日暮れ時
2017/04/25(Tue)
 直売は、シーズン開始から休まず営業している。
時には、翌日の仕事の準備をしながら夕方まで目印の“のぼり”を
上げていることもある。

「のぼりが見えたから、お父さん行くよって、曲がって来たわよ」
いつも直売に来園いただく隣町のご夫婦が、日暮れ直前に寄ってくださった。
漁師をやっておられることもあって、夜明けから仕事をする我々を
「よく頑張るね」と気に入ってくれている。
「生きていくのは、大変だよな」
そうご主人が言われた。 ご自身と我々への励ましであろう。
その通りだと思う。 そして、それを楽しいとも感じるこの頃でもある。

【写真】看板を下げた夕暮れ時の受付ハウス前の様子

( 皆様のおかげで by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人前で話すこと
2017/04/24(Mon)
 毎回いちご狩りの開始の10時に、
ご来園の皆さまの前で、ご挨拶といちごの摘み方などのお話を
簡単にさせてもらっている。
しかし、話の途中で大抵のお子さんは、
「まだ~?」「はやくいちご食べたいなぁ」という顔をし始める。
たまには、はっきり口に出す子もいる。。。
稚拙な話し方にいつも反省しきりである。

 落語家の春風亭昇太が言っていた。
「自分のやりたいようにやるのが素人、
お客さんが何を望んでいるかを感じてやるのがプロ」
奥深い。そうだろうなと想像するが、
とてもそんな域には辿り着けそうにもない。

( オフシーズンに落語でも聞こうっと by 農園主 )

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランのこと ( 求愛 編 )
2017/04/23(Sun)
 忙しくなるとアランを構ってやる時間がなくなる。
仕事の合い間に顔を見に寄るが、
通りすがり程度になることもしばしばだ。
それが重なると彼は決まって、パンジーを盗み食いする。
せっかくきれいに咲いて農園を華やかにしているものを。
怒られるのが分かっていてわざとそうするようである。
「コラッ」と叱りに行くとジャンプして喜んでいる。。。
愛情を求めるのは、きっと動物でも人間でも共通の欲求で、
愛されている実感があってこそ、人格は安定的に形成されるものであろう。
当園に来園されるご家族のお子さんを拝見しているとつくづくそう思う。

( アラン、愛してるよ by 農園主 )

この記事のURL | アランのこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
おいしい顔
2017/04/22(Sat)
【写真】本圃ハウスの通路の遠くからこちらに呼びかけているゆづきちゃん

 ゆづきちゃんは、当園の専属モデルのようである。
今年も写真を送って下さった。
年々、大人っぽくなり可愛らしくなっている。

 ちなみに、昨シーズンの写真 は、地元の情報誌にも掲載させてもらった。
いつもいちごを大事そうに採って、大事に食べてくれる。
それが、とても嬉しい。

( きっとご両親の自慢でもあろう by 農園主 ) 

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( 2代目 “アカちゃん” 登場 )
2017/04/21(Fri)
 「あれっ?カメが増えてるよ。かわいいのが」
嫁さんにそう言われて、桶をのぞくと本当だ。
5㎝くらいの小さなカメだ。
赤っぽい甲羅と長いしっぽ、そしてイカツイ顔つきは、
間違いなく“イシガメ”だ。
ちょうど散歩で通りかかったのぶ子さんのご主人が、
「田んぼで見つけたから、入れておいたよ」と笑っていた。

【写真】2代目のイシガメ “アカちゃん”

 覚えている方もおられると思うが、
かつては同じようなイシガメ(初代“アカちゃん”)がいたのだが、
カラスにさらわれていなくなってしまったことがあった。
その時は、トラもまだ小さかったので同じようにさらわれたのだが、
奇跡的に近所の犬に見つけられて、彼女だけは戻ってきたという経緯がある。
2代目は、当園にまだ慣れていないので、顔を出して見上げる仕草はないが、
ちょろちょろと泳いだりしている。

( 皆様に見つけられるかな? by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誕生日会
2017/04/20(Thu)
 アランと仲良しの瑛大君、8歳の誕生日のお出かけをどこにする?と聞かれ、
「ポレポレでしょ」
そう答えてくれたそうである。 ライバル?のディズニーランドを差し置いてである。
すっかり男っぽくなり、昨年はブカブカだった“ポレポレTシャツ”が丁度よくなってきた。 
頼もしい。
当園の勝手をよく知る瑛太君、朝一番で受付番号「1番」をしっかりとゲットしていた。
アランは、彼の後をついて回っていたそうである。
写真からも気持ちが通じ合っていることがよく分かる。
これからもずっと仲良しでいてくれると思う。
ご家族そろって当園を楽しんでいただけている様子を拝見していると、とても嬉しく感じる。

【写真】ネイビーのポレポレTシャツを着た瑛大くんがアランに餌をあげているところ

( Tシャツは、すぐお母さん行きになりそうだ by 農園主 )

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃんです ( ずぶ濡れ 編 )
2017/04/19(Wed)
 「まぁ、頭から濡れちゃって。。。」
そう言って、お母さんが駆け寄っている気配がする。
2歳くらいの男の子がクロとトラに夢中になりすぎて、
カメの桶に頭から入ってしまったようだ。
来園するなり「かめしゃん、かめしゃん」と言っていた子だ。
嫁さんが慌ててタオルを持って走る。
びっくりしたのか、泣きながら頭を拭かれている。
「もう、パパったら、ちゃんと見ててねって頼んだのに」
「うん。。。見てたんだけど、少し目を離しただけなんだよ」
お父さんが叱られているのを横目に、
男の子は、また桶に身を乗り出してカメに夢中になるのであった。

【写真】タライの中でスイスイ泳ぐカメのトラちゃん

( 春のひと時 by 農園主 )

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>