FC2ブログ
ランチの王様 (“かさりんご”with “三舟山珈琲”)
2019/07/01(Mon)
 固いパンって、
あまり得意分野ではないのだが、
“かさりんご”のは、ちょっとくせになる。
添加物は使わず、店名の通り、
自家製にこだわる地元でも人気の
お店である。
カレーパンはどれもいけるし、
ソーセージパンも。
嫁さんは、レーズンとくるみの入ったパンが
たいそうお気に入り。

【写真】かさりんごのパンと三舟山珈琲のコーヒー

 半年前に店舗が移転し、
農園に近い場所になった。
店内がつながっている “三舟山珈琲” で、
購入したパンが美味しいコーヒーともに
ゆったりといただけるようになった。
なんて贅沢な。

(とても落ち着いた時間 by 農園主)

※ 農園から車で約6分。
※ 店舗情報 : https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12045643/
この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ランチの王様 (Pizza in ピッツァプリマヴェーラ)
2019/06/21(Fri)
【写真】プリマヴェーラキッチンカー内の窯でピザを焼いている様子

 キッチンカーで作るという
珍しいピザ屋さんが君津に出現した。
イタリア製の窯が車の中にあり、
その場で焼いてくれる。
外で待つ我々の目線がちょうど
店内(車内)の窯の口と同じ高さなので、
ピザが焼ける姿と焼き方がよく見える。
これがとても興味面白く、興奮する。
わずか1分程度の焼き時間。
いい香りが店外(車外)にすぐに漂う。
そのはず窯の中の温度は500度にも
なるそうだから。
生地がとても食べやすいので、
ペロリといける。

【写真】プリマヴェーラのピザ“プロシュート・エ・ルッコラ”

(ちょっと驚き by 農園主)


※農園から車で約6分。
※店舗情報 : https://www.facebook.com/ピッツァプリマヴェーラ-2252766901666452/ 

この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一番って?
2018/02/25(Sun)
「いちごって、
どう食べるのが一番おいしいですか?」

 素朴な質問を時々いただくことがある。
そのままで召し上がっていただくのが、
一番いいと思っている。
練乳などをつけることなく、
いちごそのものの味と食感と香りを
楽しんでいただくことが。

 その思いは変わらないのだが、
このタルトもありだ、と思った。
“ペルポンテ” の “いちごタルト” である。
当園のいちごを使っていただいている。
生地はバターだけで砂糖を使わない。
だから、いちごの素材を
うまく生かしておられる。
こういう食べ方もいいなぁ、と
生産者を単純にそう感動させてくれた。

【写真】君津・ペルポンテのデザート「ポレポレ苺のタルト」

(魔法のように by 農園主)

この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ランチの王様 (モッツァレラチーズのトマトソースパスタ in ペルポンテ)
2018/02/07(Wed)
 待ちに待った店がオープンした。
市内の人気イタリアンで
店長をされていた方が
満を持して独立、開店したイタリアン。
オーナーシェフとなった彼が
自由に腕を振るうのだから、
これ以上の楽しみと喜びはない。

 ランチは6種類のパスタから選べる。
どれも手の込んだ逸品で順位はつけ難い。
お世辞抜きに。
あえて申し上げるならば、
個人的なおすすめは、
「モツァレラチーズのトマトソースパスタ」。
シェフご自身が15年前に修行していた
横浜のお店に伝わる伝説のトマトソースを
ベースにしているそうだ。
仕込みは、数日間に分けて
6時間以上かかるという。

【写真】君津・ペルポンテのモッツァレラチーズのトマトソースパスタ

 パスタとトマトソースとモツァレラの
絡み合いが絶妙。
アクセントのバジルもいい。
さらに、毎朝焼くフォカッチャに
ソースをつけ始めると、
お皿はあっと言う間に
きれいになっているはず。

(幸せにしてくれる by 農園主)

※ 農園から車で約7分。
※ 公式ホームページ : https://italian-restaurant-1048.business.site/

この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ランチの王様 (サムゲタン in 暖家)
2017/10/31(Tue)
 “焼肉が好物”という方が多いことを
承知で申し上げるが、
個人的には少し面倒な料理と
常々感じている。
焼き具合を気にしながら、食事の会話を
楽しめるほど器用ではなく、
決まって肉を焦がしてしまうからだ。
それでも、ここの焼肉ランチは、
しばしばいただく。
その困難を上回るものがあるので。

【写真】君津・暖家のサムゲタン定食

 もうひとつ、こちらのおすすめなのが、
参鶏湯(サムゲタン)。
疲れた時には、決まって足が向く。
文字通り、鶏肉に高麗人参、もち米などを
入れて煮込んだ韓国料理である。
当地では夏バテの疲労回復として食べられて
いるそうだ。

(チヂミも絶品 by 農園主)

※ 農園から車で約7分。
※ 店舗情報 : https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12010132/
この記事のURL | ランチの王様 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>