FC2ブログ
アランとポール(仲良しの理由編)
2018/11/19(Mon)
 午前中に散歩をすると、最近は、
ポールが真っ先に飛び出していく。
ビビりで馴染みのないところは苦手で、
なんならずっとアランフィールドの柵内に
いるほうが安心だったのだが、
食欲旺盛、好奇心旺盛になってきた。
子ヤギらしく愛らしい。

 新しい草を2頭で競い合うように、
たんまりと満喫した後は、
暖かい日光を浴びながらの昼寝。
ぴったりと寄り添いながら。
足を投げ出す格好も同じだ。
ポールは自分のあごをアランの背中に
乗せられるポジションがお気に入りで、
いつも背後にくっ付く。
ちなみに、2頭の間に手を差し入れると、
とても暖かく、幸せな気分になる。

【写真】アランのお尻に顔をのせてうたた寝をするポール

【写真】アランのお尻に顔をのせて薄目をあけるポール


(仲がいいわけだ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自家苗への挑戦(かなみひめの危機から)
2018/11/18(Sun)
~その8 リスク分散編

 先月すでに一度挿し苗を試している。
根は順調にポットの下まで降りて、
無事に成育している。
11月になってから、再度、
ランナーからの挿し苗をした。

【写真】“かなみひめ”の挿し苗

 この時期の方が、太いランナーが出てくる。
株の成育状況がよくわかる時期でも
あるので、子孫の選抜がやり易い。
懸念のタンソ病の保菌リスクについては、
気温が下がっていることで
軽減されているものと推測され、
また、マルチをしていることから、
水跳ねがない点も病原菌が拡散しない
好ましい環境と言える。

 ただ、これから寒くなってくると、
根がしっかりと下ろしてくれるのかどうか
そこが心配ではある。
そういうわけで、時期を分けて
挿し苗をしてみたのだが、
さて、どういう違いがでるのか。

(暗中模索 by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
足跡の追跡
2018/11/17(Sat)
【写真】ヨトウムシがいちごの葉っぱを食べた跡

 夜盗虫(ヨトウムシ)がイチゴの葉を
食い散らかすとこの通り穴だらけになる。
これくらいなら5㎜くらいのサイズの
幼虫の仕業だ。
1㎝サイズになるともっとバリバリと
食べた跡がある。
隠れるのは、神業のようである。
葉と葉の生え際の狭い隙間に
すっぽりといたり、
葉の上にいれば、ポトリと土の上に
落ちて身をくらましたり。

 その度に嫁さんと頭を突き合わせて、
葉の裏や根元周辺の探索をする。
最近は、嫁さんの観察力はとても向上し、
ボールペンの先ほどの小さな黒いフンを見て
「これは新しいものだから、
この近くにいるはずよ」
相当な熟練レベルなのである。

(“マタギ”かっ by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「道」
2018/11/16(Fri)
【写真】新国立美術館で開催中の東山魁夷展

 東京新国立美術館の“東山魁夷”展。
大変見応えがあった。

 初期の名作「残照」は、
君津、鹿野山からの景色を
ヒントにしたもの。
彼が画家として開眼したと言われる
作品である。
是非、農園にお越しの際は、
九十九谷公園 にお寄りいただくと、
ちょっとした感動があると思う。

 そして、代表作「道」。
一本の道が続く。
夏の早朝、青森県の何気ない風景だが、
人々を魅了する。
構図を練っている時に画家本人は、
自問自答を繰り返していたそうである。
「道だけで、絵画として成立するのだろうか」
行きついたところは、
―純粋であれ。

(唐招提寺の襖絵も圧巻だ by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常(上京編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヌーボー祭り
2018/11/15(Thu)
 今年のボジョレー・ヌーボーが
解禁だそうだが、
山梨のヌーボーはすでに解禁。
国産もなかなかのものである。

 先日は「ダイヤモンド酒造」の新作に
出会うことができた。
甘い香りにまずびっくりし、
芳醇なキリリとした飲み口にまた
驚かされる。このギャップは何っ?
なんとデラウェアで作った白なのである。
少し、発酵泡も感じられるので、
爽やかな辛口に仕上がっている。
食事との相性はとてもいい。

【写真】山梨・ダイヤモンド酒蔵の“デラドライ mamma mia 2018”

 イタリア料理店「ペルポンテ」では、
今年の新作が多数楽しめる。
レアものもあるので、是非、シェフに
お尋ねすることをお勧めしたい。

(美酒との出会いのために by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
花の色
2018/11/14(Wed)
 晩生の“やよいひめ”が開花し、
4品種全ての花が咲いた。
ミツバチたちは大忙しであり、
そういう姿を見ると、
健気で美しい。

【写真】いちごの花粉を集めるミツバチ

 ちなみに、ミツバチは我々には
見えない紫外線の色も識別できる。
そういう世界では、イチゴの白い花は、
水色に見えているのだそうだ。
どんな景色だろうか。
想像するだけでワクワクする。

(異次元みたい by 農園主)

この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クッション
2018/11/13(Tue)
 “紅ほっぺ”の花房が太く、長く
順調に生長している
充実した実が生りそうだ。
その花房の下に発泡スチロールの
マットを敷いていく。
大きな実がたくさん生ると、
重みで花房が折れることがあるので、
それを防ぐためのクッションである。

【写真】白マルチの下にマットを敷いた“紅ほっぺ”の高設ベッドの様子

 嫁さんと2人で並んで作業をするのだが、
こうした作業はイチゴ作りではとても多い。
就農希望をされる人に2人の方がいいよ、
とアドバイスをしている所以である。

(せっせ by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>