未来への道具?
2017/09/16(Sat)
 「300年前の職人たちが教えてくれる」
日光東照宮の改修作業をしている職人のことば。
漆塗りの柱の一部には、剥がれてしまっているところもあり、
300年後にはこうなるという失敗作もあるのだそうだ。
自分の仕事も同じように300年先の職人から実証検分される。
途方もないスケールで、どれほどの緊張感であろうか。
その現代の職人がもうひとつ、面白いことを言っていた。
「漆を塗る刷毛(はけ)は、人の髪の毛で作り、
海女さんの乾燥した毛が一番いい」のだそうだが、
今やその刷毛を作る職人がいなくなっているという。
文化保存は、同時に道具の保存であると。

【写真】色々なテープで印をつけた定植用ロープを水を張ったバケツにつけて検証している様子

 さて、当園の大事な道具のひとつ定植用のロープ。
20センチ毎に植えるので、印をつけたものを
土の上に張ると作業がスムーズにかつ正確になる。
もちろん、市販のものなどはあるわけもなく、
嫁さんの手作りである。
マジックの印では、2年で見えなくなってきた。
今年は、絶縁ビニールテープを巻いて見ることになった。
他のテープととともに一晩、バケツに漬けてみて、
もっとも水に剥がれにくいとの実験結果から。

( 来年の実証検分が楽しみだ by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たかがパイプ、されど
2017/09/13(Wed)
 知らないことは相変わらずいっぱいある。
高設ベッドの灌水パイプを補修しているのだが、
“耐熱性”のパイプがあった。えんじ色のだ。
水道用パイプというと、ねずみ色の塩ビ管が
一般的でこれまで疑問なく使って来た。
ただ、本圃ハウス内は、真夏に数日間は閉め切って
土の熱消毒をすることもあり、とても高温になる。
すると、ねずみ色のパイプは湾曲することがある。

【写真】えんじ色の耐熱性パイプを高設ベッドの灌水パイプとして取り付けたところ

「いいのがありますよ。 高いけど。」
農園設備の保守管理を
全面的にサポートしてくれている
津田さん(安房竹材)が教えてくれた。
確かに5倍くらいの値段がする。
しかし、必要なものには相応のコストは
進んで払うべきものと考えている。

( やせ我慢ではなく。。。 by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二代目ハンマーナイフモア
2017/08/05(Sat)
【写真】二代目ハンマーナイフモア(自走式草刈機)

 フェラーリのような赤いボディが眩しい
新車が納品された。自走式の草刈機だ。
実は先日、盗難に遭い、買い換えたもの。
近隣で農機具や草刈機の盗難が聞かれ、
施錠にはとても神経質になっていたのだが、
とても残念である。
パトカーが2台来てご近所には目立って
しまったようだが、とても丁寧な対応をして
くれた警察の方々だった。
指紋や靴跡の採取、事情聴取など。
犯人検挙は難しい事案であろうが、もしかしたら、
と期待させてくれる働きぶりであった。
神妙な顔つきで終始仕事をされていたので、
数時間のやり取りのあと、最後に聞いて
みたくなった。
「警察のお仕事は、事件ばかりで大変だと
思うのですが、仕事中にみんなで笑ったり
することとかあるのですか?」
二人の警察官が顔を見合わせ、
「ええ、時々ありますよ。 
遭難された方が救助された時とか、
みんなで抱き合って喜ぶますよ。」
一瞬和らいだ表情でそう言われた。

( 素晴らしいな by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アーケードの下で
2017/04/01(Sat)
 4月なのに寒い雨となった。
久し振りに受付ハウスのストーブに火を入れたくらいである。
ハウス栽培なので、雨の日にも楽しめるのが、
いちご狩りのいいところではある。
しかし、そうは言っても外が雨降りでは濡れてしまう。

【写真】受付ハウス(左)と本圃ハウス(右)の間にあるアーケード

 そういう時のために、アーケードを用意してある。
雨の日に屋根を広げて、受付ハウスからいちごのある本圃ハウスまで
濡れずに移動でき、トイレにも傘いらずで行ける。
しかも、人気のシャボン玉もこの中ならお子さんも楽しめるのである。
皆様の笑い声を聞いていると、
苦労してこのアーケードを作ってもらった甲斐があったと実感している。

( 暑くなると日除けにもなる優れもの by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
三役揃い踏み
2016/12/05(Mon)
 ハンマーモア(草刈り機)、動力噴霧器、みのる君(プチ耕耘機)。
まとめて、農協機械センターにメンテナンスをお願いしたので、
揃って搬送されて行った。

【写真】JA機械センターの方が草刈り機と動力噴霧器を軽トラに運んでいる様子

 夏場はそれぞれにフル稼働した。
オイル交換やら消耗品の部品やら、色々と手入れが必要になるから、
毎年恒例の “ドック入り” である。
ハンマーモアは、特に酷使しているので草刈りの歯がガタガタだ。
費用はかかるが、今のうちに新しくしておこう。

( 来場所に備えて by 農園主 )

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>