た。
そうすれば、“ジュース”とか“かき氷”でいちごを一年中楽しめるというのだ。
確かに、最近では100%果実のかき氷が人気だと聞く。
それに練乳をかければ、、、美味くないわけがない。

( 春からのお楽しみ by 農園主 ) 

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>