検討会 2017年夏
2017/08/23(Wed)
 君津苺部会による恒例の圃場巡回があった。
育苗状況を視察し、勉強会をするのが目的である。
先輩方の苗は生き生きとし、流石の一言である。
昨年は、全国的に病気が蔓延したこともあって、
どの生産者も今年はとても神経質になっている。

【写真】育苗ハウスの様子

 当園の苗は、先輩方からすればまだまだだが、
それでも、ここまではいい調子で来ている。
外部環境だけでなく、苗の体力の充実を図ることが、
病気への対策に重要と考えて、今シーズンは、
栄養バランスに気を配っている。
それがいいのかも知れない。
いやいや、育苗はまだ1ヶ月以上も続く。
これからが本番である。

( 暑さも by 農園主 ) 

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みのる君
2017/08/22(Tue)
 高設ベッドの土を耕し始めた。
これまで、土は黒マルチで覆い、
熱消毒をしてきたが、全てを剥がして、
プチ耕うん機で耕していく。

【写真】l高設培土用のプチ耕うん機“みのるくん”

 まだ、初回なので浅く耕す。
晴れの日が多くなかったので、土中の古い根が
どこまで分解されているか、心配だったが、
問題なさそうだ。
これから何度か耕うんすれば、
いい感じの柔らかさに充分なりそうである。

(地味で大汗をかく仕事 by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( 耳を噛む 編 )
2017/08/21(Mon)
【写真】顔を寄せて朝の挨拶を交わすアランとポール

 2頭の信頼関係は、ドンドン深まっていく。
アランは自分の後を追いかけてくるポールを
優しく見守るだけでなく、毛づくろいをするように、
背中の毛を舐めてあげたりする。
いつも我々に掻いてくれとせがんでくる箇所である。
しばらく舐めてあげた後は、いたずらなのか、
仕上げにポールの耳を軽く噛む。
ポールは痛そうに、しかし嬉しそうに
飛び跳ねて逃げていくのであった。

( 見ていて飽きない by 農園主 )


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミナリさま
2017/08/20(Sun)
 色んなことが起きる。
昨晩の雷雨。
農園前の電柱に落雷があったようだ。
今朝、農園に向かっている途中、
数本の電柱の外灯が壊れていて、
電灯の部品らしきものが散乱していた。

 農園内を確認すると、停電している。
ブレーカーが焦げ、
本圃ハウス内を制御している
電気系統の基盤がいくつか壊れていた。
東電に連絡すると対応は素早く、
休日の朝5時にもかかわらず、
状況確認の方、工事の方が次々とみえて、
7時に電気は復旧した。

【写真】落雷で停電した電柱工事の様子

― 今後のため、落雷の対策ってありますか?
「正直、ないです。。。 地面を伝って、
電気機器を壊すこともありますので。」

 幸い今は、本圃ハウス内での仕事はなく、
育苗ハウスの換気扇や灌水ポンプは
問題なかったので、仕事への影響はない。
それでも、こんな広い君津で、
わざわざ当園の目の前に落雷なんて。。。
「当たりってことじゃない? 宝くじ買う?」
変なところで、楽観的になるのは嫁さんの
いいところかも知れない。
君津に来て初めて宝くじ売り場に行った。

― すいません、サマージャンボ、ください。
「販売は、8月10日で終了しましたよ。」

( そんな感じある by 農園主 ) 

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール ( 初めての登り台 編 )
2017/08/19(Sat)
 登り台にアランが上がっていると、
ポールは坂を上がることができず、
いつも下から見上げていた。
小さな声で泣きながら。
慎重なポールがいつ上がれるようになるかと
見守って来たが、
今朝、ついに挑戦し始めた。

【写真】登り台に上がっているアランを下から見上げるポール

【写真】登り台に挑戦するポールを後ずさりしながら誘導するアラン

 躊躇しながら、おそるおそる登り始めると、
上にいたアランが案内をするように、
そっと鼻で誘う。
1度登頂してしまえば、もう怖いものはない。
身軽で高いところが好きなのが、山羊である。
上ったり下りたり、途中でジャンプしてみたり。
そうかと思うと下りてきてから、くるくると
横に回転しながら、小屋の周りを走り回ったり。
ここまで無邪気にはしゃぐポールを見るのは、
初めてであった。

【写真】初めて登り台に上がったポールを下から優しく見守るアラン

(アランも優しい目をしていた by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の日
2017/08/18(Fri)
 家を出てから農園へは、東へ向かう。
今朝は、朝日を懐かしく拝み、
そして、君津ではそのまま青空が広がった。

【写真】久し振りの青空の下で草を食べるアランとポール

 アランとポールは、
これまでの分を取り戻そうとしているのか、
一心不乱に草を頬張っている。
イチゴの葉は、お天道様の方へ向かって
ピンと立ち上がった。
周りでは、雑草が伸びている音がする。
グイグイと。
こうしてまた草刈りが始まる。
この繰り返しが、いつもの夏である。

( 暑いなぁ by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
49.4時間
2017/08/17(Thu)
 8月、昨日までの日照時間である。
天気が決してすぐれなかった昨年でさえ94.4時間。
ちなみに、日照時間とは120W以上の日射時間で、
目安としては、直射日光によって物の影が見える程度
だそうだ。
となると、今月は1日3時間くらいしか影が出ていない
ということである。
イチゴの果実の場合は、3~5日間曇天が続くと、
食味が落ちてくる。
夏野菜にとって、この時期の長雨と日照不足は深刻だ。

【写真】久し振りに日が射しこんだ育苗ハウスの様子

 午後になって、久し振りに“影”が見えたのだが、
長くは続かなかった。
イチゴの苗にとっても、いいわけはない。
根張りの弱さは避けられそうもないので、
栄養補給を強化する必要がありそうだ。

( お天道さまは何処? by 農園主 )

この記事のURL | 天気の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>