FC2ブログ
出番待ち
2018/11/27(Tue)
【写真】暖房機の試運転の様子

 暖房機の炎が赤々と燃えている。
メンテナンスを終えて、試運転は済み。
いつでもいける状態にしてある。
原油も本格的な下落基調に突入し、
冬支度は完璧である。

 しかし、この暖かさ。
暖房機はもっぱら、二酸化炭素濃度を
補充するために運転する役割ばかり。
(これも大事な効用)
木枯らし1号は吹かないまま、
12月になってしまいそうである。
過ごしやすいのだから、文句はない。
ただ、いちごの株が大きく
育ち過ぎないように
結構、気を使う日々である。

(ハウス内では腕まくり by 農園主)

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おすすめの飛び道具
2018/10/03(Wed)
 育苗用のポットには、こだわっている。 
苗半作どころか、
八作(果実の出来が8割決まる)、
なのであるから、
その育つポットの環境が
どうでもいい訳がない。 
もっとも大事である。
夏場の暑い時期には、
水はけが悪いポットの場合、
灌水した水がすぐ熱湯になって
根を痛める。 
スリットの入ったものなら、
水はけはよく、かつ蒸散作用で
クーラーの役割も果たしてくれる。
もちろん、土量は多い方がいい。
根毛量が全く違ってくるからだ。

 そういう条件を備えたものは、
それなりのコストがかかるので、
大事に毎年、洗浄して使う。
土を落として劣化を防ぐだけでなく、
病原菌を翌年に持ち越さないために
消毒も欠かせない作業になる。

【写真】ケルヒャー社の高圧洗浄機で育苗用ポットを洗っている作業場の様子

 今年から導入した“高圧洗浄機”
(ケルヒャー社)が、大活躍している。
これまでは、ほぼ手作業だったのが、
革命的な進化である。
作業時間は半分になりそうで、
そのうえ土の除去も、従来より
きれいにできている。
当園では、嫁さんが一番喜んでいる。

(同業の皆様にもおすすめ by 農園主)

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
えんじ色
2018/07/07(Sat)
【写真】高設ベッドの灌水用塩ビ管を耐熱性塩ビ管に交換したところ

 高設ベッドの灌水をするための
パイプを取り換えている。
少し値が張るが、耐熱性の素材のものを
昨年から使い始めている。
一気に交換とはいかないので、
毎年水漏れがあった箇所から順次。
従来の塩ビ管(鼠色の)は、安価で
便利なのだが、熱に弱く、特に
真夏にハウスを閉め切って、
熱消毒をする当園ではパイプが
湾曲することがある。
新しいパイプは90℃まで耐熱できる
そうなので、当面は大丈夫なはず。
ただ、交換作業をしている最中は、
結構暑いので、こちらが参る。

(玉のような汗が流れる by 農園主)

この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい機械
2018/06/21(Thu)
【写真】ケルヒャー社の高圧洗浄機

 高圧洗浄機を思い切って購入した。
ケルヒャー社の安くない機械だ。
スカート(高設ベッドの保温シート)は、
シーズンが終わると砂埃がつくだけでなく、
練乳をこぼした跡や、
お約束の?「お子さんの手形」など
いちご狩りのお客様方が楽しまれた
形跡が残る。
これを毎年、水洗いをしていくのだが、
これまではホースの先にジェット式の
ノズルを付けて使っていた。
それなりに「ジェット」だと思っていたが、
高圧洗浄機は桁違い。
エンジン式のパワーは予想以上で、
近距離ではスカートが破れるほど。
そういう意味では、決して使い勝手が
いいとは言えない代物だ。
重量もそれなりにあるので、広いハウスを
行ったり来たりするのは結構シンドイ。
ただ、そのパワーから5、6m先は一気に
スカートの表裏の汚れを吹き飛ばす。
残念ながら手形の跡までは、
綺麗にならないので、最後は手作業で
拭き掃除になることは変わらない。 
作業負担として、時間と疲労度は
半減したとは思うが、イチゴ農家の方々に、
この機械の有益性が参考になるのかどうか。
そもそも、スカートを洗うこと自体が、
一般的ではないのかもしれないので。

(従来よりもいい仕上がり by 農園主)


この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドリルで
2018/06/12(Tue)
 新しい道具を使って、
株抜きをしている。
従来は、鎌を使っていたのだが、
12,000株のクラウン(根元)を
抜き取るとさすがに手がしびれてくる。
ドラえも~んに何かいいものを
ポケットから出してもらえないものかと
毎年、念じてきた。。。

【写真】いちごの株抜き用の電動ドリル

 飛び道具とはいかないが、
電動ドリルを今年は使い始めている。
結論は、手作業の方が早いが、
疲労度は相当軽い。どちらを採るかだが、
今年は生徒さんたちが手伝ってくれたおかげで、
少し進捗が早いため、動力を使って進めている。
Tシャツは飛び跳ねた土だらけ。

(もうあと数日はかかりそう by 農園主)


この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>