FC2ブログ
クロちゃんです( しばしお別れ 編 )
2019/03/12(Tue)
 カメのクロちゃんが、毎年この時期に
冬眠から目覚める。
正確に言うとあと3日後くらいであるが、
今年は、暖かいので、
もう起きているかなと思って、
冬眠用のタライのシートを
はがしてみた。
あれ?いない。どこを見てもいない。。。
そう、いなくなってしまった。
シートには通気口のために
隙間を開けてあるので、
そこから脱走というか、
出て行ってしまったようだ。
「もう起きていますけど。。。」と
待っていたのかも知れないが、
待ちきれなくなったのだろう。
タライの置いてある育苗ハウス内を
くまなく這いつくばって
探してみたのだが、
やっぱりいない。
ここにも水抜き用に
隙間を作ってあるので、
そこから出て行ったようだ。

 クロとは、6年前からいっしょなので、
とてもショックで悲しい。
クロ好きのお客様も多いので、
がっかりさせてしまうことになる。
ゴメンナサイ。
しかし、多分、いや、きっと、
農園内のどこかでのんびりと
散歩しているはずなので、
いずれ必ず再会できるものと信じている。

(外の空気はどう? by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです(冬眠へ)
2018/12/14(Fri)
 例年よりも1週間遅い
冬眠の準備になった。
暖冬が続いていたが、
昨晩はさすがに冷えて、
今朝はクロも水面下で
ジッとしていた。
先週までは、時々甲羅干しを
していたくらい暖かかったので、
つい油断をしていた。(スマン。)

 桶にたっぷりと水をいれて、
水面にワラをかけて
凍らないようにする。
一番南側の育苗ハウスに移動した。

 水中から少し顔を出して、
チラッと見上げるクロ。
「じゃ、しばらく寝てくるけど、
春まで頑張ってよね。」
そう言っているように見えた。

(うん、わかった by 農園主)


この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです(秋風編)
2018/09/07(Fri)
 朝晩の気温がぐっと下がってきた。
食欲旺盛で、夕方にタライの水を
替えていると、餌を催促してタライの
中をクルクルと泳ぎ回っていたのだが、
この数日は、動きが緩慢になってきた。
日中はというと、猛暑のころは石の陰に
じっと潜んでいたが、最近は、
手足をダラリと伸ばして甲羅干しを
楽しんでいる。

【写真】後足を伸ばして甲羅干しをカメのクロちゃん(後ろ姿)

(季節感あり by 農園主)


この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです (元気いっぱい編)
2018/07/08(Sun)
 一匹になってから1週間くらいは、
不安そうにウロウロしていた。
自由奔放なトラがいなくなって、
どうしたらいいのか、という感じだろうか。
今は落ち着いて食欲も旺盛になり、
餌をねだって、上を見上げながら、
水中で手足をバタつかせる。
「ちょうだい、ちょうだい」と。

【写真】泳ぎながら顔をあげてこちらを見上げるカメのクロちゃん


 桶の水と日陰の状態を確認しながら、
クロの体調を気にしている。

(暑い日は特に by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いまを生きる
2018/06/11(Mon)
 “いのち”は万物共通に限りあるものだから、
それぞれに今を背一杯生きる。
その通りなのだと思う。
ただ、刹那的な響きに多少の違和感もある。
むしろ、これから生きていくことを前提に
将来に向かって、自分はどうありたいのか。
そのために今を生きる、という方がしっくりくる。

 今朝、カメの「トラ」が亡くなった。
多分、熱中症ではないかと思われる。
この数日、食欲がなく動きが緩慢だったので、
心配していた矢先だった。。。
とても残念である。
4年前から農園のスタッフに加わった「トラ」。
一番愛していたのは、「クロ」なので、
きっと、寂しがっていると思う。

【写真】日向ぼっこをしていたカメのトラの上に乗っかるカメのクロ

(雨の月曜日であった by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>