クロちゃんです ( 2代目 “アカちゃん” 登場 )
2017/04/21(Fri)
 「あれっ?カメが増えてるよ。かわいいのが」
嫁さんにそう言われて、桶をのぞくと本当だ。
5㎝くらいの小さなカメだ。
赤っぽい甲羅と長いしっぽ、そしてイカツイ顔つきは、
間違いなく“イシガメ”だ。
ちょうど散歩で通りかかったのぶ子さんのご主人が、
「田んぼで見つけたから、入れておいたよ」と笑っていた。

【写真】2代目のイシガメ “アカちゃん”

 覚えている方もおられると思うが、
かつては同じようなイシガメ(初代“アカちゃん”)がいたのだが、
カラスにさらわれていなくなってしまったことがあった。
その時は、トラもまだ小さかったので同じようにさらわれたのだが、
奇跡的に近所の犬に見つけられて、彼女だけは戻ってきたという経緯がある。
2代目は、当園にまだ慣れていないので、顔を出して見上げる仕草はないが、
ちょろちょろと泳いだりしている。

( 皆様に見つけられるかな? by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( ずぶ濡れ 編 )
2017/04/19(Wed)
 「まぁ、頭から濡れちゃって。。。」
そう言って、お母さんが駆け寄っている気配がする。
2歳くらいの男の子がクロとトラに夢中になりすぎて、
カメの桶に頭から入ってしまったようだ。
来園するなり「かめしゃん、かめしゃん」と言っていた子だ。
嫁さんが慌ててタオルを持って走る。
びっくりしたのか、泣きながら頭を拭かれている。
「もう、パパったら、ちゃんと見ててねって頼んだのに」
「うん。。。見てたんだけど、少し目を離しただけなんだよ」
お父さんが叱られているのを横目に、
男の子は、また桶に身を乗り出してカメに夢中になるのであった。

【写真】タライの中でスイスイ泳ぐカメのトラちゃん

( 春のひと時 by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( お目覚め 2017 )
2017/03/20(Mon)
 昨日、冬眠から目覚めた。
いや、起こしたという方が正しいかも知れない。
11月から育苗ハウスの南側で、4ヵ月冬眠していた。
そろそろ気温が上がってきたので、お腹が空くころである。
慣れてきたとは言え、元気な姿を見るまでは心配であった。

【写真】冬眠から目覚めたカメのクロとトラ

 クロは顔に緑の苔がついていたので、ぐっすり寝ていたことがわかる。
トラは少し甲羅が大きくなったようだ。
いつもの綺麗な井戸水に入れ替えて上げると、
家に戻った気になったのであろうか、元気にモソモソと水中を動き回り始めた。
今日のいちご狩りから、いきなりの仕事始めになったが、すでに人気ものだ。

( 頼もしい助っ人が帰ってきた by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( 冬眠編 )
2016/11/23(Wed)
 寒くなって来た。
明日の最高気温は4℃止まり、雪の予報もある。
クロは水中でジッとして、すでに眠そうだ。
若いトラはまだキョロキョロしているが、明日は流石に眠たくなるはずだ。

【写真】クロとトラの桶を一輪車で育苗ハウスまで運ぶところ

 南側の育苗ハウス内にクロ・トラの桶を移動させ、越冬の準備をする。
水が凍りにくいようにたっぷりと入れて、水面をワラで覆い、
さらに桶の上にシートを被せておく。 これで万全。
ゆっくり、お休み。

( 来春まで by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( 眠い?編 )
2016/11/04(Fri)
 クロ、トラともに食欲が細ってきた。動きも緩慢である。
朝晩の気温が下がり、15℃を下回る日が続いているからだ。
そろそろ眠る準備に入ったようにも見える。
ただ、近くに寄ると、クロは顔を出して、じっと見つめてくるし、
トラは水中に潜っていることが多いが、ヨイショと上がってくる。
もう少し遊んでいたいようにも見えるのである。

【写真】日向ぼっこをしていたクロと水中にいたトラが石の上にあがってきたところ

( 10℃以下が節目 by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>