FC2ブログ
スマートでなくても
2018/08/08(Wed)
「あるいは小説というものは、
多少文才のある人なら、
一生に一冊くらいは、わりとすらっと
かけちゃうものなのかもしれません。」
(「職業としての小説家」村上春樹著)

 しかし、小説を長く書き続けて生活をし、
生き残っていくことは“至難の業”だとも。

 書くという作業について、
面白いことを言っている。
頭の回転の素早い人、
人並み外れた知識を
有している人には向かないと。

「かなりの低速、ローギアで行われる
作業だからです。 実感的に言えば、
歩くよりはいくらか速いかもしれないけど、
自転車で行くよりは遅い、
というくらいのスピードです。」

 そういうペースが適している人と
そうでない人がいる。
金融市場では、効率的で合理的な判断
(少なくともその時点では)が瞬時に求められ、
そういうスマートな?ことが得意な猛者が
群がっているとも言える。
農業分野にもそういう要素を加味すれば、
生産性が上がるはずだという声は強く、
企業が参入する動機にもなっている。

「効率の良くない回りくどいものと、
効率の良い機敏なものとが表裏になって、
我々の住むこの世界は重層的に
成り立っているわけです。
どちらが欠けても
(あるいは圧倒的になっても)
世界はおそらくいびつなものに
なってしまいます。」

 人それぞれ、仕事それぞれに丁度いい
ペースがあるということであろうか。

(台風のニュースを見ながら by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
だんめん?
2018/06/25(Mon)
 当園にご来園いただくお客様は、
いちご好きの方ばかりなので
その風味にはとても詳しい。
でも、いちごの断面は?
どうであろうか。

「紅ほっぺは、果肉がきれいな赤色
をしているので、ジャムにすると
いい色が出ます。やよいひめは、
果肉が白いのでジャムの色も薄いです。」
そう説明するとびっくりする方が多い。

 面白い本をいただいた。
「いちご だんめん図鑑」
毎年、宅配のいちごを注文してくださる
お客様から封書が届いたので、
驚いて開けてみたら、
お勤めされている会社が出版したので、
それでご紹介くださったとのお手紙とともに。
とても嬉しい気遣い。

【写真】いちごだんめん図鑑(わたなべまこ@築地市場ドットコム)

 42品種のいちごの断面図と生産地や
名前の由来などがコンパクトな本ながら
よくわかる。
ちょっと従来にはない視点なので、
とても興味深く楽しめる。
是非、来園したら手に取っていただきたい。

(蔵書の一冊に by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“勇気づけ”
2018/05/23(Wed)
「子供が買い物を手伝ってくれた場合、
大人に接する時と同じように、
“「助かった、ありがとう”と
感謝の気持ちを述べるべきなのです。
親からその言葉を聞いた子供は、
“自分にはお母さん(お父さん)の
役に立つことができたのだ“という
貢献感を抱くことになります。
貢献感を持てるということは、
自分に価値があると(自分を好き)と
思えるようになるということです。
それが、ひいては、対人関係の中に
入っていこうとする勇気に
つながっていくのです。」
(「人生の意味の心理学」A・アドラー著)

 興味深いのは、褒めたり叱ったりするのは、
そもそも上から目線の態度であり、
対等な立場で接することの重要性を
説いていることだと思う。

 近日の予定で、
特別支援学校の生徒さん達の体験学習の
お手伝いをさせていただくことになった。
2日間だけだが、知的障害をもつ生徒さん達に
どのような経験をしてもらうのがいいのか、
どう接するべきなのか。少々不安はある。
先日の打ち合わせの時に先生がおっしゃった。
「担任の我々は、いつも“アドバイザー”という
意識で接しています。
急に頑固になってしまう子、怒り出す子など
様々な個性がありますが、
じっくりと待って、その子のタイミングで、
声かけをしていく。それだけです。」

 絶妙な立ち位置を
自然と実行しておられるということだ。

(まさにいいアドバイス by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正々堂々と
2018/02/27(Tue)
「君も大人になっていくと、
よい心がけを持っていながら、
弱いばかりにその心がけを
生かし切れないでいる、
小さな善人がどんなに多いことか
ということを、おいおいに
知って来るだろう。
世間には、悪い人ではないが、
弱いばかりに自分にも他人にも
余計な不幸を招いている人が
決して少なくない。
人類の進歩と結びつかない
英雄的精神も空しいが
英雄的な気概を欠いた善良さも、
同じように空しいことが多いのだ。
君も、いまにきっと
思いあたることがあるだろう。」
(「君たちはどう生きるか」吉野源次郎著)

 自己主張する時には、
必ず責任をともなうもの。
それがない場合は、二枚舌である。
時には他人に嫌われようが、
正々堂々とありたい。

(容易ではないけれど by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寒青(かんせい)
2017/12/27(Wed)
【写真】受付ハウス内に待機中の門松

 農園の玄関に門松を飾った。
ご近所の方からいただいたもので、
ご主人の手作りだそうだ。
見事な出来栄えである。

 漢詩で “冬の松” を表す「寒青」は、
健さんの好きな言葉で、
腕時計の裏蓋に彫っていたのだそうだ。

「凍てつく風雪の中で、
 木も草も枯れ果てているのに松だけは、
 青々と生きている。
 一生のうち、どんな厳しい中にあっても、
 自分はこの松のように、
 青々と、
 そして活き活きと人を愛し、信じ、
 触れ合い、楽しませるようにありたい。
 そんなふうに生きていけたら、、、。」
( 「旅の途中で」 高倉 健 著)

( 当園もそうありたい by 農園主 )

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>