ポレドレ・クッキング
2018/04/18(Wed)
 当園の苺をかくし味にしたドレッシング。
予想以上の反響をいただき、
手作りしてくれているペル・ポンテのシェフと
驚きとともに大変嬉しく思っている。

 ご近所の方々からもリピートいただき、
嬉しいメールが届いた。
いちご狩りだけでなく、「苺ッス」も
気に入っていただいているご家族で、
お子さんたちもいちごの味には詳しく、
アランとポールとも大の仲良しである。

「早速、夕飯に豚肉焼いたのとツナサラダに
ポレドレかけていただきました。
子供達も初めは苺のドレッシング‥(^^;と
戸惑っていましたが、食べたら美味しーい!と(^^)
私はツナサラダが最高に美味しかったです!
今度は白身魚やカルパッチョに挑戦してみます!
今迄、苺はデザートと思っていましたが、
おかずにもなるなんて*\(^o^)/*
いつも美味しい物を開発してくれて、
ありがとうございます。
これからも楽しみにしています。」

(感激だね、シェフ~ by 農園主)

この記事のURL | プロジェクト “ポレドレ” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミツバチたち
2018/04/17(Tue)
 ミツバチが今年も分蜂(ぶんぽう)した。
受粉のためにミツバチの巣箱を
養蜂家の方からお借りして、
ハウスの中に入れてあるのだが、
それ以外に予備の巣箱も借りていて、
それは屋外に置いてある。

 毎年この時期に、この巣箱から女王バチが巣立つ。
女王バチは、新女王バチを産んでから、
自らはその巣を譲るために、
一部の働きバチを連れて新しい巣を作る。
その時に巣の外で、塊りとなって数日間過ごす。
これが分蜂である。

【写真】アランフィールド内ののぼり台の下に分蜂したミツバチの様子

 それが、今回はなんとアランフィールド内にある
登り台の板の下に直径30㎝ほどの
ミツバチの塊りが出来た。
そういえば、先日アランが鼻の先を
赤く腫らして痒そうに痛そうにしていたのは、
この前触れだったのかも知れない。
無邪気なポールは、いかにも悪戯をしそうなので、
すぐに避難させて、養蜂家の方に来てもらった。

「これ(ハチの塊り)持って帰りますね」

【写真】分蜂したミツバチたちを養蜂家の女性が巣箱に入れている様子

 笑顔でそう言うと、ハチに煙をかけながら、
塊りを少しずつヘラのようなもので木箱に
入れていく。
“ハチの巣をつついたような”騒ぎとはほど遠く、
静かにリズムよく、連れて帰られた。
プロの呼吸というか、間合いというか、
そういうミツバチたちとの自然な空気であり、
仕事のヒントを見たような気がした。
ちなみに、その後、残ったハチに安易に近づいて
追い回されたことは、少し恥ずかしい。

(頭の上を by 農園主)

この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あと3日
2018/04/16(Mon)
【写真】紅ほっぺのハウスの様子

 “紅ほっぺ”の調子が
またまた上がってきた。
当園の主力品種である。
シーズンを通して、
甘みと酸味のバランスのいい
優等生である。
明日のいちご狩りでも
存分に堪能いただける。

平日の開園は、今週は明日だけ。
来週は、24日(火)と25日(水)の
2日間でこれが最終となる。
5月は土日と祝日だけの営業予定なのだが、
これは、来シーズンに向けた育苗の仕事が
忙しくなってくるためで、お許しいただきたい。

平日お休みの方、
有休が使える方にとっても、残り3日。
是非、万障繰り合わせていただければと。

(春のいちご狩りへ by 農園主)


この記事のURL | いちご狩りの開園情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嵐のいちご狩り
2018/04/15(Sun)
 春の嵐で強風のために、
アクアラインは通行止め。
朝4時半には止まってしまった。
いちご狩りに東京方面から
いらっしゃる方々が多いので、
とても気を揉む。
果たして無事に来られるだろうかと。

 8時少し前に電話が鳴る。
ご予約の方からだ。 昨日の予約時には
「やったー。やっと行けます。」と喜んでおられた。
ママ友でお子さんたちと来園予定だったのだが、
「風でアクアラインが。。。どうしようかと。
運転も心配だし。でも、どうしても行きたいし。
でも、早く決めないとキャンセル待ちの人もいますよね」
電話口で相談されていた嫁さんも、
よく知っているリピーターの方だけに
― 無理しないでくださいね。
お友達を同乗させるならより心配でしょ。
また機会はありますよ。待ってますから。

 安全第一。
渋々ながら?キャンセルすることになった。
この様子だと他の皆さんも
来園は難しそうだなと思いながら、
10時の開園時間を迎えた。
すると、なんと、ほとんどの方が次々と到着。
「陸周りで来ましたよ。途中で事故渋滞もあって」
大風で髪の毛をぼさぼさにしながら、
受付ハウスに入って来られた。

 皆様のそれぞれの熱い気持ちにお応えしなければ。
あらためて気を引き締めた暴風の朝であった。

(幸い昼前には静かに by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだまだ営業中
2018/04/14(Sat)
「キャンセル待ちの、キャンセルできますか?」
ご本人がそう言いながらクスリと電話口で笑う。

 週末のいちご狩りのご予約のお電話をいただいたが、
予定が入っていたことを忘れておられたそうな。
お名前を伺うと、何度かキャンセル待ちを
していただいているリピーターのご家族であった。

 何度もトライしていただいているのに、
まだ来園が実現していないのが、大変心苦しい。
しかし、その強い思いは、
「イチゴ狩りに行く」のでなく、
「ポレポレに行く」。
きっとそう思ってくださっているに違いなく、
とても嬉しい。

 週末の営業は5月の下旬まで続くので、
日程調整を何とかお願いしたいと思う。

(心よりお待ちしています by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おいCベリー祭り
2018/04/13(Fri)
 今週末の土日は、おいCベリーが
たっぷりとお楽しみいただける。
花数が少なく、したがって果実も少ない品種。
いつもは、すぐに実がなくなることが多い。

【写真】おいCベリーのハウスの様子

 春の陽気に後押しされて、
シーズンに何度もない状態かと思う。

(心ゆくまで by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、いいね 「おとうふ薫(くん)」
2018/04/12(Thu)
【写真】君津・本郷の“おとうふ薫(くん)”

 ちょっと珍しいおとうふの燻製である。
「おつまみに最高」とラベルに
書いてある通り、ハマる。
君津の料理店「本郷」は、
ご主人が凝ったものを作られる。
“古代米”を使った肉巻き、とか
“ソウメン”のような豆腐とか。
そのお店の逸品のひとつがこれ。

 チーズのような豆腐のような食感に
燻製のほのかな苦みと香りが、
ビールによく合う。
チーズ好きの嫁さんも気にいっている。
農園近くの直売所「味楽囲(みらい)」で
お求めできる。

(探してみて by 農園主)

この記事のURL | これ、いいね(食べ物) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>